在宅支援をご希望の方へ

距離感の大切さを知っていますか?健全な距離感( スープの冷めない距離など)をつかめるようになりましょう!

距離感の大切さを知っていますか?健全な距離感( スープの冷めない距離など)をつかめるようになりましょう!

こんばんは菅原です。

あなたは、
「距離感の大切さ」を知っていますか?

この距離感が不健全な場合、
喧嘩や、トラブル、

そして、
「相手を傷つけてしまう」元になります。

特に機能不全家庭で育つと、
健全な距離感がわからなかったりするんですよね。

不健全な距離感しか掴めない人は、
一生、人間関係で悩みます。

人間関係を上手くいかせるには、
「尊重」と「支配しないこと」と
「健全な距離感」が必要です。

親子関係での健全な距離感は
よく「スープの冷めない距離」と言われていますよね。
スープの冷めない距離は徒歩で数分程度の距離だそうです。

徒歩で0分程度の距離は赤ちゃんですよね。
徒歩で30秒の距離は同居している家族ですね。
徒歩で3秒の距離は同じ寝室で寝る夫婦ですね。

つまり、依存しない健全な距離感は
別居しているけどすぐに行けるような距離感ですね。

これは嫌なものを見ないで住む距離感です。
しかし同居していると嫌なものを見てしまうことが増えます。

そして不平不満が溢れ出てきます。
不平不満は「他人に何とかしてもらおう」とする、
自分の依存心から出てくるので相手との問題が、
泥沼化してしまいやすいもの。

<<下に続く>>

だからこそ「距離感」って大切なのです。
自分の問題を他人に背負わせずに、
他人の問題も背負わないこと。

そして「親しき中にも礼儀あり」も大切です。

これがわからないのは、依存です。

覚えておいてください。

距離感について書かれている、
以下の記事も併せて読んでみて下さい。

人間関係で長期間良い関係を続ける事ができるようになる方法!良い関係を長続きさせる為には「距離感」がポイントになってきます。

 

あなたを「回復」させて「改善」する方法

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法
これを見た時、僕は思わず興奮してしましました!理由は僕自身、パニック障害、自律神経失調症の根本を探り続けていくことで「蝶形骨」と「脳幹」「大腰筋」へ辿り着いたからです。カラダの歪み、心の歪み、認知の歪み。歪みこそが根の原因であるということ。そしてカラダの歪みの改善。それが脳幹に関係あるから。だから、この方法こそが、今僕が最もおすすめできる改善法です。本気で改善したいと思う人のみお試し下さい。メールサポート1年間たっぷりあります。本気で取り組みましょう! 1年間サポート・全額返金保証付

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。