人はおぞましいモラルハラスメント界の中で蜘蛛の巣に絡めとられているのに気づかずに同じことを繰り返している。気づく勇気あります?

543 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
人はおぞましいモラルハラスメント界の中で蜘蛛の巣に絡めとられているのに気づかずに同じことを繰り返している。気づく勇気あります?

人は、モラルハラスメント界の中で同じことを繰り返しているだけです。

子供のころに色々と悪いことをして広く浅くだけど色々な世界を知った。世の中の汚さも見てきた。少年院から逃走もした。一か月の逃避生活は僕にとってはとても楽しくワクワクする生活でもあった。そしてそれから悩み苦しみわかったこと。「人は同じことを繰り返しているゲージの中にいる」ということ。

煩悩にまみれ、知らないうちに流されていく。そしてソレが習慣となり本当の自分を忘れて支配者が与えてきたものを本当の自分だと錯覚する。「本当の自分を生きています」なんて錯覚している人も多い。その正体は「恐怖への同一化」だ。人間の約9割は飼いならされている。そして権力に縋り付いている。

権力に縋り付いて「素晴らしいです」「目から鱗」の大合唱。僕は「恐怖に同一化して迎合する者たち」は個人的には嫌いだ。そういった者たちがスケープゴートを生み出して生きているから。身代わりを使いながら権力に迎合して「餌」をもらうことはそんなに価値があることではないと僕は思う。

その9割の、恐怖に同一化して自分を見失っているのに自分を見失っているのに気づいていない者たちの世界を「モラルハラスメント界」という。嘘と矛盾に満ち溢れた世界です。言葉で語りつくすことが出来ないほどの闇が隠れている世界です。表面上は見えませんけど。

1つ例を挙げるのなら「被害者だと主張している者(星の王子さまでいうところのバラ)が実は詐欺師」だというケースもあります。そして加害者は実は最初と最後の被害者(中間では加害者)という場合もあるおぞましい世界です。そしてバラと組んでいるキツネ(セカンドハラスメントをする専門家)…。

その「モラルハラスメント界」の中で、ああでもない、こうでもないと「同じことを繰り返しているだけ」だと気が付いていないからその世界に価値を感じているのです。所詮は餌をもらいながら支配者たちの駒にされているだけです。力ある者が駒を動かして遊ぶ世界がモラルハラスメント界です。

人はおぞましいモラルハラスメント界の中で蜘蛛の巣に絡めとられているのに気づかずに同じことを繰り返しているのです。

この「モラルハラスメント界」を少し知りたいのなら成功哲学の提唱者の一人ナポレオン・ヒルの「悪魔を出し抜け!」を読んでみるとよいです。モラルハラスメント界の仕組みが少しわかりますよ。

ナポレオン・ヒル(Napoleon Hill [nəˈpoʊliən hɪl], 1883年10月26日 – 1970年11月8日)は、アメリカ合衆国の著作家。成功哲学の提唱者の一人であり、『頭を使って豊かになれ (邦訳:思考は現実化する)』(Think and Grow Rich)の著者。

引用元:ナポレオン・ヒル – Wikipedia

<<下に続く>>

こちらの本に書かれている「悪魔」は「ネガティブな働きをする総合的な力」のようなもの。人は知らず知らずのうちにその「ネガティブな働き」に気づかれないように流されていきます。本当の「本当の自分」を生きていくのなら避けては通れない道です。偽の「本当の自分」はメッキをかければOKです。この本に書かれてあることが理解できたのなら、この記事の話も理解できるでしょう。

そして、以下の2冊もモラルハラスメント界を知るうえで役立つ本です。

東京大学東洋文化研究所教授、安冨歩(著) 早稲田大学理工学部名誉教授、加藤諦三(著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠 モラル・ハラスメントの心理構造

・モラルハラスメント界の仕組みを知って、本当の自分を取り戻すために役立つ悪魔を出し抜け!

・女性によるモラルハラスメントを知るために役立つ誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠

・美徳で支配する教祖タイプ、詐欺師タイプのモラルハラスメントを知るために役立つモラル・ハラスメントの心理構造

あなたも、モラルハラスメント界の仕組みを知って、抜け出して本当の自分を取り戻してください。

気づく勇気がないと無理ですけど。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)