CATEGORY

改善に役立つこと☆

  • 2019年9月19日

悪いことをやめたいのなら、自分を大切に扱っていけば良い。

悪いことをやめたいのなら、自分を大切に扱っていけば良い。 僕自身、悪いことをやめることが出来たので、ここでお伝えすることはとても価値あることだと自分で思っています。 参考になれば幸いです。 人は、人として扱ってもらえると悪いことが出来なくなる 僕は子 […]

  • 2019年9月16日
  • 2019年9月17日

心の問題集を解けばよいということ!「心の問題集」を解くと、 自分の「〇〇」に沿った「力」がつきます。

あなたが心の問題で悩んでいるのなら、 「サヨナラ・モンスター」の考え方を、 しっかり理解することを、強くお勧めします。 何故かということ、 色々ある心の問題は、 「モンスター」によるものだから。 モンスターは、 「複合的なまとまり」です。 つまり、1 […]

  • 2019年9月11日

恐怖感情を誤魔化すと問題は深刻になっていく。恐怖が酷い人は脳の扁桃体が興奮している。

恐怖が強い人は、「恐怖感情」が自分に何を教えてくれているのかを知ることが、とても苦手な人です。その知るべきことを知ろうとせずに、恐怖感情に蓋をしようとするから、ますます恐怖が強くなってしまう。それを別の何かで誤魔化すと、問題は深刻になっていきます。 […]

  • 2019年9月8日
  • 2019年9月8日

感情の抑圧も、感情の解放も経験してみて、「感情を感じること」はとても大切なことだとわかった。

感情を1つ1つ大切に 「感情」を否定され続けて育つと、心は苦しくなる。自分の感情には良いも悪いもなく、すべて自分にとって正しいこと。ネガティブな感情でも。そんな大切な感情を、1つ1つ大切にしていくと、心は楽になる。僕自身、感情の抑圧も、感情の解放も経 […]

  • 2019年9月5日
  • 2019年9月5日

「思考」「感情」「行動」「言葉」は、無意識のうちに影響し合っているので、4つのうちどれか1つを変えると、他の3つにも変化が起こってくる。

「思い込み」を変えていくことで感情が変わる 大切なことは、無意識レベルの「思い込み」を変えること。これはたくさんあるので、すぐに全てを変えることは出来ない。焦らず、1つ1つ変えていけば良い。僕はサヨナラモンスターの【自分の「モンスター」と「隠れた能力 […]

  • 2019年8月31日
  • 2019年8月31日

「根」を変えなければ、「未来」を変えることは出来ない。人は、自分の心の根に支配されて生きていきます。だから、必要なことは「自分が自分の親になる(心の管理者になる)」こと。根を変える権限を持っているから。

僕は現在、「サヨナラ・モンスター」という、 心の深い部分(根の部分)から変わっていく方法を、 情報教材として、販売しています。 この方法を試した方たちから、 色々な喜びの声を頂きました。 その方たちの心の悩みは様々でした。 例えば、 ・強迫性障害っぽ […]

  • 2019年8月28日
  • 2019年8月28日

もう少しで引っ越し (パートナーの希望する周辺に何もない自然いっぱいの田舎)です。自分で問題意識を持って、 問題解決をすることが大事だと改めて思う。

もう少しで引っ越し (パートナーの希望する周辺に何もない自然いっぱいの田舎)です。 冬はこんな感じ。   家の裏は緑がいっぱいで最高です♪ 僕もパートナーも機能不全家庭で育ち、 問題だらけでしたが、 少しずつ心が育ってきて、 自分たちなりに […]

  • 2019年8月22日
  • 2019年8月22日

猫が、ソレを好きになるか嫌いになるか、「最初が肝心」。

引っ越し先の家を、パートナーと飼っている猫もつれて見に行ってきた。猫は初めての場所で腰が引けて怖がっていた。人間も同じですが、この時が最も大事な時。何故なら、「学習」している時だから。「ここはいいところだよ」と猫に色々伝え、学習してもらうと、猫はゴロ […]

  • 2019年8月17日

「書くこと」で癒される、これは科学的に証明されていること

  深い苦しみを分解して癒す 自分の深い苦しみ。これを軽く分解すると、それに関する「思考」や「感情」が自動で動いていたから。そして、更にその元になっているものは、心の表面ではなく深い部分にある「まとまり」から促されていた。だから、僕はこの「 […]

  • 2019年8月3日
  • 2019年8月3日

普通でいる勇気が大切!苦労したことの1つは「普通」を手に入れることだった!

(一部不快に感じるかもしれない表現がありますのでご注意下さい。) 僕は、子供の時から、ずっと心が苦しかった。 その苦しみから一時的に逃れることが出来た時期がある。 それが、子供の時の「薬物依存」と「良心を感じないようにした」時期です。 世間では、「酷 […]