Google検索

先端恐怖症の無意識的行動

尖端恐怖症(先端恐怖症、せんたんきょうふしょう)とは、ハサミや、鉛筆、針、ナイフ、カッターなど先端が尖った物が視界に入ると、強い精神的動揺が起きて、身体にも一時的な変調をきたす神経症の一種のことです。鋭く尖っていない指やペンなどを向けられても反応してしまう場合もあります。

 

これは、何故先端が怖いか?

ある女性が先端恐怖症で、どのような無意識的な態度をするのか見ていました。

 

そうすると、興味深いことに先端恐怖症の女性自身が、いい気になっている場面で喜んでいるかのように相手に先端を向ける行動をとっていたのです!

おかしい…

先端が怖いはずの人が、何故、他者に先端を向けるのか。

そう、先端で相手に精神的ダメージや、精神的圧迫感などを与えることを目的としている卑劣な行為を持っているから、怖いのです。人は鏡ですから。

この女性は幼少期などに親が食事中に怒りだし、箸を目に向ける行為、食器などを投げつけてきたり、箸やフォークが目に刺さりそうになった事があって怖かったと言っていました。

 

<<下に続く>>

そして『あなたが自分がされたら怖い先端を向けることを、ほら人にもやってるよ?』と言うと

『はっ‥‥!!!』と言う感じで気づきました。

自分が無意識にやっていたことを気づいていなかったようです。

 

そして、親が行っていた先端で相手に精神的ダメージや、精神的圧迫感などを与えることを目的としている卑劣な行為を真似して自分も同じことをしていたのです。

 

自分が実は先端で相手に精神的嫌がらせを同じように人にしているものだから、未だに怖いというわけです。

先端で相手に精神的ダメージや、精神的圧迫感などを与えることを目的としている卑劣な行為だとしっかり認知して、

親から卑劣な行為を受け継ぐことをやめなければいけません。

 

親に依存しているので、親の先端で精神的嫌がらせを受け継がなくてはいかなくなるのですから。

親への精神的依存を捨てることで、先端恐怖症も消えるでしょう。

 

その為に大事なことが自己肯定感を育むこと、認知の歪みを気づきで修正し、行動していくことです。

 

この女性は先端恐怖症が改善する第一歩を掴んだようです。

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 由宇

    私もそうでした!

    でも、やられて嫌なことは、しないように気を付けたら治りました。

    先端恐怖症以外にも効果ありました!

    嫌なことはしない!

    しかし、それに気が付かない人も居るのは、認知の歪みなのでしょうか?

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      素晴らしいですね!^^

      自分がやっていることに気づき、それを修正することで良くなった。
      とても良いことです(*^_^*)

      そうですね。
      自分がまさか嫌なことをしているとも思ってもいない、気づいてもいない。
      なので恐怖症になったり、苦しくなったりするんです。

      気づけば自然と症状がなくなるということもよくあります。

      根深い問題になるほど、気が付きにくいので、
      気づけない人が悪いのではないのです。

      それだけ先祖から受け継がれている、認知の歪みが関係しているので
      大事なことは誰かを叩くことではなく、気づくことを喜ぶことです。

      そういった気づけない人に一日も早く気づいて抜け出してもらうための、きっかけを
      どんどん増やすことが大事だと思うんです。

      由宇さん。気づけて良かったですね^^

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。