1番恐ろしいモラルハラスメントの加害者の手口の1つは「経皮吸収(皮膚を通して体内に浸透・蓄積)」を狙って徐々に病気へと誘導しようとするもの。

814 views
約 8 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

1番恐ろしいモラルハラスメントの加害者の手口の1つは「経皮吸収(皮膚を通して体内に浸透・蓄積)」を狙って徐々に病気へと誘導しようとするもの。

僕が個人的に思う1番恐ろしいモラルハラスメントの加害者の手口の1つはカラダに良くない物質による「経皮吸収(皮膚を通して体内に浸透・蓄積)」を狙って徐々に病気へと誘導しようとする加害者です。このタイプの加害者は本当に隠れてコソコソしますので見抜きにくいという特徴があります。

肌に吸収された有害物質のデトックス率はたったの1割!子宮や脳に蓄積される可能性も。危険な化学物質を含む日用品から身を守るための対策。(

ごく一部のモラルハラスメントの加害者はこのような何らかの有害物質による経皮吸収によって被害者をじわじわ追いつめていることもあります。加害者は証拠がない限りほぼ確実にとぼけます。仮に1つの証拠をとれたとしても「自然を装える」ので彼らの正体が明るみに出ることは基本ありません。

彼らが心から改心することがない限り本当のことを話すことはありません。どんな嘘も平気でつきますし「逮捕されずに追い込む方法(精神的+証拠が取れない手口)」を知っていますので悪賢いものです。衣類にしみ込ませる。シャンプーに混入。など普通考えられないことまでやる場合も稀にあります。

そして証拠を取る能力がない被害者は「何かおかしい…」と思いながら「被害妄想」へと陥っていく場合もありますが、それが加害者の狙いの1つです。僕のように熟知していれば防げますが知らない人は本当に混乱し疑心暗鬼が生まれ被害妄想が増えていく人もいます。

なぜ悪賢いモラルハラスメントの加害者は被害者を「被害妄想扱い」したいのか。それは被害者の一部は「何かおかしい…」と気づいた人が多い。だから「気づかせないため」に「被害妄想扱い」していくのです。

子供が自分の犯罪がばれそうなときにソレを目撃した人のことを「あいつは頭おかしいんだよ」と吹聴して自分の悪事を誤魔化そうとするのと同じようなものです。

僕もまさか最初はこんなことをする人間がいるとは思いませんでした。そして、こういった被害を主張している人はいますが、その方たちの意見は支離滅裂な者も多く混乱している。そして統合失調症の方の妄想のとごちゃ混ぜになっていることもあります。そういった中に紛れることが上手いのが賢い加害者。

以前、僕はこのような陰で悪さをしている加害者を明るみに出さなければいけない。と思っていた。だけど今はその気はない。其々が自分の責任で自由に生きたらよいのです。こういった加害者からターゲットにされた被害者は「成長するチャンス」と捉えたらよいと思います。

肌に吸収された有害物質のデトックス率はたったの1割!子宮や脳に蓄積される可能性も。危険な化学物質を含む日用品から身を守るための対策。()の記事に「”有害化学物質は子宮と脳に溜まる”」と書かれています。

もし、これを家庭内で誰かが意図して長期的な経口吸収を目論んだら?機能不全家庭が酷くなりモラルハラスメントの加害者の巣窟になると家庭内でこんな異常なことを企む者もいるのです。バレても言い逃れできる形で工作していきます。「あっ、ごめん、わざとじゃないんだよ…」と。

「発がん性物質」を何らかの形で、徐々にゆっくり長期的に経皮吸収する仕組みを作り出す。←モラルハラスメントの加害者が進化するとこんなことをやるまで悪化する場合もあるのです。注意が必要なのは「加害者が実在する」場合と「加害者が実在しない被害者の被害妄想」の場合があるということ。

以前聞いたのは「精製された塩」の摂取量を自然を装って増やした食事を長期にわたり出していくというもの。まさに「茹でガエルの法則」のごとく徐々にゆっくり増えていく塩分に気が付かないまま塩分過多の食事に慣れていき病気へと誘導されていくというもの。長期的に継続して繰り返す。

ウィキペディアにはこう書かれています。

「自己愛的な変質者の心のなかでは全てに責任のある悪い人間、すなわち破壊されなければならない人間であり、執拗に攻撃を繰り返すのだが、この過程で加害者が相手のアイデンティティーが破壊していくのを見て喜んでいるのには間違いない。」

引用ウィキペディア

この「執拗に攻撃を繰り返す」という部分がモラルハラスメントにおいて重要な部分となります。この攻撃は何も直接的な攻撃だけを指すのではありません。間接的な攻撃や水面下での攻撃など様々です。間接的だろうが水面下だろうが「執拗に繰り返す」という部分がモラルハラスメントの要なのです。

そして先ほどの()塩分過多の話。これで被害者が摂り過ぎによって何らかの不調が出てきたころに被害者に「毒」をイメージさせる話をすることがある。つまり「塩分過多の事実」を「誰かに毒を盛られている?」と思い込ませる場合もあるのです。

<<下に続く>>

情報遮断した機能不全家庭では「””被毒妄想”」を植え付けて相手をジワジワと崩壊させて楽しむ異常な加害者がいることもあるのです。こうやって相手に精神的なダメージを与えつつ「思い込み」や「妄想」へと誘導して楽しむ加害者…。健全な家庭で育ってきた人には理解できないでしょう。

僕が10代の頃ある女性が段ボール工場で働く20代男性から貯金をすべて奪った。その女性は最初から「カネとってやるw」と陰で言っていた。その男性は「自分が悪かったから」と思い込んだまま。まさか「カネをとるシナリオ」があったなんて夢にも思っていない。騙されたことさえ気づかない者もいる。

「貯金」や「家」を狙っている「騙す者」による精神的な嫌がらせは、そこらへんの枝の枝のモラハラとはわけがちがいます。執拗で計画的でシナリオを作って仕掛けていきますので。レベルが違うのです。すぐ感情的になる加害者と画を描く加害者ではレベルは天と地の差があるのです。

「画を描く」というのは大人の世界。特に政治やヤクザ社会などではよくあることで巧妙な策略を練るということ。そういったレベルの世界のモラハラと一般家庭の平凡なモラハラは全然違うものなのです。モラルハラスメントの世界は本当に奥が深い。関わらないことが大切です。

自称モラハラ専門家は、こういった巧妙なモラルハラスメントに関して広く知り尽くしてから語るべきだと思います。自分の理解力のなさから相手の言っていることをおかしいと勘違いするのは害悪になりますので。広く知り尽くしていないのならば身の丈に合った反応を示すべきだと思いますね。

ただ、どんなレベルであっても、どんな手口であっても、どれだけ巧妙であっても「精神的な嫌がらせ」という点では同じことなので、それは精神的な嫌がらせをするモラハラ界に自分が心を置いているということ。そこで生きているのは紛れもなく自分です。嫌なら離れたらいいのです。

離れられないのなら「なぜ?」と自分に使って自己理解を深めていけばよいのです。僕が過去にモラハラ界に心を置いていたのは「それでも愛されたかったから」です。「なぜ?」→「心が壊れていたから」「なぜ壊れた?」→「本当の自分を自分で見捨てて傷つけていたから」だと気が付きました。

本当の自分を自分で大切に思えるようになるとモラハラ界の住人の優しい言葉や美徳にしがみつくことがなくなっていくのです。騙されることもなくなっていく。ちゃんと「区別」ができるので影響も受けにくくなっていく。責任の所在もわかるようになれば余計なものを背負うこともない。楽になります。

モラルハラスメント(精神的な嫌がらせ)は、精神的な成長を促し、本当の自分に近づくことが出来る材料として使うこともできるのです。

このように陰でコソコソ工作をするモラルハラスメントというのは「謎解き問題」です。勉強して問題解決を始めていけば解決することが出来る問題です。ギャーギャー騒ぐのではなく「目の前の問題を解決する」ことが必要なことなのです。

モラルハラスメント被害がどれだけ巧妙でも「ギャン泣き」は無意味です。大人になってからも「ギャン泣き」のような真似をするのは「誰かに問題解決させようとしている支配」です。目の前の問題は自分の問題・課題です。自分で解いていきましょう。そのためのサポートはたくさんあります。

自分の問題を誰かに解決させようと支配している人は自分の問題に他人の損害発生を絡ませる。すると他人がそれを解決しよう動き出す。そうやって自分の問題と他人に発生しうる損害を絡ませて相手に自分の問題を解決させようとする。これは子供時代に身につけた大人への支配の手口の延長線上にあるもの。

こんな変な手口を使って支配している人がいるところには不可解なことや謎が増えていくのです。何故なら「不可解なこと」も「支配の道具」になるからです。人が人を巧みに支配していくときに「不可解なことを量産する」というのは非常に効果的なものになるのです。

加害者も被害者も、

本当の自分を幸せにするための問題解決をし始めよう!

この記事で書いた手口を使っている加害者も、自分では「最善の方法」だと信じているから使っているのです。

だけど、新しいことを知って「最善の方法ではなかった」ということに気づいて、自分を幸せにする方法を見つけることが出来たらやめることだってできるのです。だから「問題解決」「生涯学習」が大切なのです。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)