自分で自分を幸せにするという責任

URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。


精神的な嫌がらせであるモラルハラスメント。この加害者は、「嫌がらせ」で相手を「嫌な気持ち」にさせようと尽力する。何故、そこまでしつこいか。それは相手の嫌な気持ちが自分のエネルギーになるから(精神の吸血鬼)。「他人の不幸は蜜の味」になっているのです。

人間なら誰しも、大なり小なり、「他人の不幸は蜜の味」に感じることがある。しかし、これが行き過ぎると、強いシャーデンフロイデ(他人の不幸が快感)の感情を抱くことになり、そこから生まれる「行動」は「自分の手を汚さずに他人を引きずりおろす等」で、世間では「サイコパス」と言われる。強力。

そして、この「シャーデンフロイデ(他人の不幸が快感)」を「悪」と言っているのではありません。これも、社会にとっては役立っている部分もあるので善悪の判断は不要なのです。要は、自分の中に「シャーデンフロイデ(他人の不幸が快感)」があり、自分が変えたいと思うのなら変えればいい。

支配せず、支配させず。「責任」を持つようになった分だけ「自由」になっていける。責任を持てるようになると、何処にサイコパスがいようが、何処に加害者がいようが、あまり気にならなくなっていく。何故なら、自分が支配しない分だけ、相手からも支配されなくなるから。最も重要なことの1つ。

心の管理者とは、「自分の心が、よい状態であるために気を配って、自分の心が更によい状態になるために必要な手段を使っていける者のこと」です。大事なことは、「自分の心の管理者」になること。管理者には管理者責任がついてくる。自分で自分を幸せにするという責任が。

大切なことは、楽しく「責任」を持つということ。自分を生きれば、責任は重苦しいものではなく、楽しいものになる。だって、それが「自由」に繋がっているのだから。

未処理未消化の感情を見つけて感じきることも、自分の心がより良くなるためのことだから、心の管理者に近づくための1歩。自分の表現をすることも心の管理者に近づくための1歩。社会生活を楽しみ、自立し、責任をもって自由になることも、恋愛をすることも、心の管理者に近づいていること(過程)。

「他人の不幸は蜜の味」になっているモラルハラスメントの加害者が、もし改心して、「他人の幸せは蜜の味」になったら、どれほどすごい力になるのか。水面下から、気づかれないように「喜ばせ」をするようになると思う。人には色々な「役割」がある。自分の役割を明確にすることも大事。

 

 

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)

最新情報をチェックしよう!