「書くこと」には、「カタルシス効果」があります。

「書くこと」には、「カタルシス効果」があります。

自信をつける方法は色々ありますが、1つ、ご紹介したいなと思います。それは、「依頼を受けて記事を書く」ということ。小さなサイトですが、僕が運営しているサイト(https://plus-report.net)の会員様は、「自信がだんだんとついてくる」と仰っていました。次のRTをご覧下さい。

 

僕自身も、「依頼を受けて記事を書く」というお仕事をしたことがあり、責任をもって納品し、約束を守り、問題個所を修正したり、そして、心も整ってきて、知らないことを知ることで、自信に繋がりプラスになったことがあります。こういった方法で自信をつけるのも、良いなと思ってます。

「心理学研究でわかった「定期的に文章を書く」ことの効用(https://www.lifehacker.jp/2016/08/160814writing_effect1.html)」に書いてあるよう、「書くこと」には、様々なプラス効果があります。

僕自身、13歳くらいで勉強を放棄してしまったので、以後、「書くこと」が全くなくなり、更に、かなりの薬物依存に陥ったので、心が、酷く混乱していました。やめてからも、「支離滅裂」な文章しか書けなかったのですが、「書くこと」で、色々と良いほうに変わってきました。

なので、「書くこと」は、「心理学の研究」からも、”素晴らしい効果がある”とわかっていることなので、おすすめです。「書くこと」を取り入れた生活は、「カタルシス効果」によって、「心の浄化」に繋がっていきます。サヨナラ・モンスターが効果的なのも、このカタルシス効果を狙っているからです。

 

 

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)