在宅支援をご希望の方へ

ネガティブな自分が嫌いなあなた。ネガティブだからと言って自分を嫌う必要はありません。

ネガティブな自分が嫌いなあなた。ネガティブだからと言って自分を嫌う必要はありません。

ネガティブな自分が嫌いなあなたにお伝えしたいこと。それは、ネガティブだからと言って自分を嫌う必要はないということ。自分が自分を嫌いたいのであればそれはあなたの自由です。だけどネガティブのメリットを知ってからでも遅くはありません。

ネガティブなことにフォーカスしやすい人は周りの言葉に左右されて自分を責める必要はありません。自分がネガティブにフォーカスしているのですから何かプラスなことがあるからです。例えばHSPの人。生物の生存戦略としてネガティブなことにフォーカスするそうです。素晴らしい能力ですよね。

HSPは人間だけではなく動物、魚、虫などにもいて、HSPは2割いると研究者や博士によって言われていることです。

エレイン・N・アーロンや他の研究者によると、HSPは人口の約五分の一を占めるという(男女によって偏りは見られない)。

引用元:ハイリー・センシティブ・パーソン – Wikipedia

<<下に続く>>

HSPがいたからこそ、人類は生き延びてこれたのです。まず先に敏感で感受性が高いHSPが危険を察知する。例えば、電磁波については過去よりも今のほうが問題があることがわかってきています。他にも化学物質など。そういったものに敏感になるのもHSPの人です。HSPの人が未然に危険を察知しているのです。これは能力です。HSPに関しては日本は10年遅れているそうです。だから正常なHSPを発達障害と誤診するケースもあるそうです。

生存戦略の為にネガティブのことに無意識のうちにフォーカスする。それは正常な証拠です。自分自身がどうしても気になるのですから、自分の気持ちを大切にしてあげたらいいのです。そうすると、自分がなぜネガティブにフォーカスするのかが分かってきます。答えは自分の中にあるのです。それが分かってきたらきっとネガティブな自分を好きになれますよ。僕もネガティブなことにフォーカスするのですがそんな自分が好きです。

 

あなたを「回復」させて「改善」する方法

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法
これを見た時、僕は思わず興奮してしましました!理由は僕自身、パニック障害、自律神経失調症の根本を探り続けていくことで「蝶形骨」と「脳幹」「大腰筋」へ辿り着いたからです。カラダの歪み、心の歪み、認知の歪み。歪みこそが根の原因であるということ。そしてカラダの歪みの改善。それが脳幹に関係あるから。だから、この方法こそが、今僕が最もおすすめできる改善法です。本気で改善したいと思う人のみお試し下さい。メールサポート1年間たっぷりあります。本気で取り組みましょう! 1年間サポート・全額返金保証付

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。