菅原隆志
AUTHOR

菅原隆志

機能不全家庭で育ち、自分の心が何故苦しいのかわからず、考えないようにして生きていました。そして、ますます苦しくなり、恐怖も酷くなり、心は限界…、そこから「本当の自分の感情」に向き合うことを始めました。本当の自分の感情を取り戻すことが心を軽くしていくことだと確信し、文章を通して色々な情報を発信しています。

  • 2019年7月20日

認知の歪みが治らない?僕はこれで変化した

アダルトチルドレン人が育った機能不全家庭は、文字通り家庭や家族としての機能が不全です。つまり、子供が育つ土壌がしっかりしていない、だから認知の歪みも多く、マイナスに解釈してしまうことも多い。マイナスな解釈はマイナス感情を創ります。マイナス感情が増えす […]

  • 2019年7月18日
  • 2019年7月18日

「れいわ新選組」が嫌いになった理由

「れいわ新選組って何か良さそうだな」と思っていたのですが、嫌いになりました。 その理由ですが、まず、少し前にSNSで「デマ流し」をする者がいたんです。 で、そのデマ流しをしている者の手口は、「すり替え」をします。 最初に、わけのわからない他人の事件の […]

  • 2019年7月17日
  • 2019年7月17日

名誉を傷つけることを好むネットストーカーに反応してはいけない!

名誉を傷つけることを好む「ネットストーカー」に反応してはいけません。反応するほど付き纏われることになります。 ストーカーは名誉を傷つけることを好む 加害者の中には「ストーカー」もいて、ネットでは「ネットストーカー」となり、SNS等で、全く面識のない相 […]

  • 2019年7月17日
  • 2019年7月18日

殺人事件の55%が「親族間殺人」なのは家庭が機能していないから

こんにちは菅原です。 今日は「認知の歪み」についてです。 認知の歪みは、 うつ病の認知療法の創始者、 アメリカの医学者・精神科医である、 アーロン・ベックが基礎を築きました。 この認知の歪みが強いと、 心身の病気へと繋がっていきます。 病気だけではな […]

  • 2019年7月14日
  • 2019年7月14日

あなたはあなたを大切にしてあげて下さい。自分のために生きていいんです。

さっきツイートしたことですが、記事投稿もしておきます。 自分を大切にして「幸せ」を感じて下さい 大切なことは、自分が「幸せ」を感じることです。幸せを感じている人の「思考」「感情」「行動」は、他の人にも良い意味で影響を与えていく(幸せの連鎖)。自分で自 […]

  • 2019年7月13日
  • 2019年7月13日

この「善玉菌サプリ(医療レベル)」は本当だった!6日後から快便に! たくさんの医師から評価をもらっているメーカーのサプリ

こんにちは、菅原です。 腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌、 日和見菌でバランスを保っています。 善玉菌が減ってしまうと、悪玉菌が増えて、 それまで大人しかった日和見菌が、 悪玉菌と組んで暴走します。 暴走すると日和見菌は 悪玉菌を応援し悪玉菌が毒素を発生さ […]

  • 2019年7月12日

自分を助けるのは自分しかいない!「離れる勇気」「逃げる勇気」を持つことも大切!

昨日、ツイッターのほうで、 以下の文章をツイートしました。 1、支配に気づく 2、支配から離れる 3、洗脳を解く 4、本当の自分の感情を取り戻す 5、責任をもって自由になる 簡単に言うと、このようなプロセスが大切です。 「離れる勇気」「逃げる勇気」を […]

  • 2019年7月10日
  • 2019年7月11日

無駄な我慢は「心」や「身体」に「毒」です!我慢より「自分優先」が大切!

今日は、ふと「我慢」について思ったことがあるので、そのことを書いておきます。 人は「我慢」するために生まれてきたわけではありません。無駄な我慢は「心」や「身体」に「毒」となります。そのまま親になれば「毒親」になってしまう可能性があります。毒親は「我慢 […]

  • 2019年7月6日
  • 2019年7月6日

この世界を変えようとする必要はない。そして全てを認めることが自分の心を楽にしてくれる。

以前、サヨナラ・モンスターに対し、デマ流しを行っていた者がいた件ですが、相手は、虚偽ツイートを削除していました。僕としては「虚偽内容の文章が削除された」ので、これ以上文句はありません。ですので、これ以上、争う必要はありませんので弁護士さんへのご依頼は […]

  • 2019年7月3日
  • 2019年7月3日

過去の出来事や物事に対して「肯定的な意味づけ」が出来るようになってくると心が楽になる!

過去の出来事や、物事に対して「肯定的な意味づけ」が出来るようになってくると、心が楽になってきます。機能不全家庭で育ったことさえも、肯定的な意味づけをすることは可能です。それまで自分の「思い込み」の外に出て、新しい視点を見つければよいのです。「肯定的な […]