原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

「嘘」や「妄想」が傷つけることに繋がるのです。そして「嘘」や「妄想」につけられた「傷」は中々癒せない。それを癒す力があるのが「公正(正当なこと)」なんです。「正義の女神テミス」をあなたの心に…

「嘘」や「妄想」が傷つけることに繋がるのです。そして「嘘」や「妄想」につけられた「傷」は中々癒せない。それを癒す力があるのが「公正(正当なこと)」なんです。「正義の女神テミス」をあなたの心に…



「正義の女神テミス」をあなたの心に…

「正義の女神テミス」をあなたの心に置いてください。

これは、どういうことかというと、神話に登場する「正義の女神テミス」について以下をお読み下さい。

剣と天秤を持つ正義の女神の姿は、司法・裁判の公正さを表す象徴・シンボルとして、古来より裁判所や法律事務所など、司法関係機関に飾る彫刻や塑像、絵画の題材として扱われてきた。

引用元:正義の女神 – Wikipedia

何が言いたいのかというと、私自身、小さいころから「嘘」によりでっち上げられてきて悔しい思いをしてきました。そこから大事だとわかったことが「確かなこと」「確認」「事実」「証拠」などでした。つまり「公正(正当なこと)」こそが、心を癒すものだと確信したのです。

「嘘」や「妄想」が傷つけることに繋がるのです。そして「嘘」や「妄想」につけられた「傷」は中々癒せない。それを癒す力があるのが「公正(正当なこと)」なんです。

<<下に続く>>

だから、「公正(正当なこと)」のシンボルである「正義の女神テミス」をあなたの心に置いてほしいと思いました。

「嘘」は「破損」である

「嘘」によって「傷つく」のは「嘘」は「破損」だからです。これはどういうことかというと、プログラムデータがびっしり書かれていて、それが全体的に正しいから正常に動くわけで、その全体的な部分に「嘘」を書き込む、または「嘘」にするために一部削除したらどうなるか。

もう、破損して正常には動きません。

人も同じです。自分がつく「嘘」他人からつかれる「嘘」が増えていくと「破損(傷つく)」のです。そして「嘘」や「妄想」につけられた「傷」は中々癒せない。それを癒す力があるのが「公正(正当なこと)」なんです。プログラムデータで考えればわかりますよね。破損部分を正常に修正すれば癒される(治る)のです。

だから「正義の女神テミス」をあなたの心に置いておく、つまり「公正(正当なこと)を意識する」ことは「癒し」に繋がるということです。だから、人は、裁判で争っていくのは時にとても良いことであり、色々整理できるので癒しに繋がるのです。

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。