Google検索

うつ病改善克服方法!あなたが甘いものが大好きで、うつ病で悩んでいて、そのうつ病を改善し克服したいと悩んでいるなら「本当に必要な食べ物」に変えることで根本的な克服が可能かもしれません。

うつ病改善克服方法!あなたが甘いものが大好きで、うつ病で悩んでいて、そのうつ病を改善し克服したいと悩んでいるなら「本当に必要な食べ物」に変えることで根本的な克服が可能かもしれません。

あなたが甘いものが大好きで、うつ病で悩んでいて、そのうつ病を改善し克服したいと悩んでいるなら是非試していただきたい方法があります。

食べ物を変えることで克服

その方法は「本当に必要な食べ物」に変えることで「根本的な克服が可能」と言われている方法です。つまり、必要ではない食べ物の摂り過ぎが、うつ病の原因になっている可能性があるということです。

うつ病以外の精神疾患にも有効

この方法は、今まで薬や心理療法でうつ病を克服できなかった方に特に試していただきたいと思います。更に、この方法はうつ病だけではなく「躁うつ病」「拒食症」「パニック障害」「自律神経失調症」「過食症」「恐怖症」「不安障害」「統合失調症」「睡眠障害」「脅迫障害」などの精神疾患にも有効な方法です。

その方法は「【荒木式】うつ病改善プログラム~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~」という治療法です。

超エリート中のエリート医師の治療法

このプログラムは、超エリート中のエリート医師の治療法です。兵庫県加古川市野口町野口129-67にある崇高(すうこう)クリニック院長の荒木裕(あらきひろし)先生の治療法になります。

クリニックホームページはこちら

※クリニックの紹介ではありません。株式会社イコールヒューマンが、崇高クリニックと提携して本商品を製造・販売している教材のご紹介です。

院長略歴を見るだけでも超エリート中のエリート医師だということがわかります。1967年に京都大学医学部大学院まで卒業され、1973年にはハーバード大学医学部 臨床栄養学部助教授というエリート医師です。エリート医師による、この方法は40年以上も試行錯誤し、確立された今までにない食事法で、うつ病を根本的に克服するという方法です。

薬でもよくならない…、心理療法でもよくならない…。じゃあ、いったい何がうつ病の本当の根本原因なのか?その根本原因を超エリート中のエリート医師の崇高(すうこう)クリニック院長の荒木裕(あらきひろし)先生は「うつ病の原因は食べ物です」と言っているのです。

私は、このことを知ったとき、過去の記憶が繋がりだしました。私はうつ病とかではありませんが、一時期、鬱っぽくなった時があります。その時に「食生活がいい加減だった」記憶があります。そして、一時、腎臓が少し悪くなったので食生活を徹底したので、その時は頭が「スッキリ」していました。

そして、今のことですが、実は以前より頭が重だるい感じがあるんです。そして、食生活ですがけっこういい加減になっていました。野菜はあまり食べていなく、ラーメン、寿司、カレー、モスバーガー、お菓子、ジュース、シロップ多めのアイスカフェラテ。などが多い食生活でした。

<<下に続く>>

繰り返しますが、エリート中のエリート医師の崇高(すうこう)クリニック院長の荒木裕(あらきひろし)先生は「うつ病の原因は食べ物です」と言っているのです。そして、この方法はうつ病だけではなく「躁うつ病」「拒食症」「パニック障害」「自律神経失調症」「過食症」「恐怖症」「不安障害」「統合失調症」「睡眠障害」「脅迫障害」などの精神疾患にも有効な方法です。

つまり、「食事の乱れ」は「あらゆる精神疾患の根本原因」になるということです。心と体は繋がっていますので「心の不調が先か、体の不調が先か」ということです。私の現在の頭が重だるい状態は食生活が原因であり、それを放置し続け適当な食生活を続ければ精神に不調が出てくると思うので、私自身も、このプログラムを取り組んでみようと思いました。

私も、2016/12/27に「【荒木式】うつ病改善プログラム~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~」を早速、手に入れました。「配送版」と「ダウンロード版」があり、私は「ダウンロード版」を手に入れました。

「ダウンロード版」は専用サイトにログインして、動画コンテンツを見ることが出来ます。あとは冊子マニュアルをダウンロードすることが出来ます。「ご購入者さま専用サポートサイト」や「メールサポート窓口」がありますので、安心して取り組むことが出来ます。

それでは少しずつ食事改善をしていきたいと思います。あなたも是非、やってみて下さい。

早速冊子マニュアルを少し読んで思ったこと

2016/12/27

「【荒木式】うつ病改善プログラム~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~」の申込ページに書かれていますが、「糖質」が「うつ病の根本原因」になっている。依然調べたことと繋がってきました。この「糖質」を良しとした空気が沢山流れていて多くの方が「糖質」の信者の様になっているのが変だな…と、以前より思っていたのですが、この「糖質」が多いものを摂ると腹に「カビ」が増えると言われていて、その結果、腹に増えた「カビ」が、人の神経系を乗っ取って摂食行動をコントロールしていると考えられていると言われています。そして、更に「甘いもの」を欲するようになる悪循環があるのですが、この「甘いもの」が「うつ病」にも関係していたとは…と驚いています。

超エリート中のエリート医師の崇高(すうこう)クリニック院長の荒木裕(あらきひろし)先生の仰る「うつ病の根源は糖質」というお話と「この記事」の「お腹の中の真菌(カンジダ菌)は、思っている以上に悪影響を出している」という話は繋がってくるんです。

お腹のなかのカビが私たちの接触行動を操るとも言われていて、「真菌(カンジダ菌)」が糖分を摂るように神経系を乗っ取り命令を出してきて、その結果「無性に甘いものを食べたくなる」というわけです。つまり、その流れで「うつ病」にもなる可能性があると私は思います。だから、荒木裕(あらきひろし)先生の仰る「うつ病の根源は糖質」というのが、腑に落ちた感じでした。

うつ病を改善したい人は、この知識は絶対に持っておいたほうが良いと思います。「【荒木式】うつ病改善プログラム~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~」でぜひ学んでみて下さい。

関連コンテンツ

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)