原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

温故知新(おんこちしん)過去の振り返りは「天才脳」を目覚めさせるために重要なことだった!

温故知新(おんこちしん)過去の振り返りは「天才脳」を目覚めさせるために重要なことだった!

こんにちは!

菅原です。

前回お送りしたメールの、
「実は、既に色々と引き寄せてきた」ということ。

多くの方が購読をされていますが、
このことは納得した人も多かったのではないでしょうか(^^)

・前回のメール内容
http://bright-ms.net/?p=5770

問題は「脳の使い方」なんですよね。

─────────────────────────────

脳科学の裏付けがなされた、
科学的に成功を引き寄せるメソッド

詳細はこちら

※期間限定※
2017-05-11 18:00:00まで

─────────────────────────────

こちらの動画の0:40あたりで
「天才性っていうのは誰でも持っている」と、

10万人以上の人生を変えてきた、
実践的脳科学コンサルタント石川大雅先生が仰っています。

※まだ見ていないなら動画を見て下さいね。

つまり、あなたも天才性を持っている。
持っているのに使えていない。

何故か?

それが「脳の使い方」を知らないからなんです。
「天才性」は「脳のワーキングメモリ」と関係があります。

「脳のワーキングメモリ」は
「作業場」のようなものです。

脳の作業場です。
~~~~~~~~~~

つまり「脳のワーキングメモリ」を鍛えたり、
効率よく使うということは、
広くて便利な道具が沢山ある作業場ってことなんです。

「天才脳」になるための1つは
「ワーキングメモリを鍛える」ということなんです。

ここで引用文をお読み下さい。

─────────────────────────────

そして、「天才脳」を目覚めさせている人は、
無自覚に自分独自のデータベースをつかいこなしています。

未来のデータベースの情報から、
成功までの最短経路を導き出し、

過去のデータベースに蓄積された
ノウハウ、スキル、マインドを活かし、

現在のデータベース(脳のCPU)の力を最大化し、
常に最高のパフォーマンスを維持していく。

引用元:
→ http://forestpubafc.com/lp/11629/694659

─────────────────────────────

<<下に続く>>

はい。

次に、私が記事で過去にお伝えしたことから。

─────────────────────────────

何故、過去を振り返ることこそが真の「自己肯定」なのか。
過去の事実は自分が生きた証。自分の創った道。
それを自分で無視する。まるで自分への心理的ネグレクト。
どんな過去もしっかり振り返ることが出来たら自分が自分に感謝出来る。

自分の過去には、苦しいことや辛いこと色々あるでしょう。
だけど、それが今のあなたが今生きている証なのです。
他人から見たらどんな無様に見える過去でもいいのです。
それが紛れもない生きた証だから。無様ではないのです。

引用元:
http://bright-ms.net/?p=1331

─────────────────────────────

つまり「天才脳」になるには、
「過去の振り返り」が重要だということなんです。

こんな”ことわざ”があります。
「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る(温故知新)」

過去の振り返りこそお宝の山です。
過去を振り返って過去を活かす。

それが「天才脳」になるために
大切なことなんです。

今回お伝えしたかったことは、
「天才脳」になるためには、
「過去に蓋をしないことも大切」だとお伝えしたかったのです。

苦しい過去には、プラスが隠れています。
その過去と向き合い、プラスを見つければ、
それが、

─────────────────────────────

そして、「天才脳」を目覚めさせている人は、
無自覚に自分独自のデータベースをつかいこなしています。

未来のデータベースの情報から、
成功までの最短経路を導き出し、

過去のデータベースに蓄積された
ノウハウ、スキル、マインドを活かし、

現在のデータベース(脳のCPU)の力を最大化し、
常に最高のパフォーマンスを維持していく。

引用元:
→ http://forestpubafc.com/lp/11629/694659
─────────────────────────────

このことに役立つのです。

過去に蓋をすれば
「天才脳」を目覚めさせることは出来ません。

 

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。