在宅支援をご希望の方へ

【認知の歪み】素直な気持ちが言えないことや勘違いでトラブルになる!

【認知の歪み】素直な気持ちが言えないことや勘違いでトラブルになる!

K君(男性)の悩みは、「同棲している彼女であるFさん(女性)が、いつも自分を家に閉じ込めようとしている。車を使おうとすると使わせないようにして嫌がらせしてくるので困っている」という悩みです。

K君(男性)は、自宅で仕事をされて、Fさん(女性)は外仕事なので、朝、Fさん(女性)を送ってあげれば問題ないのですが、送ろうとすると嫌がられるので、朝から気分が悪くなり頻繁に喧嘩をしてしまうとのこと。

互いに相手の気持ちを理解していない事で、本当は全然違うという事がよくあります。

●K君(男性)の意見 
朝、送ったほうが自分も昼間車を使えるから送りたい

●Fさん(女性)の意見 
それが良いのはわかってる。

結論から言うと以下になります。

・素直に本当の気持ちを言えないFさん(女性)

・相手の気持ちを理解することが足りず勘違いして逆の事を言ってしまうK君(男性)

これが原因でした。

K君が「同棲している彼女であるFさん(女性)が、いつも自分を家に閉じ込めようとしている。車を使おうとすると使わせないようにして嫌がらせしてくるので困っている」と、嫌がらせをされていたと思い込んでいたことが実は勘違いで、本当は素直に気持ちを言えないFさん(女性)が、車を家においていくとK君(男性)が自由に行動できるので、自分から離れていくのではないか?という不安があり、幼少期からの感情を抑圧してきた結果、素直に気持ちを表現できなくなっていたことが原因で、互いにすれ違って勘違いをして喧嘩になり、傷つけあっていたのです。

<<下に続く>>

時に、殺し合いにまでなるのではないか?と思うほどの喧嘩もしたそうです。

Fさん(女性)がほしかった言葉、それは「絶対に見捨てないからね」だったのです。しかしK君は「絶対に見捨てないからね」という素直な気持ちを出すと、また漬け込まれるんじゃないかという過去の傷から素直にならず逆の事を言ってしまう事がり「絶対に見捨てないからね」ではなく「お前なんかいつでも消えちゃえ」と言ってしまうとのこと。

本当は、K君(男性)は離れていく気などまったくなく、車があれば昼間のうちに生活に必要なものを買いに行ったりしてFさん(女性)の負担を減らしたい気持ちもあったということです。

このことを知った二人は心から分かりあうことが増えたのです。二人が気付いたことは、とても素晴らしいことですね。マイナスになる前に認知の歪み(勘違い)に気づいてプラスにしたいですね。

理解出来ない事が悪いのではなく、気付けることが素晴らしいのです。互いに相手を思う気持ちがあるのに勘違いで嫌がらせをされていると思ってしまうこともあります。そして理解は癒しになりますね。

喧嘩するほど仲がいいって、このことです!

あなたを「回復」させて「改善」する方法

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法
これを見た時、僕は思わず興奮してしましました!理由は僕自身、パニック障害、自律神経失調症の根本を探り続けていくことで「蝶形骨」と「脳幹」「大腰筋」へ辿り着いたからです。カラダの歪み、心の歪み、認知の歪み。歪みこそが根の原因であるということ。そしてカラダの歪みの改善。それが脳幹に関係あるから。だから、この方法こそが、今僕が最もおすすめできる改善法です。本気で改善したいと思う人のみお試し下さい。メールサポート1年間たっぷりあります。本気で取り組みましょう! 1年間サポート・全額返金保証付

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 16 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    まさに私が育った家族の親そのものです。機能不全家族の典型ですね。子供の認知は見事に歪みました(笑)『心』を育ててもらえる家庭もあれば、人生のスタートが曲がった状態からの人もたくさんいる。

    互いに理解がないと成り立たないですよね。片方だけの理解しかないと、劣等感のあるもう片方の甘えでしかないので。配偶者や子供など被害者が増えるだけなので、幼少期からの親への恨みは早く自分で解決しておかないと悲惨なことになります。

  2. by 名無し

    同棲中、彼に「洗濯物畳みくらいやって!」と怒りました。
    彼いわく「各家庭で畳み方が違うし、女物の服は生地も薄くアイロンの有無が判別出来ないから今まで手を出さなかった」との事。
    ただのずぼらな人だと思っていた事を謝った経験があります。

  3. by ∞ひめくるみ∞

    ちゃんと、話し合いをしたら、物事は解決するのかな?と思いました。

    お互い、自分の事は

    何でもわかる。

    って思ってたのかな?

    話し合いが大切やな

  4. by 名無し

    お互いやはり話し合って尊重してこそ、
    お互いの気持ちをわかりあえると思いました。

  5. by シンジ

    確かにその通り、理解してもらうことは癒しになります。

  6. by 名無し

    私は、あまり嫌がらせをされた記憶がありません。

    多分鈍感なのでしょう。

    ただ、生活支援を行っている障害者の方で別の障害者に嫌がらせをする事があります。

    そんな時、よく話を聞くとちゃんと理由があったりします。

  7. by 名無し

    車を貸す貸さないと表面的な話をしないで、その時の感情に焦点をあてて話せば良いと思います。子供の喧嘩の仲裁に入る時に、喧嘩をしている事に対して怒るのではなくてその時の気持ちを話させ仲直りさせます。

  8. by ゆ

    認知の歪みは、ついついマイナスに捉えがちだったけど、良いところを見つける様になったことかなと思います。

  9. by リッチマン

    認知の歪みって、ちょっと間違うと、とんでもない事になりますね。

    この二人はお互いに理解しあえたから良いけれど。

    何故かケンカ別れした友人がいました。今思うと、お互いの勘違いだったのかな、って思いますね。連絡取ってみようかな…。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      ほんとお互いの勘違いの場合もあるんですけど当事者が一番気づきにくいんですよね。

      離れて客観視すると気づきやすかったりします(^^)

      喧嘩別れした友人とすれ違っていただけで本当はすごく仲良しなのかもですね!

  10. by 由来

    私も束縛します。他の女性が気になるからです。自身がかけていると思います。

  11. by アイコン

    他人の気持ちの理解が自分には欠けています。理解できていないのでしょう。

  12. by かず

    まだじぶんには経験がないですね

  13. by 名無し

    認知の歪みは幼児期の育った環境だったり、人間関係だったりで起こりうるようですが、今回のような場合はお互いに時間を作って話し合えば解決出来る事なので全然問題はないですよね。
    会社の中でのいざこざ…例えば相手が会社の上司だと解決出来ずそれが認知の歪みであるのだと気付ける前に会社に居辛くて止めてしまうケースが多いと思います。

    わたしも似たような問題で取り越し苦労が多いのでなんとか自分で気付けるようになりたいです。

  14. by それでも

    それでも、別れないって事は

    本当に嫌がっていない証

    本当に嫌なら、別れている

    続に言う

    「嫌よ嫌よも好きの内」

    彼女の悪口を言って

    彼女の方が自分に、惚れていると

    被害者幸福を感じているだけだな

    本当は嫌じゃないけどの嫌は

    文句を言いながら付き合う

    本当に嫌は

    何も言わずに消える

    だって、嫌なんだもん

  15. by とらのすけ

    お互いの勘違いを話て、理解しあうことが癒しになるのですね。本当にそう思います。

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。