原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

子供の「学習障害」の改善方法。潜在意識(無意識)に「学習が好き」と言う情報を書き込むことが出来れば学習障害は改善できるでしょう。

子供の「学習障害」の改善方法。潜在意識(無意識)に「学習が好き」と言う情報を書き込むことが出来れば学習障害は改善できるでしょう。

子供の「学習障害」の改善方法としてベテラン個別指導塾長の「学習障害なんかに負けない方法」が良いですね。

まず、以下の引用をお読み下さい。

大切なのは子どもの視点。学習障害改善への道筋は、すでに示されています。

「学習障害なんかに負けない方法」のコンセプトは、
大きな3つの柱によって構成されています。
それは「知識」「学習」「行動」です。

引用元:学習障害なんかに負けない方法

こう書かれています。

とても納得出来ます。

これは僕の考えですが「学習障害」は「本人も気づいていないレベルで無意識のうちに学習を嫌がっているもの」だと考えています。つまり、「無意識のうちに学習を嫌がっているもの」が「無意識のうちに学習を好きになる」に変わればいいのです。

そう、潜在意識(無意識)を書き換えてしまうことが必要になるという意味です。潜在意識(無意識)に「学習が好き」と言う情報を書き込むことが出来れば学習障害は改善できるでしょう。

じゃあ、どうやって潜在意識(無意識)に「学習が好き」と言う情報を書き込むのか。その方法で僕が1番だと思っているのが引用ご紹介した「知識」「学習」「行動」です。なので、ベテラン個別指導塾長の「学習障害なんかに負けない方法」を見つけた時には「これはよい方法だ!」と納得が起きたのです。「1番大事なことを教えてくれる方法だ!」と嬉しくなりました。

そして次の引用。

<<下に続く>>

学習障害を改善するには、 まず親が学習障害について正しい理解を持たなくてはなりません。

引用元:学習障害なんかに負けない方法

「理解」は「癒し」になります。親が理解を深めると子供を癒す(改善させる)ことも出来るのです。「学習障害」という1つの壁でもある「障害」を期に、親子で改善に取り組んで「本当の笑顔」を手に入れて見て下さい。

ベテラン個別指導塾長の「学習障害なんかに負けない方法」はDVDを見て学ぶことが出来ます。DVDを見て学んで実践していく、その過程が「知識」「学習」「行動」になり、それが潜在意識(無意識)に「学習が好き」と言う情報を書き込むことにも繋がっていき、その結果、無意識に「学習が好き」と言う情報があるから、自然と学習が障害ではなくなっていくと思います。

ぜひ、この機会を逃さずに子供と共に障害を乗り越えて見て下さい。乗り越えることで大きな経験となり、成長の経験値を手に入れることが出来ます。その真剣な思いと行動がお子さんの心にもきっと残ると思います。

学習障害なんかに負けない方法の詳細

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。