CATEGORY

自己肯定感・自信・自己信頼・自尊心

  • 2019年7月14日
  • 2019年7月14日

あなたはあなたを大切にしてあげて下さい。自分のために生きていいんです。

さっきツイートしたことですが、記事投稿もしておきます。 自分を大切にして「幸せ」を感じて下さい 大切なことは、自分が「幸せ」を感じることです。幸せを感じている人の「思考」「感情」「行動」は、他の人にも良い意味で影響を与えていく(幸せの連鎖)。自分で自 […]

  • 2019年7月10日
  • 2019年7月11日

無駄な我慢は「心」や「身体」に「毒」です!我慢より「自分優先」が大切!

今日は、ふと「我慢」について思ったことがあるので、そのことを書いておきます。 人は「我慢」するために生まれてきたわけではありません。無駄な我慢は「心」や「身体」に「毒」となります。そのまま親になれば「毒親」になってしまう可能性があります。毒親は「我慢 […]

  • 2019年5月9日
  • 2019年5月9日

犯罪にも「役割」がある!大事なことは「自分はどうするのか!」です。あなた、今、「自分はこうしたい!こうするんだ!」という強い気持ち、ありますか?

これは、他の方にもお伝えしたことですが、 このブログを読んでいる方にもお伝えしたいことです。 「偉くなくてもいいんだよ」 「特別になろうとしなくてもいいんだよ」ってことです。 偉くならなくても価値が有り、 頭がよくなくても価値が有る。 自分以外の何か […]

  • 2018年5月11日
  • 2019年6月12日

「無条件で自分を肯定できません。どうしたら良いですか?」自分を虐待することをやめればよい。

「無条件で自分を肯定できません。どうしたら良いですか?」 このテーマで僕が思うことを書きます。「少し厳しいことが書いてあるなぁ…」と思うかもしれませんが大事なことなのでハッキリ書いておきます。 なぜ、無条件で自分を肯定できないのか…それは虐待者だから […]

  • 2017年4月8日
  • 2019年4月24日

「過去を振り返るな!」はふざけている…!?。実は「過去の振り返りが大切」なのです。

この記事を読めば如何に「過去を振り返るな!」に振り回されていた気づくでしょう。 温故知新が大事 過去を「ゴミ」にするか、過去から「新しいものを知る」か、それは人それぞれです。例えばブログをやってると過去記事はアクセス数増やす為のお宝記事に変化します。 […]

  • 2017年4月2日
  • 2017年9月17日

自分を犠牲にすることが当たり前になっている異常性から抜け出すこと!

私自身も、以前は、メールをくれたりコメントをくれたら「必ず返さないといけない」と思い込んでいて高熱があっても返事をしていました。つまり「自分を犠牲にすることが当たり前」のようになっていて、それさえも自分でよくわかっていなかったことがあります。 しかし […]

  • 2015年9月10日
  • 2017年4月6日

あなたは実は能力があるのに「出来ない」と思い込んでいませんか?

あなたは、実は能力があるのに「出来ない」と思い込んでいませんか? あなたが、もし「出来ない」と思い込んでいるのなら、それは、勘違いです。 「出来ない」と思い込むきっかけがあっただけ。そのきっかけを元に「出来ない」とくり返して、深く「出来ない」と思い込 […]

  • 2015年8月3日
  • 2018年2月10日

【自信をつける方法】「今」から始めよう!

この記事は「自信をつける方法」をテーマに書いていきます。自信をつけたい人は、是非読んでみて「これ使える」と思った部分は吸収して下さい。 他人と比較しすぎない 他人と比較をすると、劣等感が生まれます。そして、その劣等感をバネにせず放置していると、やがて […]

  • 2014年2月17日
  • 2017年8月19日

許せない…。そんな人の心を紐解くカギ!親を許せない?またその心理。

この記事では、何かを許せない…。と悩んでいる人の心を紐解くカギになるかもしれないことをお伝えします。誰かのことを許せない時「私(僕)は、あいつを許すわけにはいかない…」「絶対に許さない!」「許すわけにはいかないんだ!!」と、このようなことを思い、そし […]

  • 2013年12月22日
  • 2017年6月29日

「2:6:2の法則」は支配者たちを仕分ける仕組みになっています。支配者であるから支配の心が「餌」に食いつくのです。人を支配しない人は「餌」に興味を示しません。

「2:6:2の法則」をご存知でしょうか。 「2:6:2の法則」とは、学校や、会社、家族など、人間が集団を構成すると、2:6:2の割合で分かれてしまい、分かれたグループだけ(例えば同類の2割)を集めて集団を再構成しても、また2:6:2の割合で分かれてし […]