原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

「すぐ怒る 」「すぐ向きになる」「 イライラする」そんなあなたは病気!?

「すぐ怒る 」「すぐ向きになる」「 イライラする」そんなあなたは病気!?

「すぐ怒る 」「すぐ向きになる」「 イライラする」そんなあなたは自分が病気なのではないか?と悩んでいるかもしれませんね。それは病気ではありません。人は誰でも「すぐ怒る 」「すぐ向きになる」「 イライラする」という状態になりうるものです。

それは、それだけ真剣に生きてきたからです。命の危機がある中、育っている人ほど、相手の言葉を真剣に受け取ってしまい、現代では厄介者として扱われることもあります。そして「温室育ちに何が分かるんだよ」と思う人もいるでしょう。

「すぐ怒る 」「すぐ向きになる」「 イライラする」という状態。これって「戦闘態勢」ですよね。戦闘が必要な場面ではとても役立つことです。

ここで何か気づきませんか?

そう「戦争」です。戦時中に、今の穏やかな人たちの考え方(すぐ怒る 、すぐ向きになる、 イライラする)をしていたら、完全に邪魔者扱いをされますよね。「寝ぼけた軟弱物は消え失せろコノヤロウ!」と。

<<下に続く>>

時代の変化によって、求められているものが変わるんです。

戦時中や戦後は「すぐ怒る 」「すぐ向きになる」「 イライラする」という状態が必要でした。それがあるから生き延びることも出来た部分もあるのです。しかし、今では「すぐ怒る 」「すぐ向きになる」「 イライラする」という状態は「ハラスメント」に繋がります。

一昔前は「助かるもの」でも今は「ハラスメント」になりかねないのです。

だから、大事なことは「違いを受け入れる」ことなんです。時代の違い、人それぞれの価値観の違い。違いを受け入れて柔軟に変わっていく自分であることが大切なんです。これはタコの様にクネクネしろといっているのではありません。自分の芯を持ちつつ、他者を支配しない勇気を持つことが大切だということです。

つまり自分の信念を自分で尊重するから、他人の信念も尊重できる。だから、時代やその時の場所に応じて柔軟に変化できる自分であるということが自分を尊重し相手を尊重することなんです。

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。