CATEGORY

いじめ・虐待

  • 2018年10月7日
  • 2018年10月7日

自分の成長を阻害する心理的な虐待者になることは悲しいことだ。

「成長したい」「変わりたい」を無くしたら飼い慣らされた思考停止の廃人になってしまうかもしれない。人は成長して変化し続けるから飽きずに楽しく人生を全う出来る。成長も変化も無いのは死ぬまで同じ服を着るようなもの。心の中の小さな自分に成長や変化を与えないの […]

  • 2017年10月7日
  • 2017年10月8日

虐待は「虐待者を悪い」と言っているだけでは何の解決にもならない。大事なことは「虐待やいじめをゼロにしようとする」のではなく「虐待やいじめが起こる心理的なゲージの中から脱出すること」です。

誰も、この世界から虐待やいじめをゼロにすることが出来ません。この世界中の誰であってもです。それは歴史が証明していますよね。大事なことは「虐待やいじめをゼロにしようとする」のではなく「虐待やいじめが起こる心理的なゲージの中から脱出すること」です。この脱 […]

  • 2017年3月23日
  • 2017年4月6日

衝撃!虐待で脳が傷つく!虐待者へ。お前は誰に怯えているんだ?その恐怖を誤魔化すために、大事な罪のない子供に、酷いことをしているとわかっているのか?

虐待で脳が傷つくことが明らかになっています。体罰や暴言を推奨するような者は虐待者の考え方です。これは許されない行為です。 まず、以下の朝日新聞出版からの引用文をお読み下さい。 幼少期に虐待を受けた経験のある人とない人を対象に、知能検査と磁気共鳴断層撮 […]

  • 2016年5月1日
  • 2019年3月23日

騙される前に気づけ!平気で嘘をつく人たち!「空想虚言者」の「虚言」から生み出される「本当の虐待」もある!「虚言」も現実化していく力がある!

あなたは「虚言」から生み出される「本当の虐待」を知っていますか。 最初に、以下の引用文を読んでみて下さい。 例えば一人の人間が、ありもしない虐待をでっち上げ、それを周囲に話してまわる事で虚言が一人歩きし増幅し怒りを生み出し、それが本当の虐待を生み出し […]

  • 2016年1月21日
  • 2017年9月8日

「妬み」が強い人は「被害者意識」が強く「加害者を必要」とする場合がある!

「自尊心を傷つけ、傷ついた人が自分の価値を低く評価し、 セルフイメージを下げる」ように誘導する嫌がらせをする人の原動力は「妬み」です。そして「被害者意識」が強く「捏造」してくる場合があるので、しっかりと距離感をとることも大事です。 何故なら「被害者意 […]

  • 2015年12月7日
  • 2017年4月6日

匿名掲示板の嫌がらせ・人権侵害…。本当に「気にしなければいい」で済みますか?いいえ違います。気にしていいのです。

他人への中傷や侮蔑、無責任なうわさ、特定の個人のプライバシーに関する情報の無断掲示、差別的な書き込み 引用元:法務省:インターネットを悪用した人権侵害をなくしましょう 2ちゃんねるなどでは人権侵害とも言える書き込みが平気で行われています。 そして「気 […]

  • 2015年7月18日
  • 2018年10月18日

【言葉のいじめ対処法】言葉のイジメ、からかい、嫌がらせ、誹謗中傷、モラハラ、匿名掲示板での嫌がらせなどを行う者に効果的な対処法はコレだ!嫌なこと思い出して眠れないなら尚更解決する必要があります。

実際に、名誉毀損事件にまで発展するほどの「言葉(文章など)のいじめ」を長きにわたって受けた経験のある僕が、大切で役立つことを教えます。 言葉のイジメ、からかい、嫌がらせ、誹謗中傷、モラハラ、そして、匿名掲示板を使って巧みな嫌がらせなどを行う者に対して […]

  • 2015年4月1日
  • 2019年1月15日

よく殴られ絡まれる人は「どうして自分だけこんな不幸に?」と悲しくなるでしょう。無意識の中に「そうなりやすいもの」が入ってしまっているので、それを刷り込んだ人間を特定し捨てることで変わる。

よく殴られ絡まれる人は「どうして自分だけこんな不幸に?」と悲しくなるでしょう。しかし無意識の中に「そうなりやすいもの」が入ってしまっているのです。悪い事をしている人は罪悪感もあるでしょう。悪い事をしていない場合、それは誰かの価値観です。その価値観が「 […]

  • 2013年12月22日
  • 2017年6月29日

「2:6:2の法則」は支配者たちを仕分ける仕組みになっています。支配者であるから支配の心が「餌」に食いつくのです。人を支配しない人は「餌」に興味を示しません。

「2:6:2の法則」をご存知でしょうか。 「2:6:2の法則」とは、学校や、会社、家族など、人間が集団を構成すると、2:6:2の割合で分かれてしまい、分かれたグループだけ(例えば同類の2割)を集めて集団を再構成しても、また2:6:2の割合で分かれてし […]