我々は毎日知らず知らずのうちに健康に関する「拷問」を受けています

我々は毎日知らず知らずのうちに健康に関する「拷問」を受けています

菅原です。

知っていますか?

私たちは拷問を受けています。

痛みも苦しみもありません。
しかし、確実に拷問を受けているのです。

その効果はある日突然現れます。
「ガン」という形で・・。

拷問されていることに気がついた時には
すでに人生が半分終わっています。

ガンは現在完治する病気です。
しかし、お金も時間もたくさん失います。

あなたが60代、70代なら良いかもしれません。
しかし、30代、40代でガンが発症したら
あなたの人生はどうなるのでしょうか?

「人生を狂わされた」とあなたは思うはずです。

たとえ今日が無事であっても
明日も無事であるとは限らないのです。

そして、ガンになってあなたが怒り狂ったとしても
誰かを訴えることも罰することもできません。

拷問の「加害者」は大手企業。

しかも毎年億単位のCMを流し、
社員に十分な福利厚生を与えている
超優良企業です。

あなたの健康を犠牲にして、
彼らは潤沢な利益と生活を手に入れています。

しかし、彼らを訴えようとしても無駄です。
絶対に捕まえることはできません。

なぜなら拷問を与えているのは
1社ではなく、複数社いるからです。

いわばあなたは毎日リンチを受けている状態といっても
過言ではありません。

リンチを受けているため、
どの企業の「拷問」が致命的だったのか
科学的に証明することは不可能です。

ではどうすればいいか。

あなたは自分の健康を
自分自身で守る必要があるのです。

その方法をこちらで紹介しています。
必ずご確認ください。

→ 詳細はこちらから

上記の詳細ページに書いてる「食品業者も消費者も両方賢くならなければ、この問題は絶対に解決しない」という部分すごく好きです。そしてその結果、生まれた2つの講座が「加工食品診断士 養成講座」と「食品添加物 基礎講座」です。消費者も業者も両方賢くなることが根本解決に繋がる。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)