→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

実践的電子書籍「DVされる側は、相手の怒りスイッチを押しているのに気づいていない: 無意識の暴力が生む悲劇〜心のスイッチに気づくためのガイド」を読むことのメリット

自立(自責・加害者意識)
菅原隆志
菅原隆志

争いや悲劇が減ることを願って書きました。

DV(ドメスティックバイオレンス)やモラルハラスメントの問題に直面している方、またはその周囲の方にとって、相手の怒りスイッチを無意識に押してしまうことがどれほど深刻な問題かを理解することは非常に重要です。今回、AmazonのKindleストアで出版された実践的電子書籍「DVされる側は、相手の怒りスイッチを押しているのに気づいていない: 無意識の暴力が生む悲劇〜心のスイッチに気づくためのガイド」は、この問題に特化した非常に有用なガイドです。

メリット1: 問題の理解を深める

この書籍は、DVやモラルハラスメントがどのように発生するのか、その背景にある心理的メカニズムを詳細に解説しています。読者は、自分や他人がどのようにして怒りのスイッチを押してしまうのかを理解し、それがどのように暴力や虐待行為に繋がるのかを学ぶことができます。ガスライティングやダブルバインドといった心理操作の具体的な手口についても触れており、これに対する対処法も示されています。

メリット2: 自己認識の向上

本書には、自己認識を深めるためのセルフチェックリストや具体的な6ステップの自己観察方法が含まれています。これにより、読者は自分の行動や言動を客観的に見つめ直し、他者に与える影響を理解する手助けを得ることができます。自分が無意識に相手の怒りスイッチを押していないか、日常的にチェックすることで、健全な対人関係を築くための第一歩を踏み出せます。

メリット3: 実践的な解決策の提供

この電子書籍は、理論だけでなく実践的な解決策も豊富に提供しています。具体的なケーススタディを通じて、DVやモラルハラスメントの被害者がどのような状況に置かれ、どのように対処すべきかを学ぶことができます。さらに、リソースとサポート情報も充実しており、DVやモラルハラスメントの被害者がどこに相談し、どのようなサポートを受けられるかも分かります。

知らないままでいるリスク

この問題を知らないままでいると、無意識のうちに相手の怒りスイッチを押し続け、関係が悪化していくリスクが高まります。以下はその具体的なリスクです。

  1. 関係の破綻: 怒りのスイッチを押し続けることで、相手との関係が深刻に悪化し、最終的には破綻する可能性があります。これは、個人的な関係だけでなく、職場や友人関係にも影響を与えます。
  2. 精神的健康への影響: 自分や相手が精神的に追い詰められ、ストレスや不安、うつ病などの精神的健康問題を引き起こすリスクが高まります。特に、ガスライティングのような心理的虐待は、被害者の自己評価や現実認識を著しく損ない、深刻な心理的ダメージを与えることがあります。
  3. 暴力のエスカレーション: 怒りのスイッチが頻繁に押されることで、相手の怒りが爆発し、暴力行為に発展するリスクもあります。これは被害者自身の安全にも直結する問題です。

読むことのメリットのまとめ

実践的電子書籍「DVされる側は、相手の怒りスイッチを押しているのに気づいていない: 無意識の暴力が生む悲劇〜心のスイッチに気づくためのガイド」を読むことで、DVやモラルハラスメントの問題に対する深い理解と具体的な解決策を得ることができます。自己認識を高め、無意識の行動を見直すことで、より健全な対人関係を築き、自分と相手の精神的健康を守ることができます。この貴重なガイドを手に取ることで、日常生活における人間関係の質を向上させる一助となるでしょう。

ぜひ、AmazonのKindleストアでこの電子書籍を手に取り、あなた自身と周囲の人々のために役立ててください。

押す方が悪いのか、それとも持っている方が悪いのか?

怒りスイッチに関して、「押す方が悪いのか、それとも持っている方が悪いのか?」という問いには、単純な答えはありません。これは複雑な問題であり、以下のポイントを考慮する必要があります。

1. 怒りスイッチを押す側の責任

怒りスイッチを押す行為には、相手の感情や心理的状態を無視して無神経な言動を取ることが含まれます。これには意図的に相手を傷つけようとする場合と、無意識的に行っている場合があります。意図的に押す場合は、相手を操作しようとする意図が明確であり、これは明らかに非難されるべき行為です。無意識に押してしまう場合でも、自分の行動が他者にどのような影響を与えるかを意識し、改善しようとする努力が求められます。

2. 怒りスイッチを持っている側の責任

一方で、怒りのスイッチを持っている側にも、自己認識と感情の管理が求められます。怒りは自然な感情ですが、過剰な怒りや頻繁な怒りの爆発は、内在する未解決の問題やトラウマに起因することがあります。自己認識を深め、必要に応じて専門家の支援を受けることで、怒りのトリガーを理解し、適切に対処することが可能です。

3. 相互理解とコミュニケーションの重要性

両者の間に健康なコミュニケーションが存在することが重要です。相手の感情や状況を理解し尊重すること、そして自己の感情を適切に表現することが求められます。相互の理解と尊重があれば、怒りスイッチが押されることは減少し、健全な対人関係を築くことができます。

4. 適切な対処法

  • 押す側の対処法:他者の感情や限界を尊重し、攻撃的な言動を避ける。セルフチェックリストを使用して自己評価を行う。
  • 持つ側の対処法:自己認識を深め、感情の管理方法を学ぶ。カウンセリングや心理療法を受けることで、トリガーに対する理解を深める。

結論

怒りスイッチの問題は、一方が悪いと単純に決めつけられるものではありません。重要なのは、両者が自己認識を高め、互いの感情や状況を理解し、適切に対処することです。このプロセスを通じて、双方がより健全な関係を築き、互いの精神的健康を守ることができます。

終わりに

”暴力は暴力を生むだけだ。”
ジョン・レノン

この通りです。心理的な虐待や精神的暴力も暴力を生みます。更に細部の心理操作系ガスライティングも暴力を生み出す。そろそろ細部の心理的な暴力にも光を照らして本当の解決をしないといけません。解決しないと殺人や暴力事件が増えるだけです。

”非暴力の情熱をもつ人は、家庭でも職場でも、近所づきあいや会合の席でも、さらには敵と向き合うときにもそれを示すのである。”
マハトマ・ガンジー(法律家)

怒っている人に対し「あいつが悪い!」という視点だけではなく「相手は何に傷ついたんだろう」と気づくだけでも、暴力は予防できます。

”暴力が障害物を速やかに一掃してしまうことはある。しかし、暴力そのものが創造的であると証明されたことは一度もない。”
アルベルト・アインシュタイン(科学者)

「障害物」の中には、心理操作やガスライティングといった形態の障害も含まれ得ます。

つまり、ガスライティングをするから、相手の怒りのスイッチを押して、相手から暴力で反撃される、、、というケースもあるのです。しかしそれに気づいていない人たちが多いのです。無知、無理解は不幸を生み出します。加害を認識し自覚することで反撃の暴力を止めることができます。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。