精神が乱れているまま誰かと会話していると相手の精神も乱れさせてしまいやすい!精神の乱れを解消する方法は「音読」です。心がスッキリします!

714 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
【恐怖克服に役立つ】毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←
精神が乱れているまま誰かと会話していると相手の精神も乱れさせてしまいやすい!精神の乱れを解消する方法は「音読」です。心がスッキリします!

精神が乱れているまま誰かと会話していると相手の精神も乱れさせてしまいやすいものです。他に、モラルハラスメントの加害者の一部は「精神を乱れさせる」ということを意図して行うこともあります。相手の精神を乱れさせて混乱させて刷り込んでいく場合もある。精神の乱れのメンテナンスは重要です。

音読は精神の乱れを解消してくれる

精神の乱れを解消するために最も効果的なものの1つ。それが「音読」です。音読に関しては今までもお伝えしてきました。

僕自身、過去にかなりの精神の乱れがありました。また過去に精神的な嫌がらせをしてくる異常者に遭遇したこともあり、彼らは「心を乱れさせる」ことを面白がってやります。そんな彼らの目的は「【言葉のいじめ対処法】言葉のイジメ、からかい、嫌がらせ、誹謗中傷、モラハラ、匿名掲示板での嫌がらせなどを行う者に効果的な対処法はコレだ!嫌なこと思い出して眠れないなら尚更解決する必要があります。 | 幸せの種「気づき」」の記事でお伝えしたように、彼らは、「自尊心を傷つけ、傷ついた人が自分の価値を低く評価し、 セルフイメージを下げるようになる」ように、誘導することです。

そんな嫌がらせ人間に黙ってやられていれば、精神は乱れに乱れきって、混乱し、頭は真っ白になり、刷り込みし放題の状態になっていきます。モラルハラスメントの被害者がまさにこの状態です。被害者は回復した後に被害を受けていた頃を思い出せば「酷く混乱していて頭が真っ白だった」と言います。

そんな精神の乱れを放っておくわけにはいきません。精神の乱れを解消することが大切です。そのために効果的な方法は色々ありますが、今回はそのうちの1つ「音読」についてご紹介します。

音読はセロトニンを増やしてくれる

セロトニンとは脳内の神経伝達物質で、これが増えると「精神が安定する」のです。心の乱れ、精神の乱れを解消するには「セロトニンを増やせば良い」のです。セロトニンを増やすために効果的なものの1つが「音読」です。

音読は、脳の前頭前野を活性化してくれます。するとセロトニン神経も活性化することがわかっています。簡単に言えば音読をすると精神の乱れが解消されるということなんですね。そこで僕は自分に試して納得したいので、「本当に音読で精神の乱れが解消するのか」、過去に試してみました。

<<下に続く>>

実際に精神が乱れているときに、音読をしてみたのです。結果、精神の乱れが解消されたことをしっかり確認しました。

その時にわかったことがあります。

精神の乱れを解消しようという意識を持って、1つ1つ丁寧にゆっくり音読すること

わからない言葉があれば調べて納得しておくこと

これが重要だということ。

ただ文章を声に出して読めばよいというわけではないのです。

心を込めて、1つ1つ丁寧に、そして、ゆっくり音読すること。

これが、精神の乱れを解消するのに、とても効果的でした。

「毎日数分程度の音声を聴くだけ!サヨナラ・モンスター(Voice)」は、僕が音声で恐怖を克服していくために役立つことをお伝えしているのですが、その音声を録音し終わった後は、いつも心がスッキリしています。自分で伝えたい事を音声にすること。これもかなりおすすめです。なので、サヨナラ・モンスター(Voice)に参加されている方は、僕がお届けした音声を音読することで、効果を実感していただけると思います。

ぜひ、「音読」を1日の中に数分でも良いので取り入れていってみてください。音読のすごさは、自分で体感すること。体感すれば、自然と続けていきたくなります。1度の音読で効果を感じないとしても、繰り返していけばちゃんと効果を感じていけると思います。

大事なのは、先ほどお伝えした

精神の乱れを解消しようという意識を持って、1つ1つ丁寧にゆっくり音読すること

です。

子供の時はかなり歪んだ考え方をしていたので「音読なんて気持ちわりー真似できるかよ」なんて思っていたこともありますが、今は「音読って素晴らしいな」って思うようになりました。音読はセロトニンを増やしてくれて精神を安定させてくれます。1日数分でも音読をすると良いです。

社会は健全

社会は健全です。社会にあることの殆どは「心身が健康になること」に繋がっています。契約書1つで見ても「確認」の大切さを教えてくれている。仕事もその1つ。仕事をしていると頭を使い体や指先を使い脳に良いことだらけです。つまり「一生懸命社会生活を送れば健康的になれる仕組み」だということ。

心の中の小さな自分を救い出す

心の乱れを解消し、自分以外の価値観、他人の感情、背負わせられた責任のない罪、それらを捨ててしまえばよいのです。そうすると、本当の自分の感情がわかってくる。過去に置き去りにした本当の自分の感情です。その感情を感じきってあげること。心の中の小さな自分は救い出されていく。

音読は、そのための方法の1つです。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. これだけきちんとエビデンスを示されると、頷かずには居られないですね。

    人間が社会で、普通に生活するには、一定以上のセロトニンの分泌が必須だと言われています。

    瞑想なり、音楽鑑賞なり、深呼吸なり、そしてこの音読というのも、要するにセロトニンの分泌を促進しようというのが狙いです。

    たしかに音読といえば、絵本の読み聞かせで子供の入眠を誘うことからもわかるように、セロトニンの分泌に大きな相関性がありそうです。(セロトニンが極端に少ないと眠気が来ない)

    やたらめったらにSNSだとか、ストレス因子が増えてしまったこのご時世においては、こういった明確な根拠に基づいた精神的疲労に対する対応が、もはや必須なのかもしれません。

    とかく、膝を打たされました。

  2. 私も音読します。と言っても、子供に絵本を読み聞かせる事ですけど。声に出して読むって不思議で、意欲的に読めば子供の絵本でも楽しいです。不思議と、何十回も読んでストーリーが頭に入ってる本でも楽しいですし、充実した時間になります。子供の本なので音読で分からない読み方とかはありませんけど、ここがこうなら、こうなるなぁと話を付け加えたり、絵本の細部を見て楽しんだりと考える事が違います。

    逆に、早く子供を寝かせたい、疲れてるなどで絵本をやっつけ仕事で読んでると面白くなく、幸せな気持ちにはなりません。早く絵本を最後まで読んで終わりにしたいと焦る気持ちがあります。

    集中する、積極的になる、それを意識した音読って幸せになります。

  3. 今回音読が心に与える影響について良く知る事が出来ました。私は読書が好きなのでいつも通勤電車の中などでは読書をしていますが、しかし目で追って心の中で読んでいるだけですので正直音読なんて中学生位からやっていませんでした。でも今回の記事を読んで実際に自宅で15分ほどやってみると、最初の5分位は一人暮らしとは言え恥ずかしかったですが、不思議と心が落ち着いて来たのです。
    またお恥ずかしながら私は普段は温厚な方だと言われていますが、偶に機嫌が悪い時には人が悪口を言っている会話に乗っかって誰かを悪者にしたりしていました。前から自分の感情をコントロールできる方法がないかと気になっていましたので、ちょっと仕事で疲れてストレスが溜まったなと感じた時にはあえて音読をする様にしています。そうすると次の日にスッキリした気持ちで人に会うことができるのです。

  4. 言葉の虐めにより頭が混乱し自己評価を下げてしまうかもしれない、これは虐めだけではなく洗脳宗教でも似たような物なのかもしれないと思いました。

    言葉により隙だらけになった心と身体に刷り込んで来て、自分自身を操られてしまいますよね。
    言葉とは優しい一面を見せる一方で、簡単に一人の人の心を壊してしまう恐ろしい物だと感じます。

    音読でセロトニンが増えるというのは初耳でした!
    心を込めて読む事、何処か読経にも似ているように思えます。
    実際に私も音読を試してみたのですが、言葉の意味を噛み締めながら読む事により、文章や言葉がスーッと心に落ちて来て、とても優しい気持ちになれました。

    この音読をするという行為は、誰かにも是非教えてあげたくなりました!

  5. 私は周りの環境でよく精神を乱してしまいます。この記事を読んで、音読してみることを私も試してみました。音読することにより、確かに心が保たれることに気づきました。分からない意味は調べて、音読することにより、自分の精神状態が良好に保たれていくことに、私は確かな確信を持ちました。それからというもの、仕事で上手くいかなかった時、コミニュケーションに悩んだ時、家庭で上手くいかなかった時、音読すふことを心掛けました。すると、精神が安定し、上手くいくことが出来ました。私はこれほど効果があるとは思いもしませんでしたので、とても驚き、今では何かあった時には、必ず音読することを心掛けています。音読はとても大切なことだと、思いました。

    • 音読を試してみたんですね!
      しかも「私は確かな確信を持ちました。」というのも、コメントを読んでいて嬉しくなりました(*^-^*)
      音読効果は研究からも明らかになっている確かなことなので、ぜひ、続けてみてください!

  6. 精神的に乱れたり、心が不安定になったりするというのは、幼少期や思春期の世代から社会人に至るまで、年齢に関係なく、様々な背景のもと起こり得ることだと感じました。
    そこに有効なのが『音読』であると、予想すらしていなかった答えが記載されており、正直、驚きました。

    1日数分の音読で効果があるという手軽さも、現代人のせわしない生活の中で簡単に取り入れることが出来る、一つの大きなメリットだと思います。

    記事の中で特に感銘を受けたのが、『心の中の小さな自分を救いだす』と題した文章で、一部抜粋すると『自分以外の価値観、他人の感情など、それらを捨ててしまえばよい。そうすると、本当の自分の感情がわかってくる。過去に置き去りにした本当の自分の感情を感じきってあげること。そうすれば、心の中の小さな自分は救い出されていく。』
    思わず「なるほど!」と声に出ました。
    上記に必要なことも、また『音読』あると締め括られており、自分が精神を乱してしまったとき、落ち着こうとするときに、一度試してみたいと思いました。

    • とても嬉しいコメントありがとうございます。
      ぜひ、自分の精神が乱れてしまったときに「音読」を試してみてください。
      精神の乱れを解消しようという意識を持って、1つ1つ丁寧にゆっくり音読することで落ち着いてきます。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)