感情の悩みを解決!「感情レボリューション」本当の自分の感情を道具のように活用すれば自由になっていける!

466 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
感情の悩みを解決!「感情レボリューション」本当の自分の感情を道具のように活用すれば自由になっていける!

 

人は、ネガティブな感情に振り回されて、
本当の自分の感情が何なのかわからなくなり苦しみます。

ネガティブな感情は

このプログロムは主に5つあります。

怒り、

恐怖、

不安、

憂うつ、

劣等感。

こちらの5つの感情で悩んでいる人は多いですよね。

例えば「怒り」。

この感情を出してしまったら、
「はいモラハラ!」と言われてしまったり、
自分にとって好ましくないことがたくさんあります。

「劣等感」もです。
劣等感が生まれて何もしないでいるとどうなるか?
劣等感が劣等コンプレックスになってしまいます。

劣等コンプレックスになってしまったら何故いけないのか?
劣等コンプレックスが肥大化しすぎると
人を傷つけずにはいられない」という人間になってしまうのです。

この5つの感情に振り回されると、
人生を台無しにしてしまうこともあるのです。

では、どうしたらよいのか。

感情を道具のように活用する」ことが
出来るようになれば良いのです。

「感情を道具に?」

はい。そうです。

感情を道具のように活用することが出来れば、
ネガティブな感情に振り回されて人生を台無しにすることの逆で、
人生を思い通りにしやすくなるのです。

感情というのは道具であり、燃料でもあるのです。
人生には目的があります。

自分の目的です。

その目的に向かって、人は感情を使えるのです。
感情を道具のようにうまく使うからこそ、目的達成がしやすくなるのです。

感情に振り回されると人生は台無しになりやすい

感情を道具のように使うと人生の目的を達成しやすくなる

こんなにも180度違うのです。

その「感情を道具のように活用する」ためのプログラムが、
新しく開始されました!

アトラクティブ代表の
木多崇将(きたたかまさ)さんのプログラムです。

大人気の「デイリーパラダイムシフト」を制作した方なので知っている人も多いと思います。

「感情レボリューション」の制作者の方は、アトラクティブ代表の木多崇将(きたたかまさ)さんです。岡山県在住。会社の所在地は「大阪府大阪市北区()」です。

<<下に続く>>

代表の木多さんは自由を求めて、現在彼女と一緒に前々からやりたいと思っていた田舎暮らしを岡山県でしているとのこと。田舎暮らしって本当の自分を取り戻しだすとしたくなる人が多いと言われる。自然に近づくと落ち着く。僕も田舎が好きです。本当の自分を取り戻すほど田舎が好きになってきました。

昔は「田舎もんは恥ずかしい」と「勘違い」していたこともあります。そうやって自分から「他人を無価値」として扱っていたのです。ですから今、「田舎者には価値がない」という考えの人を見ると「あ…虐待しているかもな」と思うこともあります。

虐待者ではない人は(https://bright-ms.net/post-3882/)のことがよくわかっています。

僕は、木多さんの生き方や考え方が大好きです。
(ネットでしか知りませんが)

自分を持っている人。そういう印象です。

今、ネガティブな感情に振り回されて困っている人は、
木多さんの新しいプログラム、
「感情レボリューション」を試してみてはいかがでしょうか。

☆感情レボリューションの詳細はこちら

ネガティブな感情に振り回されるから人生が台無しになりやすいのです。「怒り」に振り回されたら暴言・暴力。「劣等感」に振り回されたら「深刻な劣等コンプレックス」になり平気で人を傷つけるようになってしまう。これは「感情を道具のように活用しない」からです。

本当の自分の人生の目的に向かっていくために感情は燃料になる。ネガティブな感情(怒り、恐怖、不安、憂うつ、劣等感)も目的達成の燃料となります。燃料や道具として活用しないことで振り回されて結果もマイナスになってしまうのです。よく言われる「劣等感をバネにする…」ということです。

じゃあ「恐怖」は何に使えばいいのか。恐怖をするから「知ろうとする」のです。恐怖を消すには恐怖について知り尽くせばよいのです。つまり「本当の自分の目的地はこっちだよ」と恐怖は教えてくれているのです。恐怖は本当の自分の隠れた目的を知るための材料にもなるのです。

恐怖を減らすには「サヨナラ・モンスター」でお伝えしたように、書き出すことから始まります。それが本当の自分の目的地に向かっている行動となるのです。恐怖は本当の自分が向かいたい先を知っています。だから生き抜いてたどり着くために恐怖するのです。

関連コンテンツ

bright-ms.net


悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
→ 「サヨナラ・モンスター」 ←

極度の緊張や恐怖の克服法
毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)