Google検索

関節炎・関節痛と心の関係!?「痛みは本当の自分の人生を生きるための身体からのメッセージ」だと思いますので、痛みで苦しいときは、本当の自分に気が付くチャンスかもしれません。

関節炎・関節痛と心の関係!?「痛みは本当の自分の人生を生きるための身体からのメッセージ」だと思いますので、痛みで苦しいときは、本当の自分に気が付くチャンスかもしれません。

関節炎・関節痛があると「日常生活動作」が辛いものになりますよね。私自身、今、下方肩関節唇損傷で思うように肩が使えずに「日常生活動作」が辛いものとなっているので辛さがわかります。下方肩関節唇損傷は関係ないのですが、通常の関節炎・関節痛と心の関係について書きたいと思います。

関節の役割とは

「関節」の役割とは「日常生活動作」をスムーズに行うためのものです。関節炎・関節痛があると「日常生活動作」が辛いものになり、関節炎・関節痛がないと「日常生活動作」が快適になります。

関節炎・関節痛からのメッセージ

この関節炎・関節痛は魂からのメッセージがあるとすれば私は「日常生活動作を正すと良い」ですよ。というメッセージだと思っています。足に関節炎・関節痛があるのなら、もっと「健康のために歩きましょう」というメッセージだったり。実際に私の膝が痛くなったり、ミシミシ音が鳴ったりしていた時期がありました。それから1日30分のジョギングをほぼ毎日続けました。それからは関節痛もなくなり、膝がとても快適な状態です。なので「痛みは身体からのメッセージ」であると私は考えています。

痛みの原因を自分で調べていくこと

お医者さんだけに頼るのではなく、お医者さんのお力もお借りしながら自分自身が知識を高めていくことが大切です。なぜなら、原因って1つではなく複合的だったり、連動していたりして、原因を見つけたと思ったら、実は根本原因ではなかったりして、また新たな原因を見つけて、今度こそ根本原因だと思ったら、それもまた違ったり。本当に難しいことなんです。だから、自分でも勉強していくことが大切なんです。今は、インターネットがありますので、自分で何でも調べていける時代です。

<<下に続く>>

サプリメントの力を借りるのも良い

関節炎や関節痛を予防するには「運を動かす運動」がとても大切です。筋力が低下すれば、それだけ関節に負担をかけてしまいます。ですので、筋肉をつけることで余計な関節への負担を減らすことが出来ますので適度な「運動」で「予防」することは、とても効果的です。

運動をしながらサプリメントの力を借りたりすることも良いと思います。サプリメントなら日本で唯一の医療レベルのサプリメント「N-アセチルグルコサミン&コンドロイチン 240粒」がおすすめです。天然の最高品質のMSMという成分が含まれていて、早い人で5日で変化を感じる人もいるそうです。更に、この販売店では全商品90日間保証もありますので安心して購入できます。詳しくはリンク先の説明を読んでみて下さい。

身体からの痛みのメッセージ

身体からの痛みのメッセージは、本来の自分の人生を送るために潜在意識(無意識)から、道しるべの様に教えてくれているものだと私は思っています。例えば腕を使いすぎて肩を壊してしまったのなら、本当は、肩を壊してしまうような仕事ではなく、他の仕事をしたいと潜在意識(無意識)の自分が思っている場合もあります。

薬指を怪我してしまったら、もっと癒すことを増やしましょうというメッセージだったり。親指の怪我はもっと頭を使い思考しましょうとメッセージかもしれません。肩こりが酷い場合は他人の責任を背負いすぎていたり、腰が痛い場合は得体のしれない恐怖に心がやられてしまっていたり。

このように「痛みは本当の自分の人生を生きるための身体からのメッセージ」だと思いますので、痛みで苦しいときは、本当の自分に気が付くチャンスかもしれません。

 

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。