原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

心理的虐待の一種であるガスライティングの恐怖!自分が洗脳されていることにも気がつかないまま心を傷つけられていく!

心理的虐待の一種であるガスライティングの恐怖!自分が洗脳されていることにも気がつかないまま心を傷つけられていく!



細かいことに意味づけを繰り返す

「あっ、この猫可愛い!」と僕が言う。すると兄弟が「え?え?え!?」と言い他の兄弟と連携して「え?え?え!?なになになにwwww」となっていた。その時僕は何が起きているか分からなかった。「嘲笑」という言葉を知らなかったしまさか兄弟がそうしているなんて思いもしなかった。後で気づいた。

細かいことに意味づけを繰り返すことで相手をジワジワ追い詰めていけるのです。

何気ないことに対しておかしい扱いを繰り返す

そして何気ないことに対してずっと「おかしい奴だ」と繰り返されることで笑えなくなって頭が混乱していって「自分がおかしいのではないか」と自分を疑うようになった。今ならわかる。あれは心理的虐待の一種。

心理的虐待の一種であるガスライティングとは

ガスライティング(英: gaslighting)は心理的虐待の一種であり、被害者にわざと誤った情報を提示し、被害者が自身の記憶、知覚、正気を疑うよう仕向ける手法[1]。

引用元:ガスライティング – Wikipedia

例えば、加害者側が複数人で組んで被害者に対して「ほら?あの時、お前やってたよ?ねぇ○○」と他の組んでいる加害者に話を振って「うんうん、やってたやってた」と被害者の過去の記憶に対して嘘の記憶でアプローチして口達者で巧みな話術と変性意識状態を引き起こしながら刷り込んでいく場合もある。これは僕もやられましたが本当に混乱していきます。

例としては、嫌がらせの事実を加害者側が否定してみせるという単純なものから、被害者を当惑させるために奇妙なハプニングを起こして見せるといったものまである。

引用元:ガスライティング – Wikipedia

僕がこの引用の「奇妙なハプニング」で思い出すことは、兄弟が僕のパートナーの名義を使って携帯代20万円ほど使いそれを支払っていなかった時に「これ困るから払って」と伝えていた時に親が帰ってきました。するといきなり大声で「やめて!!!」と叫び出して親が「なんだなんだ!」と来て「いきなり酷いことを…」みたいな感じ(言葉ははっきりしていないけど)で僕を酷いことをした悪者扱いし出して親は「お前はあっち行ってろ!!!!!」と怒鳴られて意味がわからず僕の言い分も聞きやしない。親は兄弟に「おーよしよし、もう大丈夫だ」みたいなことを言っていた。

結果、僕が悪いことをしたと扱われ、その説明をしようものなら「何だお前は言い訳を言うのか!」みたいに扱われて当時は封じ込められていきました。つまり「僕のパートナーの携帯名義で20万使っておきながら、支払ってくれと伝えると、踏み倒すための茶番劇をし出した」ということだったと思いますよ。そして自分が被害者のフリをして嘘で親を味方につけていった。

更に他の兄弟からも「お前、あんまり○○をいじめるなよ」と。言われる。それだけじゃない。兄弟の友達から「なんでお前○○をいじめたの?」と嘘が吹聴されていく。こういうことが過去には沢山ありました。そしてその被害者のフリをした○○は僕に対して執拗に嫌がらせをしてきます。僕は限界が来て怒鳴ったことがある。そしたらそれをネタにものすごい扱いを家族からされていき、僕は混乱していきました。

嘘が罷り通る環境に疲れ果てていきました。

しつこい嫌がらせ

その被害者のフリをした○○などによって、右を向くと「とんでもないことをした」と複数人で扱われていく。左を向くとまた「とんでもないことをした」と複数人で扱われていく。歩くだけで「とんでもないことをした」と複数人で扱われていく。そして表面上は「お前が大切だ」という。だから当時は理解できなかった。まさか嫌がらせだったとは。

車に乗せて~と言われて乗せると、車の中でも執拗に精神的な嫌がらせをしてくる。この頃は何がなんだかわからず言葉を出せなくなっていた部分もあります。言葉を出すと酷いことをしたと追い詰められていく。そして表面上は「お前が大切だ」みたいな言葉をかけてくる。

悪いことをやめてから嫌がらせが増えた

この家族内での嫌がらせが始まったのが、僕が少年院から帰ってきて「もう悪いことをしないで生きていきたい」と思うようになってからヒートアップしている。家族は悪いことしていた。兄弟の1人は覚醒剤をやっていたし、1人は洗脳まがいなことをして人を騙したりもしていた。つまり悪いことをやめた僕が目障りだったから隠蔽した嫌がらせを水面下でしつつ仲間のフリをしていたのだと思いますよ。

家族を心の中で捨てることで好転した

すべて紐解いて家族たちにしっかりお返事をしてあげたら向こうから尻尾巻いて逃げ出した。僕が弱いからされ続けていたのではない。家族を信じたい気持ちがあったから明確に出来なかっただけ。自分を信じたらこうも簡単に明確に出来て全員にお返事も出来ました。尻尾巻いて逃げ出すほど嫌がらせをする者は臆病なのです。

外でされたことと似ていることを家でやる

家族からの嫌がらせを実際に受け続けてみたよくわかったことがある。それは「それぞれが外でされてきたことと似ていることを僕にしていたこと」です。外でされたことを本人に返さないから家に「嫌がらせのお土産」として持ち帰り僕にやってぼくに気づかれないように「大事なフリ」をしていたのです。

八つ当たりをするような者だった

だから嫌がらせだったとハッキリ気づいて、僕が自分を大事にするようになってから立場を平等に戻すために「おいお前、お前って軽々しく言うなよ」と返した。僕を馬鹿にしているのに自分を敬えという態度が当たり前だと思っているからこう返しました。そしたら「激怒」して僕以外の者に八つ当たりを初めた。

<<下に続く>>

二度と支配される気はない

その八つ当たりの姿を見た他の家族に「ほら、これが正体だよ」と言った。自分よりも弱いと思う相手に嫌がらせをして虐めて相手が返してきたら他に八つ当たり。だから「家族から孤立しても1人になってもオレはもう二度と支配される気はないからね。」と伝えた。

心理的虐待の一種ガスライティングについての詳しい記事

心理的虐待の一種ガスライティングは仕掛けられた側は正気を疑うほど追い詰められる場合があります。それが家庭内で本来愛してほしい対象の親も絡んでいれば尚更ダメージも大きいのです。そんなガスライティングについての詳しい記事が(http://karapaia.com/archives/52233164.html)です。

この記事の11の方法のうち、僕がされてきたことは「11個すべて」です。

苦しかった時期はガスライティングで説明がつく

一時期、僕が右も左も向きづらく、動かそうとするとカクカクなる。常に全身硬直している感じで、異常なほどの震えもあり、常に焦燥感があり、それを絶対に誰にも言えずに理解も出来ず、混乱してきていた頃に起きていたことはガスライティングで説明がつきます。非常に悪質な心理的虐待の一種です。

心が縛られているから、誰かに言ったら次はどんな酷い扱いを受けるか、多分そういうった恐怖からでしょう、誰にも気持ちを言えないのです。誰にも助けを求めることが出来ず、信じてもらえずに「もし、否定されたら俺は相手を○してしまうかもしれない」という感じで精神的にかなり追い詰められていたのだと思います。

1人で病院まで行き、玄関のところでやっぱり無理で引き返したこともありました。「言ってはいけない」それが強く頭に浮かぶのです。当時は、本当に苦しかった。今こうして「苦しかった」と素直に思える自分が大切に思えます。

確かなことを認める力がついた

心理的虐待の一種「ガスライティング」。僕が気づき始めて手口を暴露し「あなたちのやったことはこういうことだ」と家族に伝え出した頃、あの時、親は笑いながら「いい勉強になったろ」と言った。なるほどね。確かに、すごくいい勉強になりました。お陰様で「確かなこと」を認める力がつきました。

「何故」を追求することは本当に大切なことです。「何故」の繰り返しが「本当の自分」に近づく道になります。

子供も「どうして?」と学習をしたがっています。

子供の「なんで?なんで?期」は何歳?子供が「なんで?」「どうして?」と質問攻撃をしてくるときは「学習をしたがっている素敵な時」です。僕は、過去に「学習は恥ずかしい」と勘違いしたことがあるので反省です(笑)

自分が洗脳されていることにも気がつかない

この手口は想像以上に効果を発揮し、誰でもその被害者になる可能性がある。虐待者、独裁者、カルト教団の教祖、サイコパスに、ソシオパス、ナルシストが良く使う手法で、ゆっくり効果を発揮するために被害者は自分が洗脳されていることにも気がつかない。

 

引用元:わざと誤った情報を流し人を混乱に陥れる心理的攻撃「ガスライティング」を仕掛けるひとが使う11の方法 : カラパイア

ガスライティングはレベルの高い虐待者などが使うもの。戦争が好きで賢い虐待者が楽しみながら仕掛ける場合もある。自分が洗脳されていることにも気がつかないのです。「実に巧妙な心理的虐待」なのです。心への攻撃です。黙っていてはいけません。

子供なら対処できるわけがない

やっていないことをやったかのように口達者な仕掛け人によって吹聴されたり、事実に嘘を混ぜて10倍くらいの話になったりして広められて、それらが沢山あると仕掛けられた側が子供なら対処が追いつかずに正気を失う場合もある。悪質な心理的な虐待の一つです。

確認力と徹底力を上げれば打ち勝つことが出来る

こういった悪質な心理的な虐待であるガスライティングを仕掛ける者が例えどれだけ巧妙であっても「嘘つき」だということは間違いないこと。嘘には「確かなことのみ」が有効です。確かなことを認める「確認力」と「徹底力」を上げれば打ち勝つことが出来ます。自分を守るのは自分です。

つまり、ガスライティングを仕掛けられたら、本当に苦しいことだけど「確認力」や「徹底力」を身に付けることが大チャンスでもありますし「本当の自分」を生きる、取り戻すチャンスでもあるのです。

ガスライティングに打ち勝った時の「経験値」はとても大きいです。

嘘をたっぷり使って洗脳してくる心理的虐待の一種ガスライティング。これに打ち勝つと今よりも「確かなこと(本当の自分)」に近づくのです。現実は本当の自分に近づけてくれる矯正の役割だと僕は思っています。

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。