Google検索

動物や子どもに八つ当たりする人へ

動物や子どもに八つ当たりする人へ

人は依存するから相手に怒るのである。

依存をやめれば心は楽になるのです。

自分よりも下のものに依存している心に気が付きましょう。

動物や子どもはあなたを傷つけません。

あなたを傷つけた存在は別です。

その存在へ言えないことを正当化する為に自分よりも下のものに理由づけをして怒るのはやめましょう。

<<下に続く>>

下ではなく上に立ち向かっていく勇気を持ちましょう。

上に媚びへつらうと下に八つ当たりをします。

自分は奴隷ですか?

奴隷ではないのなら正しく物事を認識して自分を傷つけた張本人に伝えましょう。

命の使い方を間違えてはいけません。

人間が奴隷心理から抜け出すまで子どもや動物は被害者なのです。

勇気をもって奴隷から抜け出し自己肯定感を育みましょう。

 

 

 

 

 

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by たなか

    わかる気がするよ

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      はい(*^_^*)

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。