「思考」「行動」「感情」は繋がっています。

「思考」「行動」「感情」は繋がっています。

誰でも、プラス思考になったり、
マイナス思考になったりしますよね。

私も、同じです。

そしてバランスを崩して、
偏りすぎたマイナス思考になると、

毎日、マイナス思考の
負のループにはまってしまいます。

そうすると、どんどん自信がなくなり
苦しくなっていきます。

そんなバランスを崩した状態から
脱出してプラス思考になるには、

トレーニングが大事です。

「プラス思考トレーニング」(120日連続メール)

プラス思考トレーニングは、
自己肯定感を高めるトレーニングです。

自分の「言葉」「行動」を一致させるので、
徐々に自分を肯定できるようになるんですよ!

無理やりプラス思考にするものではなく、
やっているうちにプラス思考になれる
簡単なトレーニングです。

既に多くの方がトレーニングを行っていますが、
私のご紹介からプラス思考トレーニングをされている方は、

無料メールサポートも行っていますので、
お気軽にメールをしてくださいね(^^♪

プラス思考トレーニングを
しようと思っても体が動かない…

こんな時は、しなくてもいいですし、

逆に、苦痛ではないのなら体を動かしてしまえば、
気づいたらプラスな気持ちになっていることだってあります。

そうやって自分で自分をコントロールすることが大切です。

「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ」

ウィリアム・ジェームズ (アメリカの心理学者・哲学者)

大事なことは、これです!

「思考」「行動」「感情」は繋がっています。

「感情」は解釈の結果、作られるので、どんな解釈をするかが大事です。

そして、「プラスな思考」をして、
「プラスな行動」をする。

すると集中しているといつの間にか
「プラスな感情」がしっかり生まれます!

これを習慣にしてしまえば、
あなたも立派な自然なプラス思考の持ち主ということです!

それでは長くなってしまいましたが、
お読みいただきありがとうございました。

また、役立つ情報を配信しますね!

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)