Google検索

「非の打ち所のない自分を演じるな!」と、モラハラ加害者は心が傷ついていてこれ以上傷つかないように防衛している人に対して心をこじ開けようとする!?

「非の打ち所のない自分を演じるな!」と、モラハラ加害者は心が傷ついていてこれ以上傷つかないように防衛している人に対して心をこじ開けようとする!?

心を無理やりこじ開けようとする

モラルハラスメントの加害者は、心が傷ついていてこれ以上傷つかないように防衛している人に対して「非の打ち所のない自分を演じるな!」と言うことがあります。人は防衛のために演じることも大事なのに、支配していくために心を無理やりこじ開けようとするのが加害者の特徴です。非の打ち所がない自分を演じようが演じなかろうが、それはその人の自由です。人の自由を支配しようとする支配者に対して心は簡単に開いてはいけないと思います。

例えば「泥棒」は、この画像の様に無理やりこじ開けるイメージですよね。そこで開けられない場合「こんな完璧なセキュリティーにするな!!」と文句を言うかもしれません。それと同じようなもので心の泥棒は心のセキュリティのレベルを上げている人に「非の打ち所のない自分を演じるな!」と言いたくなるものです。

ですので、こじあけられないように演技をしたり、演技を見透かされたときにカモフラージュのための自分を用意していたりすることが洗脳から守るために必要なことなんです。

なぜ、心を無理やりこじ開けようとするのか?

なぜ、心を無理やりこじ開けようとするのか?まず、人が人を支配するには潜在意識(無意識)へ無数の刷り込みをしなくてはいけません。潜在意識(無意識)へ無数の刷り込みをして、ターゲットが理解できないレベル、紐解けないレベルで刷り込みをしておくのです。そうやって支配を成立させていくので、支配されたくない人は防衛のために心を閉ざします。そして心がこれ以上傷つかないように防衛して「非の打ち所のない自分を演じる」ことがあります。演じることで支配者が心をこじ開けようとすることを防げることがあるからです。

「非の打ち所」ってなに?

「非の打ち所」って「非難すべき所」って意味なんですけど、つまり「非の打ち所のない自分を演じるな!」というのは「非難させろ!責めさせろ!欠点とか過ち、間違いを責めたいんだ!!」と言っている場合もあるのです。

非の打ち所とは

欠点として挙げて非難するべきところ。欠点。もっぱら悪い点が全く見当たらないさまを意味する「非の打ち所がない」の表現で用いる。

引用元:非の打ち所とは – 日本語表現辞典 Weblio辞書

次の引用です。

非難とは

人の欠点や過失などを取り上げて責めること。

引用元:非難/批難(ヒナン)とは – コトバンク

これでご理解が出来たかと思います。

こういうのは、なんだかんだ理由をつけて目的が責め上げることの場合があるので、もし、自分がそうだと思ったら近寄らないのが一番です。関われば相手を理由つけて責めるかもしれないので無視すればいいと思います。「非が打てないじゃないか!!」と言われても困りものですよね。「非が打てないじゃないか!!」「お前を正しくないと言えないじゃないか!!」と、目的が結局非難したいだけです。

<<下に続く>>

精神的な嫌がらせになる場合も

普通「非の打ち所のない自分を演じるな!」って誰かに伝えたら嫌がりますね。これしつこかったら「精神的な嫌がらせ」です。モラハラ加害者はなぜ人を非難し責めることに力を注ぐのかまだ理解できない点が沢山あります。モラハラ加害者は朝寝て匿名掲示板漬けで日々誰かを傷つけることが生き甲斐であることで安定を保っているのかもしれません。

このような「非の打ち所のない自分を演じるな!」といいながら心をこじ開けて精神的な嫌がらせをするモラルハラスメントの加害者がインターネット上で嫌がらせをする場合は、実名は絶対に出しません。匿名で掲示板やブログなどで名誉毀損にならないようにターゲットの「印象操作」をしていきます。このような加害者はブログを見ればわかると思います。

どこかに「印象操作」のストーリー、物語りなどを書きますので。なぜ物語りなのかというと「物語り形式は圧倒的に刷り込みが出来る」からです。物語形式は刷り込み時に有効な方法なんです。だから「印象操作」をするようなモラルハラスメントの加害者や支配者はブログなどを使い、ターゲットの「印象操作」や「精神的な嫌がらせ」をするための物語りを書いて、それを匿名アカウントで相手にそっと知らせて見せて楽しむという、なんとも異常者というレベルのことをする場合もあります。

理解できなくても当たり前

こんなこととは無縁の健全な読者さんからすると、理解できないと思います。理解できなくて当然です。私も最初は理解できませんでしたので。なので、心の悩みや、生きづらさ、真剣さ、そういったことを軽く考え、軽視している者は怪しいと思い、未然に防ぐことも大事だと個人的には思います。

何故なら、心の悩みや、生きづらさ、真剣さ、そういったことを軽く考え、軽視している者は虐待者の思考の癖があるから、だから「軽視」出来るんです。「非の打ち所のない自分を演じるな!」と言って、他者の心を無理やりこじ開けようとする時点で、ちょっとおかしいですよね。

人それぞれ、生きてきた環境、成長のスタート地点、違うものです。そんな中、非の打ち所がない自分を演じなければ生きてこられなかった人だっているものです。それぞ自分の狭い視野から見て「非の打ち所のない自分を演じるな!」と言って、人をわざわざ傷つけているようなモラルハラスメントの加害者は自覚がないものです。継続性や執着がすごい場合は、それはモラルハラスメントであると思いますよ。

自分に合った成長を大切にして、非の打ち所がない自分を演じたことにも感謝しつつ、本当の自分を生きれるようになれるともっと素敵なことですよね!そして、そんな、他人の心をこじ開けようとするような者とはサヨナラして新しい道へと入っていけると良いと思います!

支配者に笑顔でサヨナラ

関連コンテンツ

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)