多分、僕も「脳過敏症候群」だと思う。慢性的に頭重感があり、聴覚からの刺激で、頭鳴も時々ある。本を読んでみよう。

新型頭痛「脳過敏症候群」の恐ろしさ。慢性頭痛の最終形!?|MYLOHAS

上記の記事によると、脳の異常な興奮が、色々な頭痛(緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛など)を招いているという。

頭痛は消える。清水 俊彦(著)
https://amzn.to/2ZdoOHD

脳は悲鳴を上げている 頭痛、めまい、耳鳴り、不眠は「脳過敏症候群」が原因だった!? (講談社+α新書)清水 俊彦(著)
https://amzn.to/2N7PKpw

2冊、読んでみることにしました。

清水俊彦先生
https://medical.jiji.com/doctor/1473

脳過敏症候群の状態になると、頭痛以外の症状ではせみが頭の中に何十匹もいるようなひどい耳鳴り(頭鳴)、めまい、頭が重い感じが続く、

引用元(https://mylohas.net/2019/06/192917_sp_headache_new01.html)

多分、僕も「脳過敏症候群」だと思う。慢性的に頭重感があり、聴覚からの刺激で、頭鳴も時々ある。本を読んでみよう。

「脳過敏症候群」は、実は天才に多いと言われている。だけど、僕は天才じゃない、どちらかと言うと馬鹿だ(笑)(https://news.ameba.jp/entry/20151104-900)によると、夏目漱石、芥川龍之介、樋口一葉、モーツァルト、ベートーベンなども、脳過敏症候群を持っていたであろうと言われている。脳を使い過ぎたのかも。

僕の場合は、中卒で、小学生で勉強を放棄し、そこから薬物依存の期間もあり、自分なりに勉強を始めたのが今から7~8年前です。ですので、弱っているところに無理して詰め込んだの脳に負荷をかけすぎたのかもしれない。もう少し、脳を労わっていこうと思います。

あなたも、頭の疲れを感じている場合、脳を休めてあげてください。

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)

最新情報をチェックしよう!