【田舎を嘲笑する心理】「田舎でお山の大将気取ってんじゃねーよ!この屑が!」という支配者の言葉が怖かった理由とその恐怖が消えた方法

1332 views
約 4 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
【田舎を嘲笑する心理】「田舎でお山の大将気取ってんじゃねーよ!この屑が!」という支配者の言葉が怖かった理由とその恐怖が消えた方法

この、「田舎でお山の大将気取ってんじゃねーよ!この屑が!」というモラルハラスメントの加害者はけっこういますよね。実は、僕自身、過去にそうだったからこそわかる「田舎を嘲笑する心理」について書きたいと思います。

深刻な劣等コンプレックスを抱えていると田舎を嘲笑する

簡単に言えば「田舎を嘲笑する」のは、深刻な劣等コンプレックスを抱えている状態です。モラルハラスメントの加害者は深刻な劣等コンプレックスを抱えているのは皆さんご存知の事実ですね。

僕自身、過去に深刻な劣等コンプレックスを抱えていました。コンプレックス=劣等感ではありません。コンプレックスの正しい意味は「複合的な感情の纏まり」という意味です。劣等コンプレックスは「劣等感情の纏まり」という意味です。

劣等感自体は健全なものですが劣等感を処理しないで生きてきたことで劣等コンプレックスがになり、その劣等コンプレックスが大きく肥大化していったものが「深刻な劣等コンプレックス」となります。ここまで深刻になると「人を傷つけずにはいられない」という状態になります。

認知の歪みが酷いと田舎を嘲笑する

認知の歪みが酷いと田舎を嘲笑します。僕自身、子供の時に悪いことをしていましたが、その頃は田舎を酷く馬鹿にして生きていたことがあります。田舎者はダサい、田舎者は恥ずかしい、田舎者は生きている価値がない、田舎者は下等生物だ、田舎者が意見したら狭い環境でお山の大将を気取っているマヌケ、違う価値観を知ることもできない猿、…と。

今思えば恥ずかしいですね。そんなことを思っていた自分自身のこと言っていたのです。そして認知の歪みも酷かったので田舎の良さ、田舎の人の素晴らしさ、温かさ、そういった大切なことを知らない勘違いをしている状態だったのです。

自分自身が世の中全体の枠組みさえ知らない。だから「田舎を嘲笑して、自分の愚かさを誤魔化していた」のです。

どうやって田舎を嘲笑する問題を克服したか?

それは「サヨナラ・モンスター」の方法によってです。

つまり、「ダメじゃないモノをダメ扱いしている自分」に気づいて、その考え方の根っこにある奥深いスキーマの部分に到達し、その根っこから変えたのです。すると、どうなったか。

<<下に続く>>

僕は、田舎が好きです(*^-^*)」と思うようになったのです。自然豊かで、人の心も温かい、美味しい野菜をくれる優しさ、心が汚れていない、曇っていない人が多い、つまり「田舎の良さを身をもって体感した(勉強した)」ことと「サヨナラ・モンスター」の方法によって自分の信念レベル(スキーマ)から変わったので、自分の「勘違い(認知の歪み)」が解けたということです。

モラルハラスメントの加害者の田舎を嘲笑する言葉への恐怖が消えた理由

田舎でお山の大将気取ってんじゃねーよ!この屑が!」というモラルハラスメントの加害者の言葉が、過去は恐怖だったんですけど、今は恐怖がないんです。

どうして、その恐怖が消えたのかというと、以下を見てください。

1、「田舎でお山の大将気取ってんじゃねーよ!この屑が!」という言葉

2、1の言葉と同じ価値観を自分が持っていた。だから自分が自分にその言葉を投げつけていた

3、だから恐怖していた

これが、、、、、

1、「田舎でお山の大将気取ってんじゃねーよ!この屑が!」という言葉

2、1の言葉と同じ価値観を自分が持たなくなった。だから自分にその言葉を投げなくなった。

3、受け取らないから恐怖しない。

田舎の良さや素晴らしさを知った僕は、他人が「田舎でお山の大将気取ってんじゃねーよ!この屑が!」と言ってきても、「はいはいそうですね(*^-^*)(あなたの世界ではね)」くらいでしか思わなくなったのです。

過去に何度かお伝えしましたが、「嘲笑は理解の限度を超えました」という意味。つまり、相手は「知らない(無知)」ということです。だから自分の無知をそのままにするために嘲笑で誤魔化している状態なのです。

田舎の良さを知って納得がいけば、嘲笑なんてする必要もなくなっていきます。

僕は、誰かを傷つけ、支配し、金属バットで引っ叩いて、力を誇示しようとする世界よりも、田舎のほうが好きですね。

空気も綺麗で、菜の花も綺麗、心がスッキリします。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は、
「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

「書くこと」と「感じること」を真剣に繰り返したら、
本当の自分の感情を取り戻し、恐怖を克服出来ました!

心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・本当の自分の感情がわからない人
・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・アダルトチルドレンのナメラレ体質を変えたい!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・親への恨みを克服したい!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックス、優越コンプレックス、メサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・モラハラ加害者をやめたい!
・DV加害者をやめたい!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!
・死にたい(死にたいくらい苦しい)
・自力でトラウマを克服したい!
・苦しい気持ちをわかってほしいという欲求が強い人!
・自分が自分の親になることが大切だとわかってきた人!
・誰かの所為にし続ける人生に終止符を打ちたい!
・自分のことをダメ人間だと思っていて無気力な人!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)