【田舎を嘲笑する心理】「田舎でお山の大将気取ってんじゃねーよ!この屑が!」という支配者の言葉が怖かった理由とその恐怖が消えた方法

676 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
【恐怖克服に役立つ】毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←
【田舎を嘲笑する心理】「田舎でお山の大将気取ってんじゃねーよ!この屑が!」という支配者の言葉が怖かった理由とその恐怖が消えた方法

この、「田舎でお山の大将気取ってんじゃねーよ!この屑が!」というモラルハラスメントの加害者はけっこういますよね。実は、僕自身、過去にそうだったからこそわかる「田舎を嘲笑する心理」について書きたいと思います。

深刻な劣等コンプレックスを抱えていると田舎を嘲笑する

簡単に言えば「田舎を嘲笑する」のは、深刻な劣等コンプレックスを抱えている状態です。モラルハラスメントの加害者は深刻な劣等コンプレックスを抱えているのは皆さんご存知の事実ですね。

僕自身、過去に深刻な劣等コンプレックスを抱えていました。コンプレックス=劣等感ではありません。コンプレックスの正しい意味は「複合的な感情の纏まり」という意味です。劣等コンプレックスは「劣等感情の纏まり」という意味です。

劣等感自体は健全なものですが劣等感を処理しないで生きてきたことで劣等コンプレックスがになり、その劣等コンプレックスが大きく肥大化していったものが「深刻な劣等コンプレックス」となります。ここまで深刻になると「人を傷つけずにはいられない」という状態になります。

認知の歪みが酷いと田舎を嘲笑する

認知の歪みが酷いと田舎を嘲笑します。僕自身、子供の時に悪いことをしていましたが、その頃は田舎を酷く馬鹿にして生きていたことがあります。田舎者はダサい、田舎者は恥ずかしい、田舎者は生きている価値がない、田舎者は下等生物だ、田舎者が意見したら狭い環境でお山の大将を気取っているマヌケ、違う価値観を知ることもできない猿、…と。

今思えば恥ずかしいですね。そんなことを思っていた自分自身のこと言っていたのです。そして認知の歪みも酷かったので田舎の良さ、田舎の人の素晴らしさ、温かさ、そういった大切なことを知らない勘違いをしている状態だったのです。

自分自身が世の中全体の枠組みさえ知らない。だから「田舎を嘲笑して、自分の愚かさを誤魔化していた」のです。

どうやって田舎を嘲笑する問題を克服したか?

それは「サヨナラ・モンスター」の方法によってです。

つまり、「ダメじゃないモノをダメ扱いしている自分」に気づいて、その考え方の根っこにある奥深いスキーマの部分に到達し、その根っこから変えたのです。すると、どうなったか。

<<下に続く>>

僕は、田舎が好きです(*^-^*)」と思うようになったのです。自然豊かで、人の心も温かい、美味しい野菜をくれる優しさ、心が汚れていない、曇っていない人が多い、つまり「田舎の良さを身をもって体感した(勉強した)」ことと「サヨナラ・モンスター」の方法によって自分の信念レベル(スキーマ)から変わったので、自分の「勘違い(認知の歪み)」が解けたということです。

モラルハラスメントの加害者の田舎を嘲笑する言葉への恐怖が消えた理由

田舎でお山の大将気取ってんじゃねーよ!この屑が!」というモラルハラスメントの加害者の言葉が、過去は恐怖だったんですけど、今は恐怖がないんです。

どうして、その恐怖が消えたのかというと、以下を見てください。

1、「田舎でお山の大将気取ってんじゃねーよ!この屑が!」という言葉

2、1の言葉と同じ価値観を自分が持っていた。だから自分が自分にその言葉を投げつけていた

3、だから恐怖していた

これが、、、、、

1、「田舎でお山の大将気取ってんじゃねーよ!この屑が!」という言葉

2、1の言葉と同じ価値観を自分が持たなくなった。だから自分にその言葉を投げなくなった。

3、受け取らないから恐怖しない。

田舎の良さや素晴らしさを知った僕は、他人が「田舎でお山の大将気取ってんじゃねーよ!この屑が!」と言ってきても、「はいはいそうですね(*^-^*)(あなたの世界ではね)」くらいでしか思わなくなったのです。

過去に何度かお伝えしましたが、「嘲笑は理解の限度を超えました」という意味。つまり、相手は「知らない(無知)」ということです。だから自分の無知をそのままにするために嘲笑で誤魔化している状態なのです。

田舎の良さを知って納得がいけば、嘲笑なんてする必要もなくなっていきます。

僕は、誰かを傷つけ、支配し、金属バットで引っ叩いて、力を誇示しようとする世界よりも、田舎のほうが好きですね。

空気も綺麗で、菜の花も綺麗、心がスッキリします。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 私も昔はそうでした。とある理由で物凄い田舎に引っ越して、嘲笑してる時期がありました。
    子供の頃の話なんですけどね。
    何にも無くて、つまらない場所だと決めつけていた時期が恥ずかしいです。
    でも10年以上その場所に住んでると良いところも見えてきます。
    基本的にいい人が多いです。気温も安定してますし作物がよく育ちます。
    あと、動物が多いですね。野良猫ちゃんが多いのとたまに山から鹿も下りてくることも多々ありました。
    あと、意外なんですがお洒落な人が多いです。私が住んでいたところは普段のお洒落度数が高い人が多いところでした。
    あと一番いいところはのんびりできるところです。
    買い物する場所も二か所ぐらいしかないので全然道にも迷いません。(笑)
    田舎は人の優しさが肌でわかるところですよ。

    • 「意外なんですがお洒落な人が多い」というのもわかります(*^-^*)
      昔と全然イメージが違ってきているなと感じます!

      人の優しさ、わかります♪

  2. これはもう、典型的なモラルハラスメントの加害者と被害者間のストーリーですね。

    田舎に住んでいる(住んでいた)=クズ

    みたいな明らかに歪んだ価値観を押し付けてくる、私からすればてんで理解に苦しむ行動ですが、周囲ではしょっちゅうこういう話あるみたいですね。
    ご本人もそのような価値観を少なからず持っていたということですが、御多分に漏れず、だからこそそれを強く振りかざして来たのかなと推察します。

    その根本の価値観からひっくり返してしまうというのは、加害者に対する防衛策としてこれ以上無いものだと思います。

    そもそも「彼らの言っている事に意味はない」ので、言ったことに対して洞察する事自体、無意味ですよね。

    相手の術中にハマらず、自分の価値観に重きを置いて毅然として接する事が肝要だと感じました。

  3. 田舎をバカにしていたけれど、今は好きになれたという文章でしたが、私は田舎ではなく人に対しての言葉として文章を読み取れました。

    田舎をバカにするのと同じく、職場であまり好きになれない人がいたとします。「何やってるんだ、あの人は?」と差別的な目を持って見るのではなく、実際にその人と会話してみるとその人が好きになるかもしれません。好きじゃない人に積極的に関わってみると、その人の良さが分かります。今まではバカにしていた側面しか見ていませんでしたが、違う側面が分かります。そして認知の歪みが取れます。認知が歪んだままだと世間は狭くなります。歪みが取れれば、色メガネをかけて人を見なくなります。そして、自分の成長につながるんだなと感じました。

  4. 認知の歪みが酷いと田舎を嘲笑するようになった時、自分自身にとって、本当に居心地の良い場所がみつかると田舎暮らしというのは、本当にいいものだと思えるようになったという価値観の違いと今までの偏見の価値観に気付いた時の反省となります。

    田舎を嘲笑することは、自分自身の愚かさを誤魔化していたと言えます。
    田舎の人の有難さと、田舎暮らしの人の苦労を知った時は、田舎の人達に感謝すべきであると感じます。
    本当に大変なのは田舎暮らしの方です。田舎の人達のおかげで美味しいお米が食べられるという感謝の気持ちが生まれてきます。

    本当に愚かな人間は都会の人だということに気付きます。本当に自分自身の愚かさが恥ずかしいほど、田舎暮らしが自由でありながらも、本来の自然と共存した生き方だと感じます。
    歪みはそうして、改善されていき、田舎の人達をもっと大事にしないとならないと感じます。

  5. この記事を読んで、私も田舎出身なので、とても共感しました。東京へ進学した時に、田舎というだけでとても馬鹿にされた思い出があります。田舎には田舎の魅力があると気づいたのは、久しぶりに帰る田舎にありました。都会にはない星空を見れたり、自然豊かな素晴らしい風景を、久しぶりに見ることにより、とても素晴らしい気持ちになりました。田舎に偏見がある人は、田舎の良さを知らない可哀想な人と思うようになり、田舎に対するモラルハラスメントをする人がいると、なんて可哀想な人だと思うようになりました。この記事を読んでとても共感し、モラルハラスメントをする人がとても可哀想な人だと私は気付くことが出来ました。モラルハラスメントをする人こそ、本当に可哀想な人です。

    • 「都会にはない星空を見れたり、」← 僕もこの星空に感動しました(*^-^*)
      田舎の星空は、本当に綺麗ですよね!

      僕自身、過去は田舎を馬鹿にしていましたけど、
      田舎の良さって、自分の心が豊かになってくるほどわかる気がします。

      若いうちは欲望だらけなので都会を楽しんだら良いのかもしれませんね(*^-^*)

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)