精神が乱れているまま誰かと会話していると相手の精神も乱れさせてしまいやすい!精神の乱れを解消する方法は「音読」です。心がスッキリします!

精神が乱れているまま誰かと会話していると相手の精神も乱れさせてしまいやすい!精神の乱れを解消する方法は「音読」です。心がスッキリします!

精神が乱れているまま誰かと会話していると相手の精神も乱れさせてしまいやすいものです。他に、モラルハラスメントの加害者の一部は「精神を乱れさせる」ということを意図して行うこともあります。相手の精神を乱れさせて混乱させて刷り込んでいく場合もある。精神の乱れのメンテナンスは重要です。

音読は精神の乱れを解消してくれる

精神の乱れを解消するために最も効果的なものの1つ。それが「音読」です。音読に関しては今までもお伝えしてきました。

僕自身、過去にかなりの精神の乱れがありました。また過去に精神的な嫌がらせをしてくる異常者に遭遇したこともあり、彼らは「心を乱れさせる」ことを面白がってやります。そんな彼らの目的は「【言葉のいじめ対処法】言葉のイジメ、からかい、嫌がらせ、誹謗中傷、モラハラ、匿名掲示板での嫌がらせなどを行う者に効果的な対処法はコレだ!嫌なこと思い出して眠れないなら尚更解決する必要があります。 | 幸せの種「気づき」」の記事でお伝えしたように、彼らは、「自尊心を傷つけ、傷ついた人が自分の価値を低く評価し、 セルフイメージを下げるようになる」ように、誘導することです。

そんな嫌がらせ人間に黙ってやられていれば、精神は乱れに乱れきって、混乱し、頭は真っ白になり、刷り込みし放題の状態になっていきます。モラルハラスメントの被害者がまさにこの状態です。被害者は回復した後に被害を受けていた頃を思い出せば「酷く混乱していて頭が真っ白だった」と言います。

そんな精神の乱れを放っておくわけにはいきません。精神の乱れを解消することが大切です。そのために効果的な方法は色々ありますが、今回はそのうちの1つ「音読」についてご紹介します。

音読はセロトニンを増やしてくれる

セロトニンとは脳内の神経伝達物質で、これが増えると「精神が安定する」のです。心の乱れ、精神の乱れを解消するには「セロトニンを増やせば良い」のです。セロトニンを増やすために効果的なものの1つが「音読」です。

音読は、脳の前頭前野を活性化してくれます。するとセロトニン神経も活性化することがわかっています。簡単に言えば音読をすると精神の乱れが解消されるということなんですね。そこで僕は自分に試して納得したいので、「本当に音読で精神の乱れが解消するのか」、過去に試してみました。

実際に精神が乱れているときに、音読をしてみたのです。結果、精神の乱れが解消されたことをしっかり確認しました。

その時にわかったことがあります。

精神の乱れを解消しようという意識を持って、1つ1つ丁寧にゆっくり音読すること

わからない言葉があれば調べて納得しておくこと

これが重要だということ。

ただ文章を声に出して読めばよいというわけではないのです。

心を込めて、1つ1つ丁寧に、そして、ゆっくり音読すること。

これが、精神の乱れを解消するのに、とても効果的でした。

「毎日数分程度の音声を聴くだけ!サヨナラ・モンスター(Voice)」は、僕が音声で恐怖を克服していくために役立つことをお伝えしているのですが、その音声を録音し終わった後は、いつも心がスッキリしています。自分で伝えたい事を音声にすること。これもかなりおすすめです。なので、サヨナラ・モンスター(Voice)に参加されている方は、僕がお届けした音声を音読することで、効果を実感していただけると思います。

ぜひ、「音読」を1日の中に数分でも良いので取り入れていってみてください。音読のすごさは、自分で体感すること。体感すれば、自然と続けていきたくなります。1度の音読で効果を感じないとしても、繰り返していけばちゃんと効果を感じていけると思います。

大事なのは、先ほどお伝えした

精神の乱れを解消しようという意識を持って、1つ1つ丁寧にゆっくり音読すること

です。

子供の時はかなり歪んだ考え方をしていたので「音読なんて気持ちわりー真似できるかよ」なんて思っていたこともありますが、今は「音読って素晴らしいな」って思うようになりました。音読はセロトニンを増やしてくれて精神を安定させてくれます。1日数分でも音読をすると良いです。

社会は健全

社会は健全です。社会にあることの殆どは「心身が健康になること」に繋がっています。契約書1つで見ても「確認」の大切さを教えてくれている。仕事もその1つ。仕事をしていると頭を使い体や指先を使い脳に良いことだらけです。つまり「一生懸命社会生活を送れば健康的になれる仕組み」だということ。

心の中の小さな自分を救い出す

心の乱れを解消し、自分以外の価値観、他人の感情、背負わせられた責任のない罪、それらを捨ててしまえばよいのです。そうすると、本当の自分の感情がわかってくる。過去に置き去りにした本当の自分の感情です。その感情を感じきってあげること。心の中の小さな自分は救い出されていく。

音読は、そのための方法の1つです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)