特別を求め優越したがるには対象が必要!「特別」は、誰かを傷つけることがある。

ありのままの自分を受け入れてもらったことがなく育ち、親兄弟の望む「特別な人間」になろうと必死だった。そして、どんどん苦しくなっていき、自分の道から大きく外れ、恐怖も緊張も酷くなった。そこから「そのままでいいんだよ」と自分に声をかけることが出来るようになると、心は軽くなっていった。

大切なことは「特別」ではなく「普通」だということがわかった。勇気がないから「特別」を求めてしまう。本当に勇気ある人たちは「普通」でいることが出来る。そして、その普通の中に、素晴らしいことがたくさんあることに気づいている。普通でいる勇気、それが大切だと思うようになった。

子供の頃は、「特別」であろうとして悪いこともした。人が驚くようなこともしてみた。だけど、自分や他人を傷つける結果になったものばかり。「特別」は、支配者にとって都合の良い存在であり、誰かを下にしてしまったり傷つけてしまうことがある。特別を求め、優越したがるには、対象が必要だから。

他よりすぐれていること。他より大きな権限を持つこと。

引用元:優越(ユウエツ)とは – コトバンク

特別を求めて優越するということは、「他より」優れなければいけない。つまり、「他の人」が劣っている必要がある。「特別であろうとする人」は「劣っている人」に依存している。そして劣っている人を創ろうとし、ダメ出しをしたり、劣等感を植え付けたりすることもある。

上とか下とか、優越するとか、劣っているとか、このような縦の世界よりも、普通でいる勇気を持って、自分の心を「横の世界」に置いたほうがいいなと思うようになった。縦の世界は支配の世界、横の世界は尊重の世界。普通でいることは、相手を上にも下にもせず、尊重することだと思う。

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)

最新情報をチェックしよう!