さっき、虹が出ていた。心に変化が起こってきたとき、心に変化が起こる前などに、虹をよく見る。

さっき、虹が出ていた。心に変化が起こってきたとき、心に変化が起こる前などに、虹をよく見る。

さっき、虹が出ていた。心に変化が起こってきたとき、心に変化が起こる前などに、虹をよく見る。18歳の時もそうだった。とある施設で虹が出た時に先生が、「お前たちと離れても、お前たちが良くなっていくことをずっと願ってる。虹を見た時に思い出してな」と言っていた。

さっき急に雨が降ってきて、晴れて、虹が出た。そして虹はすぐ消えた。虹は、心の成長の過程を表しているような感じがする。深い苦しみ、悲しみ、それを超えた後に、感謝や喜びなどがあるように。全体を通して1セットだとわかると、傷ついた過去も、あれで良かったと思える。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)