在宅支援をご希望の方へ

対人恐怖症の治し方

対人恐怖症の治し方

人前や、人と会話したりするときに緊張して体の震えが止まらなくなる対人恐怖症の治し方を簡単に説明します。

まず怖いとか何なのか?

あなたが怖かったけど怖くなくなったことを思い出して下さい。

それが怖くなくなった理由は知ったからですよね。

ということは対人恐怖症は人を知らないから怖いのです。

人を知らないから思い込みで怖いと勘違いをしているのです。

対人恐怖症を改善していくには、人とは何なのか?相手の気持ちはどうなのか?

主観ではなく客観視できるようになって人をどんどん知ることが大事なのです。

<<下に続く>>

人を知らないのに知っているつもりだから、怖いと勘違いをしているのです。

自分の勘違いで人を見ていることを認め、新しい価値観を手に入れて、新しい人への見方を身につければ自然と改善していきます。

そこにはアダルトチルドレンやモラルハラスメント、他のことなどが複雑に絡み合いながら苦しんでいるのですが、共通していることは自己肯定感が低いことが原因の一つですので自己肯定感を高めていくことが大事なのです。

どんどん自分を向上させて、自信をつけて、自分を好きになっていきましょう!

対人恐怖症・コミュ障改善メソッド
対人恐怖症改善アドバイザー 藤村祐樹さん自身が対人恐怖症から抜け出すことが出来たモノを元にして作成されたエクササイズプログラムもおすすめです。

あなたを「回復」させて「改善」する方法

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法
これを見た時、僕は思わず興奮してしましました!理由は僕自身、パニック障害、自律神経失調症の根本を探り続けていくことで「蝶形骨」と「脳幹」「大腰筋」へ辿り着いたからです。カラダの歪み、心の歪み、認知の歪み。歪みこそが根の原因であるということ。そしてカラダの歪みの改善。それが脳幹に関係あるから。だから、この方法こそが、今僕が最もおすすめできる改善法です。本気で改善したいと思う人のみお試し下さい。メールサポート1年間たっぷりあります。本気で取り組みましょう! 1年間サポート・全額返金保証付

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    わたしの対処法は『自分が気にしているほど人は何とも思っちゃいない』と自分に言い聞かせることです。実際、わたしは人のことなんて無関心です(笑)

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      良く言われることで一時的な効果はあるかもしれませんね(^^)/深い意味での納得が起きればいいことですよね。

  2. by angemini

    直接この記事と関係ないのですが、絆の方で「洗脳」についての私のコメントへの返信の返信をします(訳分からん笑)

    「認知」と「催眠」を取り違えていました(;^_^A

    「認知行動療法」がうつ病に効果があるのは、知っています。

    わざわざ訂正のコメント、ありがとうございました(m´・ω・`)m

    この記事について。

    私は対人恐怖症ではないのですが、対人恐怖症になるシステム(?)は分かる気がしました。

    私は人間関係に躓いたので、現在、人と深く付き合うことには恐怖を感じています。

    そのために、昔からの友人とすら関係を絶ってしまいました。

    今はそれで気が楽ですが、社会復帰するためには、いつまでもこのままではいけないと分かってはいるんです。

    この恐怖感も、間違った認知になるんでしょうね。

    そして、人間関係に躓いたから自信もない=自己肯定感は低いということになりますよね?

    でも、どこかで「自分も正常な人間関係を築ける」と分かって、自信を持つ=自己肯定感を高めることもしなくては、いけない…。

    何か、堂々巡りをしてる気がします(;´∩`)

    どこかで、自力で現状を打ち破るキッカケがあると、良いのでしょうか…。

    取り留めもない話を長々と、申し訳ありませんでしたm(__)m

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      「認知」と「催眠」を取り違えていたということだったのですね;^^
      了解です^^

      人間関係に躓いたから自信が無いと言うよりは、
      自信がない自己肯定が出来ないことで、人間関係に躓いてしまった…。というほうが正しいような気がします。

      互いに問題が無い場合スムーズな人間関係が出来るものです。
      一方に認知の歪みがあるとぶつかってしまいます。

      angeminiさん自身が、知らず知らず相手を否定してしまう方向に流れているように感じるのですが、
      そういった相手を知らず知らず否定してしまう自分はありませんか?

      そういったものがある場合、そこが修正すると良くなるであろう認知の歪みでしょう。

      本来良く思えるはずの人をマイナスに思ってしまう部分が隠れているのだと思います。
      そこの勘違いを修正すれば、良いかと思います。

      人と深く付き合うことへの恐怖を感じているとのことですが、
      具体的にどのような恐怖でしょうか?

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。