コンビニで意識を失いそうな極度のあがり症が軽減した方法!あがり症のメカニズム!
あがり症の克服には「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が重要!

ストーカーの異常な執着や勘違いはこうして作られる

ストーカーの異常な執着や勘違いはこうして作られる



ストーカーも過去の被害者である

ある人を巧妙に傷つける。そして過去に執着させないことを繰りかえすとどうなると思いますか。「ストーカー」を作り上げることも可能です。ストーカーの異常な執着や勘違い。あれが出来上がっていく場合もあるんです。ストーカーも「過去の被害者」です。巧妙な嫌がらせか何かを受けています。

巧妙に傷つけたら傷は出来るけど、どうして傷ついたかわからない。つまり答えがわからない。答えが分からないままだと執着は消えない。それが別のものへの執着に変わっていく。

ストーキング(英:stalking)とは、人につきまとうことを言う。そして、ストーカー(英: stalker)とは、つきまといをする人のことを指している。もともと英語には「stalk ストーク」という動詞があり、これは人や動物を捕えたり害をくわえるために忍び寄ることを指している

 

引用元:ストーカー – Wikipedia

過去への執着の理由を知ることも大切

過去に執着するなという人の言葉は聞かないほうが良い場合もあります。過去に執着するには執着するだけの理由があります。その理由を無視して執着しないようにしても執着するのが当たり前のことです。過去に執着するなというのは過去に悪事を隠ぺいしたままの狡い人間が使うことがある言葉です。過去への執着の理由を知ることも大切だったりします。

「過去を振り返るな!」はふざけている…!?。実は「過去の振り返りが大切」なのです。

過去の振り返りはとてもプラスになることも多いのです。

別のものに執着してしまう可能性

本人がどうしても過去に執着するということは、解決しない過去があったり、何か本人のプラスになる理由があるんです。それを無視して過去に執着させないようにすると、今度は別のものに執着してしまう可能性があります。

それが行き過ぎるとストーカー殺人にまで発展する場合だってあるくらい危険なことです。

<<下に続く>>

僕が過去に関わったことがあるストーカー

僕が過去に関わったことがあるストーカーがいます。中学の時に同じクラスだったらしく(僕は知らなかった)、たまたま路上で「何?何見てるの?」みたいに声をかけたのがキッカケで少しの間関わっていたのですが、その後、ストーカーだとわかりました。そのストーカーの彼が1度だけ飲みに行ったキャバクラの女性に対して付き纏い行為をしていました。

住所も本人から聞いたわけではないのにどうやってか調べ上げてマンションの下をうろついていました。そのことを知らなかった最初に僕はそのストーカーの彼に「送ってほしいところがある」と言われたから車で送ってあげたんです。

待つこと、10分くらいだったかな?マンションから女性と男性が出てきたときに、ストーカーの彼が車から降りていきカッターを持っていて、その女性と男性のほうに向かっていき女性に「お前にはこんな男はふさわしくない!!!」と大声を上げたのです。僕はびっくりして「お前、何言ってんだよ!」みたいに言ったと思います。

つまり後から聞いた話だと、ストーカーの彼はその女性と付き合っているつもりだったそうです。(実際は付き合っていないし、店で接客してもらっただけ)です。大きな勘違いと執着が凄かったのです。

1歩間違えたらストーカーの彼は大きな勘違いと執着から、カッターで一緒にいた男性を切ってしまう可能性もあったのです。

つまり、店で優しく接客してくれた女性に異常な執着が生まれていました。その背景にあると僕が今になって思うのは「親からの愛の代わり」が「店で優しく接客してくれた」と繋げてしまったのだと思います。

このストーカーの彼は家で家族中から心理的な虐待を受けていました。嘲笑され、兄貴と喧嘩させられ、それを楽しむ親。長い間受けていたようです。そして耐えきれなくなり親の前で首を刃物で切ったこともある(助かった)くらい追い詰められていたのです。親の優しさに飢えているのだと思います。それが何か無意識のうちに「親からの愛」のように感じてしまい、貪るように欲しがったのだと思います。それがあの、店で優しく接客してくれた女性への異常なほどの執着だったのだと思われます。

隠蔽された心理的な虐待がストーカーを生み出す

つまり、僕が言いたいのは「隠蔽された心理的な虐待がストーカーを生み出す」可能性があるということです。この「隠蔽された心理的な虐待」に対して謎解きをしていない。だからその分が別の何かへの執着に変わっている。

解決するには「別の何かへの執着」から「過去への執着」へ誘導し、1度過去に執着させると良いと僕は思っている。そして過去の傷を1つ1つ癒していき、本当の自分へと近づけてあげる。そうすれば「別の何かへの執着」は消えてくることに繋げていけるはずです。

関連コンテンツ

「成長」「気づき」「回復」に役立つ教材一覧

デイリーパラダイムシフト
「デイリー(毎日)」「パラダイム(物事の見方、視点。)」「シフト(変える事)」でコミュニケーション能力を向上させる方法。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム
1日15分30日の実践で、吃音(どもり)を改善する方法。
『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)
自己肯定感を高め無意識のうちにプラス思考が出来るようになるためのメールトレーニング。
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット
必要な「回復のプロセス」を自己学習し、自分を癒して回復させていくための自己学習キット。
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】
モラルハラスメントの被害をあなた自身で解決することが出来る根本解決のための「自立的」な方法。
感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法。
精神的な弱さを改善する方法 フルパッケージ
ドラクエで最初の街から一歩も出られない主人公…。のようになっていませんか?精神的な弱さを改善するシンプルな方法。
あがり症改善プログラム
あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

言葉のイジメに打ち勝って人生を好転させる方法!
つまらない口げんか、心無い言葉で、あなたの心を蝕む相手に左右されない人生を送るための方法。

阿妻式恋愛眼力トレーニング 運命の人だけに出会う21日間
1日9分・21日間のトレーニングで恋愛眼力が高まり、男運が上昇し、運命の彼を引き寄せる女性へと生まれ変わる方法。
毎日10分で分かる!アドラー心理学 簡単マスターブック「理解する勇気」
アドラー心理学基礎講座「徹底する勇気」
アドラー心理学 完全理解セット【「理解する勇気」+「徹底する勇気」】音声特典付き
他者の言葉の一言一言にすごく傷つく、人の意見におびえている。あなたが、もしこんな悩みを抱えているなら、アドラー心理学を学んでください。

あなたを救うことが出来るのは、
あなた自身です。

あなたが自分の「」になり、
自分がしてほしかったことを
あなた自身にしてあげるのです。

自分の「」になるということ
それは「本当の自分」を取り戻すということ。

1歩ずつ、日々、歩いていきましょう。

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!
もしよろしければ記事を共有して下さい。この記事が誰かのお役に立てることを願って。

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)