原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

過去のトラウマの出来事を繰り返し思い出すのはトラウマの出来事にプラスの意味づけをする必要があるからです。多方面から見ていくことが大切!

過去のトラウマの出来事を繰り返し思い出すのはトラウマの出来事にプラスの意味づけをする必要があるからです。多方面から見ていくことが大切!

過去のトラウマの出来事を繰り返し思い出すのはトラウマの出来事にプラスの意味づけをする必要があるからです。忘れようとしても忘れることは出来ません。蓋をしても蓋がグツグツいうかのように溢れ出てきて苦しくなります。蓋を重ねて鎖で縛れば、自分が何が苦しかったのかわからなくなります。そうすると深刻なトラウマになっていきます。

なので、忘れるのではなく新しい意味づけをするのです。つまり過去のトラウマになった出来事を別の視点から見て新しい意味づけをするということです。向き合うと苦しくもなります。だけど向き合わないで蓋をしてもまた苦しくなってくると思います。

私は過去に家族によって支配された深い傷があります。だけど、それって有難いことでもあるんです。もしも、その「支配された深い傷」がなかったら自分は死んでいたと思うんです。つまり私は自ら「支配された深い傷」を無意識で必要としていたのです。そのおかげで防げたこともある。

<<下に続く>>

そうすると、過去の支配されたという出来事は同じだけど「意味」が変わりますよね。実際に辛かった事実は事実。それは紛れもない事実です。だけど「辛く苦しかった」というものが「命が助かることに繋がったもの」。と変えることが出来たら傷が癒されていくこともあります。

それは簡単に出来ることではありません。自分が成長していって色々な視点で見れるようにならないと新しい視点は見つからない者です。私も、親を恨んでいる時期は、「命が助かることに繋がったもの」という視点になって気づきもしません。当然ですよね。無理する必要性はないです。

自分の成長とともに「もしかして、あの時のあのこと、あれがなかったら、もしかしてもっと最悪の状態になっていたかもしれない…」となんとなく気づきだすこともあります。

出来事は同じだけど、表から見るのと裏から見るのが違うように、色々な側面があります。多方面から見ていくということがトラウマを克服することに繋がることもあります。

ただ、傷が悪化したらだめなので、決して無理しないでくださいね。ゆっくり、自分のペースで、自分がそうしたいとおもったらすればいいだけで、これが絶対的な正解ということではありません。

大丈夫です。焦らず、ゆっくり、無理をしないで自分に優しくあって下さい。

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。