原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

過去に執着するなら自分の心に従って過去に向き合う事が大事です。向き合う事は痛みを伴いますが過去の意味づけを変えれば心が軽くなる!

過去に執着するなら自分の心に従って過去に向き合う事が大事です。向き合う事は痛みを伴いますが過去の意味づけを変えれば心が軽くなる!

過去に振り返ってもらうと困る人間たちは「過去に振り返るな!」と言う場合があります。「過去に振り返るな!」と言われても、それを決めるのは自分です。自分が必要だと思うのなら過去を振り返りしっかり向き合って下さい。

「未来を見ればいいんだ!」「今を生きればいいんだ!」と言う人もいますし、それが間違ってるわけではありません。しかし、未来を見るために過去に向き合わなくてはいけない場合もあります。キレイごとだけではダメです。

自分が過去に執着するという事は、「執着を手放す方法と悩みの正体」の記事に書いたように、執着の本質に気付いていないから、納得できないし手放せない。だから、自分の心に従って過去に向き合う事が大事です。向き合う事は痛みを伴います。過去に向き合うと痛みを伴うのです。

<<下に続く>>

しかし、向き合って痛みを超え、過去の出来事は消せないけど、過去の記憶は変える事が出来ます。過去の記憶、解釈、意味づけを変えれば、今が変わります。すると自然と過去への執着も消える時が来ます。

 

しかし、過去に振り返ってもらうと困る人間たちは「過去に振り返るな」と言うことがあります。全てではありませんが、ごく一部は過去の悪事が明るみに出ることを恐れて、過去に向き合わせないようにします。

 過去の記憶に縛られて苦しい人は、前に進むために過去の重りに気づいて取り除きましょう!過去に重りをつけたまま進んでも大変なだけです。重りを外すのは未来へ進むことです。

私は自分が執着してしまう過去に向き合うと、ある人にねつ造されていたことに気づきました。その過去に向き合う事はとても苦しかったです。だけど、それを乗り越えると大きな重りと鎖が1つ取れて心が軽くなりました。

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    自分に都合の悪いことは他者にも徹底して起こさせないように仕向けることも。それでまた居所が悪くなると、裏を返したように真逆の言動をする場合もあります。

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。