在宅支援をご希望の方へ

破壊的カルトの手口の1つ

破壊的カルトの手口の1つ

破壊的カルトの手口の1つについて、元統一教会の幹部だったスティーヴン ハッサンの有名な「マインド・コントロールの恐怖」という本から引用してご紹介します。

それでは引用文をお読み下さい。

破壊的カルトのメンバーは心理的囚人だということである。すでに説明したように、破壊的カルトは、メンバーがそもそもグループをやめること自体を怖がるように、恐怖心を心に植え付ける。こうすることで彼らは、自由な選択の扉を閉ざしてしまう。

 

引用元:マインド・コントロールの恐怖 (ノンフィクションブックス)のP192

私自身が、子供の頃にカルト指定されている団体の考え方を刷り込まれていたので、カルト、支配、そういった者に敏感になっています。まず引用の「心理的囚人」はまさにこれです。この「心理的囚人」と繋がる記事は今までにたくさん書いてきました。例えば「ダブルバインド」「モラルハラスメント」です。ダブルバインドに関しては「心理的囚人」とピッタリですよね。

<<下に続く>>

そして、引用の「メンバーがそもそもグループをやめること自体を怖がるように、恐怖心を心に植え付ける。」は「モラルハラスメント」の恐怖と繋がる話です。だから、私はこのブログでうるさいほど「恐怖への同一化」について書いていたのです。恐怖への同一化のことを書いた記事一覧は「こちら」です。

先ほどの引用の「グループをやめること自体を怖がるように」というこの部分。これこそが「心理的囚人」同士を繋ぐ「」です。この鎖に無意識のうちに恐怖してグループをやめないことが幸せだという理由を無理やりにでも作り出すのです。そしてそれをグループに強いていく。抜けようとする者には「モラルハラスメント」に書いた「村八分」で追い詰めるのです。

こういった者たちの行いが、形を変えて色々な形の「ハラスメント」として「表面化」している場合もあるのです。ヤクザがヤクザであることを隠す時代です。カルトもカルトであることを隠すこともある時代なのです。

あなたを「回復」させて「改善」する方法

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法
これを見た時、僕は思わず興奮してしましました!理由は僕自身、パニック障害、自律神経失調症の根本を探り続けていくことで「蝶形骨」と「脳幹」「大腰筋」へ辿り着いたからです。カラダの歪み、心の歪み、認知の歪み。歪みこそが根の原因であるということ。そしてカラダの歪みの改善。それが脳幹に関係あるから。だから、この方法こそが、今僕が最もおすすめできる改善法です。本気で改善したいと思う人のみお試し下さい。メールサポート1年間たっぷりあります。本気で取り組みましょう! 1年間サポート・全額返金保証付

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。