「こう思われたらどうしよう…」「ああ思われたらどうしよう…」と怯えてビクビクしてしまう心の問題。その解決法を教えましょう!

「こう思われたらどうしよう…」「ああ思われたらどうしよう…」と怯えてビクビクしてしまう心の問題。その解決法を教えましょう!

「こう思われたらどうしよう…」「ああ思われたらどうしよう…」と怯えてビクビクしてしまう心の問題。自分の内側にある問題を解決したらよいのです。「こう思われたらどうしよう…」と”相手の思いをコントロールしようとしている自分がいる”のです。支配的な自分です。相手の思いは相手の自由です。

自分が相手をどう思うかは自由です。それと同じで相手があなたをどう思うかも自由です。相手の自由を認めれば自分も自由になる。「思うこと」と「名誉毀損の犯罪」は別物です。犯罪は許す必要はないけど相手の「思うこと」をコントロールする権利はないのです。犯罪はコントロールされます。

ですので過去に僕たちに誹謗中傷や名誉毀損をしてきた者がいましたけどアレは「相手の自由な思い」ではありません。あれは「犯罪」です。ですから法的手段に出たのです。「自由な思い」と「犯罪の区別」さえつかなかった相手に落ち度があるのです。それは「勉強不足とハラスメントの意志がある」から。

一見同じようなことに見えることでも全然違うことはたくさんあります。ですので「明確な区別」「境界線を曖昧にしない」ということも大事なのです。しっかり区別して「相手の自由な思いを尊重」することが大切なことなのです。相手が自分を変に思うのも良く思うのも相手の自由です。

相手が自分をどう思うかに対して自分の支配が消えると「こう思われたらどうしよう…」「ああ思われたらどうしよう…」と怯えてビクビクしてしまう心の問題も解決されていくのです。相手が自分を嫌ってもそれも素晴らしいこと(相手が自分の考えを持った素晴らしさ)なのです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)