コンビニで意識を失いそうな極度のあがり症が軽減した方法!あがり症のメカニズム!
あがり症の克服には「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が重要!

すぐ怒ってしまう自分は病気?すぐ怒る人は虐待を受けていたかもしれない。

すぐ怒ってしまう自分は病気?すぐ怒る人は虐待を受けていたかもしれない。

すぐ怒ってしまう自分は病気なのか。病気か病気じゃないかを考えるよりも「どうして自分はすぐに怒るのか」について自己理解を深めたほうが良いかもしれませんよ。



怒りは自分を守るための緊急スイッチ

「怒り」は自分を守るための「緊急スイッチ」みたいなものです。これは「脳の扁桃体の暴走」だということがわかっています。つまり怒っている人は実は「被害者」でもあるのです。よく怒る人は自分の被害者性に向き合うことこそが大切なことです。その上で怒り以外の解決法を身に付けることが必要です。

極限まで追い詰められている人

この脳の仕組みである怒りは自分を守るための緊急スイッチのようなものであり脳の扁桃体の暴走だとわかってくると怒っている人って実は「極限まで追い詰められている人」だとわかってきます。そこまで追い詰められる「何か」を見つけて解決出来たら怒りを使う人は怒りを使わない人になっていく。

脳の前頭前野を鍛えることが大切

そして「そこまで追い詰められる『何か』を見つけて解決出来たら」の過程において「脳の前頭前野を鍛える」ことに繋がるのです。脳の前頭前野が鍛えられていくと怒りの原因である扁桃体の暴走を鎮めることが出来るのです。前頭前野は扁桃体に瞬時に介入出来るのです。

僕も前は怒りをよく使っていました。刺激されたり傷つけられたときに怒りで対処するしか方法がわかりませんでした。文章を書き本を読んで毎日有酸素運動をしているうちに脳の前頭前野が活性化してきました。それにより扁桃体の暴走が鎮まってきたので「これは確かな情報だな」と確信もしました。

虐待は脳の前頭前野を萎縮させる

そして「虐待」は「脳の前頭前野を萎縮させる」ことがわかっています。つまり虐待をされた人ほど「怒り」を使ってしまう可能性があるのです。そしてそのまま脳の前頭前野を活性化させ鍛えないとそこを逆手に取られてモラルハラスメントの餌食になることもある。

虐待をされた子は「キレやすい子」になる場合もあります。そのまま大人になれば「反社会的勢力」への道へと入っていく可能性もあります。

だからこそ自分の「被害者性」に向き合って「自分を癒して」いき「自分を成長(脳の前頭前野を鍛えて活性化させる)」が大事なことです。

すぐ怒る人は虐待を受けていたかもしれないのです。虐待と言っても、心理的な虐待もありますし、更に巧妙で悪質な心理的な虐待の一種であるガスライティングを受けていた可能性もないとは言えません。

ガスライティングについては「ガスライティング – Wikipedia」「わざと誤った情報を流し人を混乱に陥れる心理的攻撃「ガスライティング」を仕掛けるひとが使う11の方法 : カラパイア」を読めば理解が深まります。

<<下に続く>>

すぐ怒ってしまう自分を改善するには、自分の被害者性に気づいて、傷を癒して、回復させて、そこから脳の前頭前野を鍛えていくことで改善していけます。

自分で自分を育てて自分の親になる

自分で自分を育てて自分の親になることが必要です。自分を育てるというのは「自分の脳を鍛える」ことと繋がります。特に自分の脳の前頭前野を鍛えることです。脳の前頭前野は「親」のようなもので、扁桃体は「子」のようなものです。

脳の前頭前野を鍛えるために簡単に出来ることは、本を読む、文章を書く、音読をする、有酸素運動を1日30分~60分は行う。なおです。そうやって自分を自分で育てるのです。それが怒ってしまう自分を改善する道です。

自分で調べていくことが大切

人にすぐに聞くということはあまりよくないと思います。成長できないと思います。自分が知りたいことは自分で調べる。今はインターネットがあるから大抵のことはすぐに調べられます。自分が納得いくまで調べていく家庭に成長があります。更にインターネット検索は中高年の脳さえも活性化させます。

http://studyhacker.net/columns/net-brain)の記事を読めば「自分でインターネット検索する」ことが如何に「脳の活性化」において重要かわかります。思っている以上で成長できることなのです。インターネット検索をする。調べる。理解する。文章を書く。良薬でもあります。

特にネット使ったことがあるグループで、脳が活性化していることが明らかになったそう。しかも、活性化したのは「意思決定や論理的思考」を司る部分。

 

引用元:ウェブは本より脳に効く? ウェブ検索が脳を活性化させる理由とは。 | コラム

インターネット検索は脳に良いということがお分かりいただけたかと思います。なので僕は(https://plus-report.net/)というサイトを運営して文章を書くことを勧めているのです。文章を書くことは脳を活性化します。

生涯学習

「生涯学習」と言う言葉がありますが本当に大事なことであり人間らしさを見失わないために重要なことだと痛感したことがあります。学習を放棄すると脳のバランスが崩れる。生活の質の向上に学習は大切なことです。

関連コンテンツ

「成長」「気づき」「回復」に役立つ教材一覧

デイリーパラダイムシフト
「デイリー(毎日)」「パラダイム(物事の見方、視点。)」「シフト(変える事)」でコミュニケーション能力を向上させる方法。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム
1日15分30日の実践で、吃音(どもり)を改善する方法。
『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)
自己肯定感を高め無意識のうちにプラス思考が出来るようになるためのメールトレーニング。
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット
必要な「回復のプロセス」を自己学習し、自分を癒して回復させていくための自己学習キット。
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】
モラルハラスメントの被害をあなた自身で解決することが出来る根本解決のための「自立的」な方法。
感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法。
精神的な弱さを改善する方法 フルパッケージ
ドラクエで最初の街から一歩も出られない主人公…。のようになっていませんか?精神的な弱さを改善するシンプルな方法。
あがり症改善プログラム
あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

言葉のイジメに打ち勝って人生を好転させる方法!
つまらない口げんか、心無い言葉で、あなたの心を蝕む相手に左右されない人生を送るための方法。

阿妻式恋愛眼力トレーニング 運命の人だけに出会う21日間
1日9分・21日間のトレーニングで恋愛眼力が高まり、男運が上昇し、運命の彼を引き寄せる女性へと生まれ変わる方法。
毎日10分で分かる!アドラー心理学 簡単マスターブック「理解する勇気」
アドラー心理学基礎講座「徹底する勇気」
アドラー心理学 完全理解セット【「理解する勇気」+「徹底する勇気」】音声特典付き
他者の言葉の一言一言にすごく傷つく、人の意見におびえている。あなたが、もしこんな悩みを抱えているなら、アドラー心理学を学んでください。

あなたを救うことが出来るのは、
あなた自身です。

あなたが自分の「」になり、
自分がしてほしかったことを
あなた自身にしてあげるのです。

自分の「」になるということ
それは「本当の自分」を取り戻すということ。

1歩ずつ、日々、歩いていきましょう。

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!
もしよろしければ記事を共有して下さい。この記事が誰かのお役に立てることを願って。

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)