Google検索

依存は悪いこと!?

依存は悪いこと!?

「依存」は辞書によるとこうです。

他に頼って存在、または生活すること。

 

引用元:いそん【依存】の意味 – goo国語辞書

これって、誰でもしていることですよね。人は他(食べ物)に頼っていますね。他の命をいただかなくては生きていけません。人は死ぬ時まで他の命をいただいて生活をしていかなくてはいけません。誰もが例外なく「死ぬ日まで依存している」というわけです。

それを偉そうに「依存しているなんて悪いことだ!」と偉そうに仰る人は「依存」と「依存症」の区別、そして「尊重」がなく「自らの加害者性すら自覚できていない」ということです。

「依存症」は自分の人生を不幸にしていきやすいものです。「依存」は減らすことは出来ても死ぬ日までゼロには出来ない…。ということです。人に依存することも「依存」が相手にとってマイナスならこれはダメなことです。だけど、互いにその依存がプラスなものであれば良いことだと思います。人と言う字が支えあうと書くように、人は支えあいながら生きていくものです。

<<下に続く>>

なんでも一緒くたにして考えて「依存は悪だ!」というのは「認知のゆがみ」です。冷静に、その都度、それが良いのか悪いのかを見極めて判断していけばよいと思います。

理解力があれば、簡単に依存は悪いなんて言えないものです。例えば、私が過去に薬物依存でしたが、薬物依存しなかったら何をしていたか?多分、人を殺してしまっていたのではないかと自分で思います。そうなりたくないから薬物依存に逃げ、逃げることでそれ以上悪化しないよう身と心を削って防衛していた部分もあると思うんです。

そう考えれば、その時の薬物依存が結果としては良かったことだと思うんです。大事なことは「依存」を減らしていければ、それだけ自分が誰かに負担をかけずに生きていけるので減らすように進んでいくことは大切なことだと思います。

関連コンテンツ

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)