CATEGORY

認知の歪み

  • 2013年12月14日
  • 2017年4月6日

「わかっちゃいるけどやめられない」心理から脱出!これは矛盾を抱えた認知的不協和という状態のこと!「本当の自分」+「他者の価値観」で生きているから矛盾が生じてくるのです。

認知的不協和が関係している 「わかっちゃいるけどやめられない」 誰にでもあることですよね。 体に悪いと分かってはいるのだけれど、やめられない…。 この矛盾する心理は「認知的不協和」が関係しています。 認知的不協和とは 認知的不協和とは、二つの認知の矛 […]

  • 2013年11月15日
  • 2017年4月6日

【認知の歪み】素直な気持ちが言えないことや勘違いでトラブルになる!

K君(男性)の悩みは、「同棲している彼女であるFさん(女性)が、いつも自分を家に閉じ込めようとしている。車を使おうとすると使わせないようにして嫌がらせしてくるので困っている」という悩みです。 K君(男性)は、自宅で仕事をされて、Fさん(女性)は外仕事 […]

  • 2013年10月9日
  • 2018年1月22日

認知の歪みの原因が知りたいのですか?

「認知の歪み 原因」というキーワードで検索して、この記事に訪れる方が多くいます。 認知の歪みを修正すれば苦しみから解放されることは分かったけど、では、この認知の歪みは何故起こるのか? 原因って気になりますし、再発防止のためにも原因を明らかにすることは […]

  • 2013年10月4日
  • 2017年4月6日

お金をもらいながら、自宅で苦しみの原因の認知の歪みを修正しませんか?

自己肯定感が低い理由は認知の歪みです。自己肯定感を高めるためにもっとも良い方法は認知の歪みを修正することなのです。認知が歪んでいる為、正しく自分を見れず、正しく他人も見れない為、失敗したり、マイナスに捉えたり、あらゆる苦しみの原因になるのです。認知の […]

  • 2013年9月30日
  • 2019年7月17日

認知の歪み

認知とは まず「認知」とは、その人が「物事をどう捉えていくかの捉え方の事」「解釈する過程」「認めて知る過程」のことです。五感を通した「知覚」も「認知」に含まれています。 知覚とは 知覚とは何か。 知覚(ちかく, 英:Perception)とは、動物が […]

  • 2013年9月29日
  • 2017年10月11日

WHO(世界保健機構)では「うつ病は2020年には総疾病の第2位になる」と予測されています。うつ病の人は脳全体の血流低下が起こっています。

WHO(世界保健機構)では「うつ病は2020年には総疾病の第2位になる」と予測されています。うつ病は2000年では総疾病の第4位だったのですが、これを上回り増えてくると予測されているのです。今までの流れから見るとこちらの予測は間違いないと僕は確信的に […]

  • 2013年9月15日
  • 2018年6月4日

「認知の歪み」「スキーマ」「自動思考」スキーマとはたくさんの「情報の纏まり(まとまり)」のことで、心理学三大巨頭の1人のユングが言った「感情の纏まり(まとまり)」であるコンプレックスと同じような意味です。

今回は、自動思考とスキーマ、そしてプラス思考になる方法について書きたいと思います。このページに訪れた方は「自動思考」について知りたい方もいると思います。自動思考は認知療法においても重要な概念です。 まず、認知療法とは、常識的な視点からなされる良識な精 […]

  • 2013年8月17日
  • 2017年8月12日

認知の歪みがあるとトラブルメーカー(トラブルの原因となる人)になる場合もある

妄想メッキとは現実を直視したくないから現実に妄想でメッキをして自分の理想通りに現実を無視して思う事です。これは当人は一時しのぎの逃げが出来るので良いと思い込んでいますが長期的にみると認知の歪みが酷くなるのでやめたほうが良いです。 認知の歪みとはを見て […]