Google検索

人が1メートル以内にいるだけで〇したくなるくらいの人間嫌いでも回復する!ミラーニューロンされている悪影響を理解し、悪影響を遮断、つまり、離れることを徹底していくと回復してきます。

人が1メートル以内にいるだけで〇したくなるくらいの人間嫌いでも回復する!ミラーニューロンされている悪影響を理解し、悪影響を遮断、つまり、離れることを徹底していくと回復してきます。

悪影響から離れ、

心を整理し、

感謝と反省で回復してきます。

人が1メートル以内にいるだけで〇したくなるくらいの人間嫌いでも回復します。これは私自身のことですが、本当に人が1メートル以内にいるだけで〇したくなっていた頃があります。

まず大事なことはそんな自分を「異常」とか「キチガイ」とか思わないことです。そうなるだけの「理由」があったことを「理解」してあげましょう。それが自分に優しくあることですので、結果、他人に対しての見方も変わりますので「〇したくなるくらい」の破壊的な気持ちが薄くなっていきます。

「大丈夫だよ。そうなる理由はちゃんとあったんだから。だから、あとは自分にとって最善の方法を考えて自分のペースで実行していこう」と自分に声をかけてあげると良いです。大体、自分を「異常」とか「キチガイ」とか思ってしまうような人は、周囲に「レッテル貼り」をする人間がいる可能性がとても高いです。そして、そういうレッテル貼りをする人間の言葉を素直に受け入れてしまっているから影響を受けている部分もある。という場合もあります。

「異常」とか「キチガイ」とかを決めつけていってくる側こそが「自分のことを言っている」のですから、離れて自分のペースでやっていくことが大事です。ハッキリ言うと、付き纏って異常なことをしてくるものから物理的に離れて、そのあと心理的に離れていくと劇的に回復していきます。

この「影響」に気が付いていないから「影響を受けっぱなし」になります。「人のせいにするな」「環境のせいにするな」という一見、正しいかのような言葉には「影響を受けないようにさせない」という意味が隠れていることがあります。

<<下に続く>>

「人のせいにするな」「環境のせいにするな」という考えは勉強不足からくる考え方です。人は環境に影響される生き物なのは当たり前のことです。環境の中で最も影響が大きいのは人間関係です。なぜ人間関係なのか?神経細胞ミラーニューロンにより相手を真似て影響を受けてしまうからです。だから人は環境に影響されるのが普通のこと。

それでも「人のせいにするな」「環境のせいにするな」というのなら「戦場」でいろいろな経験をし、メキシコの麻薬組織カルテルの仲間に入れてもらい、その後に、「人のせいにするな」「環境のせいにするな」と言えば、それは納得しますよ。

そんな怖い環境でも、影響されない(影響ゼロの神のような超越した)人間がこの世にいるのなら、ぜひ、お目にかかりたいものです。きっと神経細胞ミラーニューロンがないのでしょうね(笑)

ですので、人間嫌いや、対人恐怖だからと言って、自分を卑下する必要はないのです。それだけ、避けずに影響を受け続けてきたらからこその症状でもあるからです。だから、お人好しをやめて、無駄な優しさも捨てて、情に流されず、自分を確立していくことが必要です。

そのために、ミラーニューロンされている悪影響を理解し、悪影響を遮断、つまり、離れることを徹底していくと回復してきます。回復してきたら二度と同じようにならないように、心を整理し、勉強し、運動し、健全を心がけていくと良いです。その上で、今度は自分の被害者性に向き合い、癒し、そして、自分の加害者性と向き合っていくと、自分も人を傷つけていたことがわかってきます。

そこで、初めて「バランス」の大切さがわかってきます。バランスをとることは難しいけど、攻撃的でもなく、迎合的でもない状態になれるように成長していくことが必要になってきます。

悪影響から離れ、

心を整理し、

感謝と反省で回復してきます。

そして、バランスをとることが大切です。

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。