特別を求め優越したがるには対象が必要!「特別」は、誰かを傷つけることがある。

特別を求め優越したがるには対象が必要!「特別」は、誰かを傷つけることがある。

ありのままの自分を受け入れてもらったことがなく育ち、親兄弟の望む「特別な人間」になろうと必死だった。そして、どんどん苦しくなっていき、自分の道から大きく外れ、恐怖も緊張も酷くなった。そこから「そのままでいいんだよ」と自分に声をかけることが出来るようになると、心は軽くなっていった。

大切なことは「特別」ではなく「普通」だということがわかった。勇気がないから「特別」を求めてしまう。本当に勇気ある人たちは「普通」でいることが出来る。そして、その普通の中に、素晴らしいことがたくさんあることに気づいている。普通でいる勇気、それが大切だと思うようになった。

子供の頃は、「特別」であろうとして悪いこともした。人が驚くようなこともしてみた。だけど、自分や他人を傷つける結果になったものばかり。「特別」は、支配者にとって都合の良い存在であり、誰かを下にしてしまったり傷つけてしまうことがある。特別を求め、優越したがるには、対象が必要だから。

他よりすぐれていること。他より大きな権限を持つこと。

引用元:優越(ユウエツ)とは – コトバンク

特別を求めて優越するということは、「他より」優れなければいけない。つまり、「他の人」が劣っている必要がある。「特別であろうとする人」は「劣っている人」に依存している。そして劣っている人を創ろうとし、ダメ出しをしたり、劣等感を植え付けたりすることもある。

上とか下とか、優越するとか、劣っているとか、このような縦の世界よりも、普通でいる勇気を持って、自分の心を「横の世界」に置いたほうがいいなと思うようになった。縦の世界は支配の世界、横の世界は尊重の世界。普通でいることは、相手を上にも下にもせず、尊重することだと思う。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
特別を求め優越したがるには対象が必要!「特別」は、誰かを傷つけることがある。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
特別を求め優越したがるには対象が必要!「特別」は、誰かを傷つけることがある。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)