原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

自分のことを「ブス」や「ブサイク」と思っているということは「他人の主観」で自分を見ているという場合があります。

自分のことを「ブス」や「ブサイク」と思っているということは「他人の主観」で自分を見ているという場合があります。



「他人の主観」で自分を見ている

自分のことを「ブス」や「ブサイク」と思っているということは「他人の主観」で自分を見ているという場合があります。他人から「お前ってブス(ブサイク)だよな」って言われた言葉が残ってしまいその言葉が言霊のように働き潜在意識に入ってしまう。それで「他人の主観」で自分を見てしまう。

思うことの自由を支配する権利はない

この場合は相手が自分のことを「ブス」や「ブサイク」と”思うこと”は「相手の自由」であると思うと良い。それをしつこく伝えてきたら問題になる。思うことの自由を支配する権利はないです。この「区別」がつくと相手の主観を鵜呑みにしにくくなります。それは傷つきにくくなるということです。

「区別」が大切なこと

相手が自分のことを「ブス」や「ブサイク」と思うのは相手の自由であり支配する権限はないとお伝えしました。相手の思いは尊重することが大切です。そこで、それをしつこく伝えてきたり、公然の場(インターネット上の掲示板やブログなども公然の場)で実名に対して誹謗中傷してきたり名誉毀損をしてくる者がいれば法的手段に出るなり、対処すればいいと思います。

それ以外の、本人が「思うこと」は自由。そこの「区別」がとても大切なことです。

他の人が見れば違って見えることもある

多くの人から見れば「ブス」や「ブサイク」に見せてしまう人だとしても、他の人が見れば違って見えることもあります。世界中の人間が同じように見るなんてありえないことなんです。

<<下に続く>>

多くの人が「ブス」や「ブサイク」に思えているとしても、その人を他の人が見れば「可愛い」とか「かっこいい」とか見える場合もあるんです。その可能性はゼロじゃありません。

私は個人的に太った人は好きじゃありません。痩せている人も好きじゃありません。だけど世の中にはガリガリの人や太った人が好きと言う人がいるのも「紛れもない事実」です。

この事実がわかれば「悲観する必要などない」ことがお分かりいただけるかと思います。

じゃあ自分の外見に悲観している人はどうすればいいのか

じゃあ自分の外見に悲観している人はどうすればいいのか。今すぐにでも「環境」を変えて下さい。環境の中には「人間関係」も含まれています。環境の中で一番影響力が強いのが「人間関係」です。多数派の中ではどうしても「ブス」や「ブサイク」として扱われる存在が必要とされています。要は「引き立て役」です。

「引き立て役」無しでは恋愛も出来ない人が「引き立て役」を必要としますので、だから、私は今すぐにでも「環境」を変えることが良いと思います。

どんな「環境」が良いのか

どんな「環境」が良いのか。と悩む時点で、自分を生きていない証拠です。ですので本当の自分が心地よいと思える環境を心か選択することが大切です。

例えば「田舎なんて絶対に住みたくない!」と言っていたある人が田舎に住んでから「田舎にずっと住みたい」という考えに変わりました。その時にこう言いました。「昔は、周りの支配的な人に合わせて、田舎なんて絶対に住みたくないと思い込んでいたんだ」と。

だから、本当の自分の気持ちで選択すること。それが「運命の赤い糸」があるのであれば、それに近づくことに繋がるでしょう。あなたをよいと思ってくれる人は必ずどこかに存在します。

ただ、それに自分から近づく、掴み取る、そういった「勇気」を持てるかどうかです。あなたの自尊心を傷つけるようなものが群れている場所はあなたの居場所ではないと思います。

逃げる勇気、離れる勇気。大切ですよ。

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。