Google検索

今、外見ばかり磨いて表面だけ生き生きしている人は、未来はボロボロで生きる気力のない人間になる可能性は十分あるでしょう。

WHO(世界保健機構)では『うつ病は2020年に総疾病の第2位になる』と予測されています。これは間違いないと私は確信的に思っています。
うつ病は2000年では総疾病の第4位です。

つまり、今元気な人でも、あちこちでうつ病になってしまうと確率が上がると言うことです。

そんなことわかるか!と思いたい方もいるでしょう。

 

だけど、食生活も環境も言葉づかいも、人への関わり方もどんどんいい加減になっている人も増えているのは体感していることと思います。

つまり、毎日毎日、認知の歪みを増やしている人たちが量産されているかのように増え続けているのです。

そして恋人や友達などに次々と認知の歪みが感染していっているのです。

その結果、うつ病も増えていくのです。

 

そしてうつ病に効果的なのが、以下になります。

▼うつ病の治療に成功した認知行動療法
効果は抗うつ薬以上
http://japan-cognitive-therapy.com/lp/index.html

 

認知行動療法がうつ病の治療に成功し効果は抗うつ薬以上なので企業やスポーツの現場でも認知療法の導入が盛んに行われるようになりました。

<<下に続く>>

歪んでいる解釈を合理的な解釈にすること。

 

つまり正しい気づきを出す事なのです。

そう、あなたがこのサイトで素晴らしい気づきによって歪んでいる解釈が正されれば、効果は絶大だと言うことです。

それほど私の書いている記事にも価値があるということなのです。

 

2020年

右を見てはうつ病で苦しむ人…

左を見れば生き生きと明るく自分の個性を出した人☆

 

このような差が出てきて、人は二分化していくでしょう。

 

今、外見ばかり磨いて表面だけ生き生きしている人は、未来はボロボロで生きる気力のない人間になる可能性は十分あるでしょう。

 

内面を磨きましょう!磨くには認知の歪みを修正すれば磨かれます。

 

今だけ楽しんであとで苦しむか、それとも今も未来も楽しく明るく正しく生きるか。

選ぶのは自分です。

 

歪んだ解釈は必ず時間の問題で苦しむ結果になります。

 

認知の歪みを治しましょう^^

 

 

 

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by angemini

    やっぱり、私はなるべくしてうつ病になったんだなぁと、確信しました。

    昔の私は、表面ばかり磨く=他人の価値観で物事を捉えてばかりいる人間でした。

    確固たる「自分」は、いなかったんだろうなぁ…。

    今は、「自己肯定が大切」ということはよく理解しているつもりですが、果たして実行できているかは、まだ自信がありません。

    月2の診察で、「顔付きが明るくなってきている」と医師に言われているので、少しずつは良くなってきているんですかねぇ…。

    今まで他人の目ばかり気にしていたので、実は「自分を肯定する」って、どういう感じなのか、実感ができません。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      診察で、「顔付きが明るくなってきている」と医師に言われているるのは確かな良い変化だと思います^^

      そして2020年うつ病が2020年うつ病は2位になるということは、それだけ苦しむ人が増えると言うことですよね。
      だけど、その頃にはangeminiさんはとっくのまに解決していて、良い解決方法をその時に苦しんでいる人に伝えていけそうですよね(*^_^*)

      自分を肯定するには、まず肯定する対象がどんな状況かイメージしなくていけません。
      私の場合、小学校3年生くらいで自分のインナーチャイルドが止まっていました。
      そこから親や環境にでっち上げの否定の連続を鵜呑みにしてしまったので、自己否定の連続でした。

      ですので自分が自分のインナーチャイルドの親になったつもりで、
      自分の内なる子ども(インナーチャイルド)を育てると、自己肯定感が高まりますよ^^

      自分のインナーチャイルドを知って、自分が楽しく自分を育てようと思っていく感じですね。
      体感すれば楽しさが分かるかと思います。

      そうすると、自分の良さが分かってきますので、どんな否定が来ても楽しくなるものです^^

      根拠のある否定は有難いもので、
      根拠のない否定は相手の妄想なので、相手にしなくて良いのです^^

      angeminiさんだからこそ、伝えられるものっていっぱいありそうですね^^

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。