恐怖を減らすには恐怖を書き出せばよい

恐怖を減らすには恐怖を書き出せばよい

僕は、恐怖対象に対して「知り尽くす」ことをしてみました。その結果、極度の恐怖が大幅に減りました。

恐怖はこうして減っていく

恐怖から逃げると恐怖はますます大きくなり、恐怖に入っていくと恐怖は小さくなります。

何故なら恐怖感情は自分の味方で、大切なことを教えようとしてくれている感情だからです。恐怖を書き出せば良いのです。書くことは、知ることにも繋がり、知ることで恐怖が減ることにも繋がり、癒しに繋がっていきます。

ただ、恐怖に向き合うことは、痛みを伴う場合があります。僕自身も恐怖に向き合うことで心が痛みました。だけど心を変えていくにはその痛みは必要な痛みでした。過去の恐怖に向き合ってよかったなと思っています。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿一覧

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)