多分、僕も「脳過敏症候群」だと思う。慢性的に頭重感があり、聴覚からの刺激で、頭鳴も時々ある。本を読んでみよう。

多分、僕も「脳過敏症候群」だと思う。慢性的に頭重感があり、聴覚からの刺激で、頭鳴も時々ある。本を読んでみよう。

新型頭痛「脳過敏症候群」の恐ろしさ。慢性頭痛の最終形!?|MYLOHAS

上記の記事によると、脳の異常な興奮が、色々な頭痛(緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛など)を招いているという。

頭痛は消える。清水 俊彦(著)
https://amzn.to/2ZdoOHD

脳は悲鳴を上げている 頭痛、めまい、耳鳴り、不眠は「脳過敏症候群」が原因だった!? (講談社+α新書)清水 俊彦(著)
https://amzn.to/2N7PKpw

2冊、読んでみることにしました。

清水俊彦先生
https://medical.jiji.com/doctor/1473

脳過敏症候群の状態になると、頭痛以外の症状ではせみが頭の中に何十匹もいるようなひどい耳鳴り(頭鳴)、めまい、頭が重い感じが続く、

引用元(https://mylohas.net/2019/06/192917_sp_headache_new01.html)

多分、僕も「脳過敏症候群」だと思う。慢性的に頭重感があり、聴覚からの刺激で、頭鳴も時々ある。本を読んでみよう。

「脳過敏症候群」は、実は天才に多いと言われている。だけど、僕は天才じゃない、どちらかと言うと馬鹿だ(笑)(https://news.ameba.jp/entry/20151104-900)によると、夏目漱石、芥川龍之介、樋口一葉、モーツァルト、ベートーベンなども、脳過敏症候群を持っていたであろうと言われている。脳を使い過ぎたのかも。

僕の場合は、中卒で、小学生で勉強を放棄し、そこから薬物依存の期間もあり、自分なりに勉強を始めたのが今から7~8年前です。ですので、弱っているところに無理して詰め込んだの脳に負荷をかけすぎたのかもしれない。もう少し、脳を労わっていこうと思います。

あなたも、頭の疲れを感じている場合、脳を休めてあげてください。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)