原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

親の言いなりの人生を送ることで親への恨みが出てくる。それを解消して克服するには!?

親の言いなりの人生を送ることで親への恨みが出てくる。それを解消して克服するには!?

親の言いなりの人生を送ることで親への恨みが出てくる。誰もが親を恨みことは大なり小なりあることだと思います。その恨みを抱えたままだと自分が疲れてしまいます。それを解消して克服するには一体どうしたらよいか。



親を恨んでいる自分を認めて受け入れる

まずは、親を恨んでいる自分を認めて受け入れることです。自分の自然な感情です。蓋をする必要はありません。恨むだけのことがあった。だから恨んでいる。それが自然です。

自分で自分を育てていく

親に愛されたかった…。親からの愛が欲しい…。だけど…。

上記の記事に書いたことですが「自分が自分の親になり、自分で自分を育てていく」のです。親になるというのはことで自分に責任を持つことでもあります。それは「自分の判断で人生を楽しむ」ということでもあります。

責任を持って、楽しんで、自分で決めていく。自分を育ててそれを楽しむ。

<<下に続く>>

親という概念を超えて1人の人間として見れる

自分で自分を育てていくと、新しい視点で物事を見れるようになり、全体像も見えてくるので、親という概念を超えて1人の人間として親を見れるようになってきます。すると、今までと違う「親」が見えてくるのです。

「親」という概念を超えて、1人の人間として親を見れるようになった時、自分を自分で育てたことを心から嬉しく思い「生きててよかった」と思えるかもしれません。

「過去には色々在ったね。だけど、それがあるから今が在るね。ありがとう。」こう思うかもしれません。

出来ることは「今、自分が歩き続けていくこと」です。「あなたの道」を歩き続けるのです。

 

 

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。