原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

“脳”が引き寄せるメカニズム★完全無料!実は、あなたも「既に色々と引き寄せてきた」のです。

“脳”が引き寄せるメカニズム★完全無料!実は、あなたも「既に色々と引き寄せてきた」のです。

こんにちは!

菅原です。

以下は、脳科学の裏付けがなされた、
科学的に成功を引き寄せるメソッドです。

※すぐに簡単に自分の願望を
実現できるようになるわけではありません。

個人差が大きいのです。

─────────────────────────────
▼脳科学的に引き寄せを発動させる方法とは?
詳細はこちら

※期間限定※
2017-05-11 18:00:00まで

※「翌月、月収が倍に」「一週間以内にプロポーズ」など、
 ありえない結果を導き出す理由とは?

このメールをお読みの方なら、
「引き寄せの法則」をご存知の方も多いと思います。

以前日本人向けの「和の成功法則」も
ご紹介しました。

すでに何度か「引き寄せの法則」を
試した方もいるかもしれません。

精神世界の視点からの引き寄せの法則は、
ここ数年でよく語られるようになりました。

しかし、それを実践して、
うまくいったという人はどれくらいいるのでしょうか?

願いをリアルに、ありありと描き、
思い描いた通りの現実を手に入れられた人。

……そんな人はほとんどいないのではないでしょうか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

精神世界の引き寄せの法則は、
そのメカニズムまで語ることができる人がいないため、
再現性が低く、簡単にマスターすることはできません。

抽象的な概念でメカニズムのようなことを、
説明している人はいるかもしれませんが、
あくまでそれはメタファーで、
測定可能な指標等は一切ありません。

言葉を選ばずに言えば、非科学的であり、
誰もが確実におなじ結果を測定できる
科学だとはとてもいえないわけです。

そんな中、今、
40年の年月を経て、
再現性があり、説明可能な、
引き寄せの法則が開発されました。

科学的な引き寄せを起こすために、
ご用意いただきたいものが1つだけあります。

それは、、、

あなたの「脳」。

あなたの脳を正しく使ってこそ、
^^^^^^^^^^^^^^^
引き寄せが発動するのです。
^^^^^^^^^^^^^

▼詳細はこちらから。
詳細はこちら

※期間限定※
2017-05-11 18:00:00まで

※あなたの脳に眠っている
 “成功人格”を引き出す方法とは?

脳科学の裏付けがなされた、
科学的に成功を引き寄せるメソッドです。

この手法をマスターすれば、

あなたが引き寄せたいものを
^^^^^^^^^^^^^
何度でも再現性をもって、
^^^^^^^^^^^^
引き寄せられるようになるでしょう。

その方法をお伝えする全4回の動画レッスンが、
無料で公開されました。

先週水曜日の公開スタートから、
ここまでで2,000人近くの人が登録をして、
楽しみながら脳科学的引き寄せメソッドを
手に入れています。

あなたも、そのメンバーに加わり、
好き放題願いを叶えませんか?

▼脳を使って確実に引き寄せたい方はこちら
詳細はこちら

あなたも脳の力を最大限使いこなして、
自由自在な人生を送ってくださいね。

─────────────────────────────

これって裏を返せば、
実は、あなたも「既に色々と引き寄せてきた」のです。

振り返ってみて下さい。
過去に嫌なことが沢山あったと思います。

思い出しても、
「二度とあんなこと起きてほしくない」…。
そう、思う過去があると思います。

そして、こう言われたらどう思いますか。
「過去の不幸も、自分自身が引き寄せたこと」。

これは、受け入れがたいことだと思います。
意識では「あんなこと絶対に望んでいない!!」と
言いたくなると思います。

誰もがそう思って当たり前です。
それが人間ですから、自然なことです。

あなたは、昨日、一昨日に、
無意識で鼻をかいたり、
頭をかいたりしたこと覚えていますか?

覚えていませんよね。
無意識ですから。

じゃあ、昨日、一昨日に、発した言葉を
正確に書き出すことは出来ますか?

<<下に続く>>

出来ませんよね。
全てを意識できていたわけではなく、
人は「無意識の言動」が必ずありますから。

「無意識の言動(言葉と行動)」

いいですか。
これはとても重要なことです。

誰もが、
無意識の言動(言葉と行動)」がある。

それは、
自覚できていない「言葉と行動」 が
誰にでもあるということです。

話は変わりますが、
よく騒がれている「モラルハラスメント」。

これも加害者は自覚がないことが殆どです。
自覚があってやっている人は、
根っからの人を傷つけることが生き甲斐の人です。

被害者だと主張している者も、
別の時には加害者の場合がありますが、
その場合も自覚がないことが殆どです。

そして、
被害者が被害者の自覚がないほど、
モラルハラスメントは深刻な状態です。

これも、「無意識の言動(言葉と行動)」が
人を傷つけるもの、
精神的な嫌がらせになっているもの、
こういったものが無意識のうちに
行われてしまうということです。

わかりますよね。

このことを踏まえて、
さっきお伝えしたことを思い出してください。

─────────────────────────────
「過去の不幸も自分自身が引き寄せたこと」。

これは、受け入れがたいことだと思います。
意識では「あんなこと、絶対に望んでいない!!」と
言いたくなると思います。
─────────────────────────────

ここです。

「過去の不幸も自分自身が引き寄せたこと」は、
自分の「無意識の言動(言葉と行動)」が
創り出すのです。

自覚がないから、
意識では「あんなこと、絶対に望んでいない!!」と
言いたくなるのです。

この意味が分かってくると、
自分にとって良いことも悪いことも、
それは自分が無意識のうちに
引き寄せているということなんです。

つまり、無意識の言葉Aと行動Bなどが、
複雑に絡み合いながら結果Cを引き寄せる。

本人は無意識の言葉Aと行動Bが
どのように結果Cに繋がったのかが理解できないし、
点と点が繋がらないので「認めたくない…」となる。

それも大丈夫です。
自分が理解できていないことを「認めたくない…」となる。
これはとても良いことです。

人が納得を起こすときは、
「全ての点が繋がったとき」です。

本人が無意識の言葉Aと行動Bが
結果Cに繋がるすべてのプロセスを理解したとき
「自分が引き寄せた」とわかるのです。

例えば繰り返し似たようなトラブルに巻き込まれる人は、
トラブルが起こされた無意識の言動を理解し、
トラブルが起きるまでのプロセスを理解すれば、
似たようなトラブルは起きなくなります。

簡単に言えば引き寄せって、
こういう事なんです。

言い方を変えれば、
誰にでも、いつでも、
引き寄せの法則の力は働いているけど、

本当の自分が望むものばかりを
引き寄せられるようになれたらいいね(*^^*)ってこと。

それが「洗脳を解き、支配から脱出して、本当の自分を生きること」
なのですが、今回は、洗脳とか、支配とかのお話ではなく、

脳科学の裏付けがなされた、
科学的に成功を引き寄せるメソッドのお話なので、
以下のURLから詳細をご確認下さい。

詳細はこちら

※期間限定※
2017-05-11 18:00:00まで

今回、私がお伝えしたことと、
ちゃんと繋がる話です。

今日明日に、自由に何でも
引き寄せられるようになることは無理です。

だから少しずつ情報を手に入れて、
理解を深めていく必要があるのです。

そして、潜在意識のコントロール、
脳の使い方、そういったことを知っていく必要があります。

あなたがあなたらしい人生を
送っていきたいと思うのなら
是非、読んでみて下さい。

前にも言いましたが、この時点で
本当の自分の人生に興味がない人は、
読まないでください。

読んでも理解できず、
「生産性のない」方向でしか考えないと思いますので。

読みたいと思うなら、是非、読んでみて下さい。

詳細はこちら

※期間限定※
2017-05-11 18:00:00まで

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。