「もう二度と傷つきたくない」と思うのなら「知る」を増やしてみよう!

「もう二度と傷つきたくない」と思うのなら「知る」を増やしてみよう!

完膚なきまで心を叩きのめされて心が深く傷つくと「もう二度と傷つきたくない」と思うこともあるでしょう。そして傷つくことが怖くなることもあるでしょう。そんな時に大切なことが「知る」ということです。

恐怖が教えてくれていること

恐怖は感情です。感情は何かをメッセージとして伝えてくれているものです。恐怖感情が教えてくれていること、それが「知るべきこと」なのです。恐怖が酷くなってきているということは「知るべきことがあるよ!」と教えてくれているのです。

恐怖は、自分が進むべき道へと進んでいき、そこで未知の領域に足(心)を踏み入れたときにお知らせしてくれるものです。つまり、安全のために恐怖感情が「知るべきことがあるよ!」とメッセージを送ってくれているのです。感情は本当の自分のもの。その感情を無視するということは本当の自分から離れていくということです。

ですから、恐怖を減らしていく方法である「サヨナラ・モンスター」は「恐怖克服」と「本当の自分の感情に気づく」ことがセットなのです。

恐怖が教えようとしてくれていることに気づき、そして知り尽くしていくと恐怖は役目を終えたかのように減っていきます。

「もう二度と傷つきたくない」と思う深い心の傷が癒えてきた方法

僕自身、「もう二度と傷つきたくない」と強く思うほどの心の傷が癒えた方法があります。それは「恐怖対象を明確にして知る努力をした」こと。それだけじゃ恐怖は減りませんでした。サヨナラ・モンスターでお伝えしていることが複合的に機能して減っていきました。「恐怖」や「傷」は「知るべきことがある」と教えてくれていたのです。

深い心の傷には、傷を核としてたくさんの感情が纏まっています。それらの感情を理(物事の道筋)をもって解く(感情に浸り切る、感じ切る、手放す)と、未処理の感情が消化します。そして最後に真の深い傷に到達してその傷が癒えたら自分らしさで溢れている能力が1つ手に入ることもわかりました。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
「もう二度と傷つきたくない」と思うのなら「知る」を増やしてみよう!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
「もう二度と傷つきたくない」と思うのなら「知る」を増やしてみよう!

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)