原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

体を動かすことは運を良くします。だから「運動(運を動かす)」と書くのです。

体を動かすことは運を良くします。だから「運動(運を動かす)」と書くのです。

体を動かすことは運を良くします。だから「運動(運を動かす)」と書くのです。運動効果は思っている以上に大きく全身の至る所にプラス効果を生み出します。更には「心」にまで良い影響を与えます。1時間のウォーキングや30分の軽いジョギングを日々の生活に取り入れましょう。

まずは動いてみて運動後に「心の変化」を確かめて下さい。運動前よりも不安や恐怖、マイナス思考などが消えている、または減っていることに気が付きます。日々の生活で日中、たくさん動けばどんどん良くなっていきます。

ただし、自分が楽しいと感じる「運動」です。

楽しく感じないことをやっても逆効果です。楽しいことをやっていると時間はあっという間に過ぎてしまうので、運動もすごく楽に感じます。走りたくないと思って走る30分のジョギングなんか地獄ですからね(笑)

「恐怖は時間の知覚を大きく歪める感情です。そしてこうした場合、映像は実際の時間よりもずっと長いものとして知覚されます」と、研究者のシルヴィー・ドロワ=ヴォレは述べている。よく知られているように、恐怖は瞳孔の拡大や脈拍の増加、血圧の上昇、さらにある程度の筋肉の収縮をもたらす。

 

引用元:感情によって時間の感じ方が変わる:研究結果|WIRED.jp

このように、恐怖は自分にとって非常にマイナスになることも多いです。恐怖は脳の扁桃体で感じると言われていて、その脳の扁桃体に瞬時に介入することが出来ると言われているのが脳の前頭葉です。

つまり、脳の前頭葉が鍛えられていると脳の扁桃体に瞬時に介入しやすくなるというわけです。それは恐怖を減らしやすいということでもあるのです。前頭葉が弱っていると恐怖症のようにもなります。鍛えるだけではなく脳のバランスも大事です。

<<下に続く>>

この記事でお伝えしている「運動(運を動かす)」は実は「脳疲労の回復」にもなるんですよ。脳疲労を回復されるには「運動」「栄養」「睡眠」が大事です。寝ても寝ても取れない疲れは脳疲労が原因かもしれません。脳疲労の時は「1時間ウォーキング」や「30分の軽いジョギング」「マインドフルネス瞑想」が効果的です。

脳疲労の原因は「雑念」にあります。自分でも自覚のない思考がすごいあります。ある科学者によると人の1日の思考回数はなんと60000回と言われています。数の正確云々は個人差があったとしても、ここで理解してほしいのは「自分でも気が付かない沢山の思考がある」ということ。

この無自覚のたくさんの思考が「雑念」です。自分が本来考えるべきことや集中したいことの邪魔をするのが「雑念」です。次から次へと色々な考えが飛び交っていて、自覚できるものはごくわずかです。それが脳を疲れさせるのです。

じゃあ、雑念を減らせばいいの?と思ったあなたはすごく勘が鋭いです。そう、雑念を減らすと脳疲労も解消し、脳も分厚くなると言われています。つまり、脳機能が上がってくるのです。脳疲労にならないためのことをしっかり行って、だいたい数週間はかかると言われています。

だから、脳疲労の時は「1時間ウォーキング」や「30分の軽いジョギング」「マインドフルネス瞑想」が効果的なのです。なぜかというと、人は1つのことを考えている時は別のことを考えられないのです。つまり、何か1つに集中していると脳疲労の原因である「雑念」を抑えることが出来るのです。

「1時間ウォーキング」や「30分の軽いジョギング」なら、自分の体への刺激があるから集中しやすい。「マインドフルネス瞑想」なら自分の呼吸に集中するから余計なことを考えなくなる。

パソコンでいえば沢山立ち上がっている不要なアプリ(雑念)を停止するということです。雑念だらけの頭はシューシュー音が鳴って熱を持っているパソコンみたいなものです。疲れて当然です。

ここまで御伝えすれば「運動(運を動かす)」のプラス効果が理解できたかと思います。何でもいいので楽しいと感じることで動きましょう。

 

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。