原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

神経症や対人恐怖、視線恐怖などの改善の為に

d17d1ffb21506fcc79b12716ebd0835c_s神経症や対人恐怖、視線恐怖などの改善の為に大事なことをお話します。まず、神経症や対人恐怖、視線恐怖などの方は情報不足があり思考が根拠のない思考をしています。

そうすると、潜在意識がマイナスになりやすいので、思い込みや勘違いで酷くなって苦しみます。苦しみの原因は無意識(潜在意識)にあります。

<<下に続く>>

 改善に大事なことは、根拠ある考え方ができるようになることが第一段階として大事なのです。根拠がある考え方ができるようになると、外部要因の潜在意識への悪影響を防ぐことができるので、根拠ある考え方をすることで改善の為の基本ベースを手に入れることができます。

 そうしましたら外部要因を排除したので、次は自分の潜在意識の中にある苦しい原因の除去の作業が必要です。これは根気が必要なので相性の良い医師やカウンセラーやコーチの指導のもと行っていくことも良いでしょう。

 大事なことは、第一段階の根拠ある思考の仕方を絶対にやめないことです。ここを妄想的思考をするようになると、外部要因の悪影響が出てしまい、改善作業をしてもいたちごっこになってしまうのです。根拠ある思考は最高の薬だというくらい大事です。認知の歪みを修正すること。これが大事なのです。

 

 

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。