原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

「暗記」を頑張った人ほど「洗脳」されやすい人

「暗記」を頑張った人ほど「洗脳」されやすい人

「暗記」を頑張った人ほど「洗脳」されやすい人です。これは「現代洗脳のカラクリ ~洗脳社会からの覚醒と新洗脳技術の応用」を読んで確信が深まりました。

私が今まで見てきた人の中で「外の人間にすぐ操作される人」は「暗記が得意だけど吟味することをしない人」でした。要はすぐに鵜呑みにしてしまう人たちです。そういった人たちが「外の人間にすぐ操作される」ことが多かったので、この本を読んで「なるほど!やっぱり間違いなかったんだ」と確信が深まったのです。

なぜ、「暗記」を頑張った人ほど「洗脳」されやすいのか、そのことについて本から引用させていただきます。

彼らは集中力を高めるための変性意識状態、記憶力を上げるための変性意識状態に一瞬でなれるから、勉強効率が上がって受験を勝ち抜けたのです。

引用元:現代洗脳のカラクリ ~洗脳社会からの覚醒と新洗脳技術の応用P114

つまり、受験に合格するために「暗記」を頑張る。それは、自ら変性意識状態になる練習をして自分の潜在意識(無意識)に刷り込みをしていくという作業です。だから、自己洗脳の練習をしているから、当然、「洗脳」されやすくもなるというわけです。

「暗記力」と「理解力」は違います。暗記は理解するのではなく反復して繰り返し記憶することです。だから、自己洗脳であり、暗記を頑張るということは「洗脳体質」になるということなのです。

別の視点からもお伝えします。日々、「恋愛妄想」を繰り広げている女子がいたとします。寝ても覚めても「恋愛妄想」。スマホのアルバムや部屋の壁には妄想の相手の写真などがたくさん。現実と妄想を繋げるかのようなことを沢山行うとします。当然、妄想をしたい本人は「恋愛妄想」をリアルに感じたいわけですから「変性意識状態」という言葉は知らなくても変性意識状態になろうとどこかで無意識のうちに行っています。自己洗脳です。

それを繰り返しているうちに「恋愛妄想」をしている女子は「洗脳されやすく」なりますので、恋愛詐欺にひっかかりやすくもあります。何故なら恋愛詐欺を行う者も「変性意識状態」へ誘導しますから、当然「恋愛妄想」をしている相手のほうが容易に洗脳できるのです。

「暗記」を頑張った人ほど「洗脳」されやすく、「恋愛妄想」を頑張った人ほど「洗脳」されやすいのです。

こういった意味で、「エリート」が洗脳されやすい人で「社会不適合者」は洗脳されにくい人です。暗記は支配者の考えを「鵜呑み」にして潜在意識に刷り込むこと。だから「エリート」や「教育者」にボケる人が多いのです。

「自分は強いから絶対に洗脳されないし洗脳されたこともない」と思っている人ほど「洗脳されやすく気づけない人」です。何故なら誰もが「親」と「教育」から洗脳を受けています。それを理解してないし洗脳のプロセスも理解していないから「洗脳されないし洗脳されたこともない」と思っているのです。

<<下に続く>>

「洗脳」を防ぐには「洗脳を知ること」が必要です。知らないものを防ぐことは出来ません。あなたは、透明の木が無数に生えている森で透明の木にぶつからずに歩けますか?無理ですよね。透明の木が生えている正確な地図があれば防げるのと同じで「洗脳」を知ることが「洗脳」を防ぐことに繋がります。

あなたも「洗脳」を防ぎたいなら「現代洗脳のカラクリ ~洗脳社会からの覚醒と新洗脳技術の応用」を読むことをおすすめします。ただ、自分の人生は歩みたくないと思う人は読まないでください。そういった人が読んでも理解できないか、または、都合の良い解釈をするので意味がないと思います。

こちらの「認知科学者」の方の「現代洗脳のカラクリ ~洗脳社会からの覚醒と新洗脳技術の応用」という本のP118で「洗脳は洗脳を意識するだけで防御が可能になる」と書かれています。逆を言えば「洗脳を意識しないと防御が不可能になる」とも言えますよね。



「答えの出ないこと」で被害者の頭を悩ませる

変性意識状態になったとき、人は情報操作をされやすくなります。なぜなら、変性意識状態とは曖昧な状態でもあるからです。

引用元:現代洗脳のカラクリ ~洗脳社会からの覚醒と新洗脳技術の応用P120

「洗脳」の本を読んで繋がったこと。

モラルハラスメントの加害者が「曖昧」や「答えの出ないこと」で被害者の頭を繰り返し悩ませるのは「潜在意識(無意識)」の書き換えがやり易くなる「変性意識状態」を作ることが目的の場合があるからだ。なるほどね。小癪な奴だ。

モラルハラスメントの加害者は「曖昧」状態を被害者に作り出します。質問をすればいいです。「?」で被害者が思い出そうとしている時に「変性意識状態(洗脳されやすい、刷り込まれやすい)」にして、横からスーッと入れ込む。それが心を傷つけるような言葉など。

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。