Google検索

自動思考とスキーマ、そしてプラス思考になる方法。

自動思考とスキーマ、そしてプラス思考になる方法。

今回は、自動思考とスキーマ、そしてプラス思考になる方法について書きたいと思います。このページに訪れた方は「自動思考」について知りたい方もいると思います。自動思考は認知療法においても重要な概念です。

まず、認知療法とは、常識的な視点からなされる良識な精神療法のことです。詳しく知りたい方は日本認知療法学会ホームページをご覧下さい。⇒ http://jact.umin.jp/introduction.shtml

認知療法の有効性は確かめられつつある精神療法の1つで、認知療法は、外来治療の適応となるうつ病において、一定の治療効果が報告されている数少ない精神療法の1つです。つまり、中々治療効果が報告されないうつ病に認知療法が効果的だと報告されている良い精神療法ということです。うつ病以外にも効果的です。

そんな認知療法の概念で「認知の歪み」「スキーマ」「自動思考」というものがあります。今回は、こちらの3つをご説明させていただきます。

認知の歪み

まず「認知」とは、その人が物事をどう捉えていくかの捉え方の事を「認知」と言い、五感を通した「知覚」も「認知」に含まれています。この認知が歪んでしまっているのが「認知の歪み」で、歪んでしまった無意識のうちにされる考え方のクセのことです。

詳しくはこちらもご覧下さい。⇒ http://bright-ms.net/?p=642

スキーマ

うつ病の原因にもなる認知の歪みは、スキーマが関係しています。スキーマとはたくさんの情報の纏まり(まとまり)のことで、ユングの言っている感情の纏まり(まとまり)であるコンプレックスと同じような意味です。スキーマは大量の情報・感情で構成されているイメージで、データベースのテーブルの中の情報の纏まりのようなイメージです。そのスキーマが「自動思考」を生成しているのです。

自動思考

自動思考は瞬間的に浮かんでくる考え方です。例えば、いきなり考えてもいないのに「目の前の人がなんか嫌だ」とか「おいしいものを食べているときに贅沢してはいけない」という感じで浮かんでくる考え方を自動思考と言います。無意識のうちに考えてしまう事は誰にでもありますよね。それが自動思考です。

先ほどご説明をした「スキーマ」が、この「自動思考」を生み出しているのです。

<<下に続く>>

ということはマイナスのスキーマがあると、無意識のうちに自動で次から次へとマイナスな思考を生み出してきて、その結果マイナスの感情を増やすと言う事になっているのです。逆にプラスのスキーマがあればプラス思考を無意識のうちにどんどん生み出してくると言う事です。なので「プラス思考トレーニング」のように、毎日くり返して無意識に情報や感情、イメージなどを蓄積させることが大事になります。

そして自我が弱くなり脳の機能低下が起こると、このスキーマが表に出てきて、 より無意識で自動思考を増やしていきます。そうすると認知の歪みが更に増えて、周囲にも認知の歪みの影響を与えてしまうようになっていくのです。

このスキーマを修正すればよいのですが、そんな簡単な問題ではなく、下手に扱うと悪化することもあるので慎重に失敗しないように行わないといけないのです。

まずは見えない隠れた問題となるスキーマの実態を見つけるために、連想法を使ったり、 相手との関わりから自動思考を長期的に見て記録し根気よく見つけます。このスキーマを相手から感じ取れてしまう人はイメージしやすいのですが、それを相手に伝えても相手が自覚できていないので「勝手なこと言わないでよ!決めつけないで!」と言いたくなってしまうのです。目に見えないものですから、スキーマの全体像をはっきりイメージすることは難しいのです。

大事なのは、そのスキーマをの繋がりを無意識から引っ張り出して、本人に再評価させます。再評価する時に認知の歪みの10パターンに当てはまらないようなバランスの取れた解釈が大事なのです。

スキーマ療法⇒ http://kokorozawazawa.webin.jp/Schema.pdf

しかし、自我がしっかりしていない人に行う事は危険で、攻撃してきたり自傷行為などが起こることもあります。ですので自我をしっかりさせる事が大事なのです。つまり下手に無意識の領域へ足を踏み入れるものではないのです。ですので、無意識に踏み入れないで行う認知療法のほうが安全と言えます。自分自身の向上と気付きを増やしていけば安全に変化していけますね。

あがり症の方も「自動思考」を変えるという事が改善においてとても大事です。あがり症で悩んでいる方は「緊張のメカニズム」を理解してから「自動思考」も理解すると、理解が深まりますよ。あがり症を癒すには理解を深めることです。

関連コンテンツ

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 2 )
  1. by 名無し

    スキーマ療法、自動思考。
    新しく耳にする言葉を知ることができました。自分でも調べてみます…!

  1. […] このことを知りたい方はスキーマと自動思考、ユングのコンプレックスなどを勉強して、そのうえで願望実現や、霊現象、洗脳、宗教などを学んでみて下さい。 […]

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)